グラバカ軍団がトップ独占!!プロフェッサーの挑戦を退け完全制覇!・・・12月ドゥマウ東京パート2


前回は黒帯フェザー級の凄まじい技術戦をお伝えしましたが、今回は茶帯

西林選手、玉木選手、大塚選手といった有名選手勢ぞろいの茶帯フェザー級は非常に注目され、これら選手の試合が近づくと、観客の数がどんどん増えていった程の注目度!!

そして実際の試合も、そんな期待に違わぬテクとドラマが溢れた激戦となりました。

アダルト茶帯フェザー級1回戦・・・
大塚博明(GRABAKA柔術クラブ)vs房野哲也(リバーサルジム横浜グランドスラム)



大塚選手の非常に落ち着いたガードが印象的です。
ベリンボロに行く前にしっかり揺さぶって、相手にポスチャーを取らせないムーブが非常に強力ですね。


スイープの圧力をしっかり掛けているので、それを防ぐために相手の姿勢が低くなり、ベリンボロに入りやすくなる、理想の流れであると思います。

非常にハイレベルな試合になると、必倒のスイープ圧力を持っていないと、ベリンボロでもダブルガードでも中途半端になってしまい、立たれてアドバンを取られたうえに圧力で潰され続け、試合運びが不利になってしまいます。

房野選手という非常にバランスの良い選手相手でも、即座にスイープできるオーラを放ち圧力をかけ、自分の有利な流れに持って行ける大塚選手の戦い方は、ガード側としてはまさに理想的なものだと思います。

しかし房野選手もキワでの体捌きはさすがで、ベリンボロを完成寸前でかわし続けます。
3分20秒くらいのパス・ムーブなんて、急にテープを早回ししたかのような恐ろしいスピード!!

こういう展開で、圧力に負けて防戦一方になってくると、ガード側としてはベリンボロが出しにくくなってしまいます。

しかし大塚選手は鋭いアームドラッグや普通のデラヒーバ・アタック等で攻勢を保ち、その上しっかりガードを堅持して、淡々とチャンスを伺います。

そして5分弱、ついに大塚選手のベリンボロが房野選手をとらえ、レッグドラッグ完成。
そこから非常に見事な手順でエゼキエルを極め、勝利します。

ベリンボロも素晴らしいですが、エゼキエルのセットアップがとてもスムースで、極めが物凄い速いですね。

大塚選手が現代的なガード選手のお手本のような形を見せて1足早く勝ち進み、後にご紹介する西林選手と玉木選手との試合の結果を待つ身となりました。

その大注目、玉木vs西林戦をお伝えする前に、他の激戦だった試合を!!

前回加古選手と凄まじい激闘を演じたパイシャオンの山田悦弘選手と、黒帯初大会ながらなんとあの塚田市太郎選手に勝利し、トーナメントを勝ち上がってきた東海の美猛虎チャールズ・ガスパー選手がフェザー級の決勝で激突しました。

アダルト黒帯フェザー級決勝・・・山田悦弘選手(ブラジリアン柔術スタジオ・パイシャオン)vsチャールズ・ガスパー(インパクトBJJ)

開始1分30秒ほど、山田選手がホレッタ的なムーブからオモプラッタで捕らえる!


この登る動きは本当に凄い・・・。
どうやっているんでしょうか・・・。

そして2分50秒や8分40秒辺りで見せる、チャールズ選手が袖を持たれながらも片巻き破りのような形でサイドに回り込むと、そのままホレッタに入るような動きでパスをかわしてしまうムーブ、これは恐ろしいですね。
これではパスできませんよ・・・。

バランスの良さに定評があるチャールズ選手も長時間粘りますが、山田選手がスイープを2度完成させます。

しかしチャールズ選手も足間接アタックと、終了間際の素晴らしいTDでポイント4-4の同点に追い付きます。


この勝負強さは黒帯になっても健在ですね。
レフェリー判定で山田選手が勝利ですが、ジャッジ前に負けを認めてしまう所にもチャールズ選手の人の良さが現れていますね。

一階級上の強豪、しかもペナでも大きい方のチャールズ選手を相手に自分の持ち味を発揮して勝利してしまう山田選手、この大会でその恐ろしいまでの強さが広く知られるようになったのではないでしょうか。
アブダビ・プロ選手権本戦での活躍が非常に期待されます。

そしてチャールズ選手も黒帯初大会でこのパフォーマンス。
ヨーロピアン選手権でも奮闘していましたね。
現在はその渡欧経験からフィジカルの重要性を痛感し、サトシ選手を担当していたトレーナーとマンツーでフィジカル強化中。
ていうか今までまるでやってなくてこの強さというのが驚きです・・。今後が楽しみ過ぎます!!!


他には、柔術永久機関、ノンストップBJJ美ムーブの塚田市太郎選手とインパクトBJJのブラックビューティ、ヨースキ・ストー選手の大激戦は会場を沸かせました。


敗れはしたものの、1階級上のしかもヨースキ選手と言う大強豪を存分に削り上げ、僅差の試合に持ち込んだ塚田選手はこの後も好調を維持、現在に至るのはみなさんご存知のとおり!!!
その様子は是非次回以降で書きたいです。

また、THE柔術FIGHTERS.3で紫アブソ優勝、あのシュレック関根秀樹選手とも度々好勝負を繰り広げている現在注目のねわざワールド柏所属櫻井健選手と、MMAでも活躍する石川選手の試合も良かったですねー!!

石川選手の内回りを中心としたテクニカルな仕掛けに櫻井選手苦戦するも、上下交代して櫻井選手がボトムになると情勢一転!
外回り&ベリンボロ・アタックで押しまくる!!!
熱い接戦でした。

このように注目試合が盛り沢山過ぎるはんぱない大会でしたが、そのシメを飾ったのが茶帯フェザー級もう一方のブロック、超アツビッグマッチ!!

前回大塚選手に敗れ雪辱を期す3Dプロフェッサー玉木強選手が、現在は山崎剛先生の新道場「リバーサルジム新宿 Me,We」に所属の「砂漠の狐」知将西林浩平選手に挑みます!!!

アダルト茶帯フェザー級1回戦・・・
玉木強(トライフォース青山)vs西林浩平(GRABAKA柔術クラブ/リバーサルジム新宿Me,We)



両者引き込み合い「ダブルガード・プル」から上を選択した玉木選手。
現代的なガード攻防に精通しながらも上攻めにこだわりを見せる若きアタッカープロフェッサー、ガツガツと圧力を掛けます!!

対する西林選手、これまた大好物ポジションであるハーフ下深くにポジションを陣取り、じっとチャンスを伺います。

西林選手はここから後転してスイープするのが大の得意技!!

玉木選手が猛然と攻め込み、リバース・ハーフから腰切りパスに持って行こうとした刹那、待ってましたとばかりに後転アタック!!!
これが見事に成功!!
2ポイント先制!!!

しかし次は玉木選手が下から魅せる番!
バイセップス・スパイダーをセットアップしてから、ドしつこく煽りに煽る!!


玉木選手はスイープ完成一歩手前まで西林選手を追い込みますが、西林選手も流れるように凌いでスタンドに持って行く!!
ならばと玉木選手が速攻で引き込み!!!
切り替え速い速い!!!!!

そして下になった玉木選手、ここから凄まじい大攻勢を見せます。
常に揺さぶりを掛けながら、チョーク&フック・スイープ&十字&ホレッタ気味の動きから膝十字等、バリエーション豊富な攻撃を正確に矢継ぎ早に遂行!!!

これでグっと流れを引き寄せ、スタンドから再開したところで西林選手のタックルに対しカウンターを成功させます。
ポイントにはなりませんが上から攻め切る姿勢を見せ、勢いに乗る!!

玉木選手の猛攻開始!!
素晴らしい姿勢の腰切りパスで猛然とアタック!!
しかし先程は全く同じ流れから西林選手に得意の後転スイープを決められているので、ヒヤヒヤな場面!
西林選手も当然狙っています。

しかし同じ轍は踏まず!!
抜群の腰の動きとバランスで西林選手の仕掛けとガードを振り切り、ヴェルダン要塞ガードを突破!!
そして一気に逆サイドへ回ってバッーーーーーーー
ク!!!

残り時間はあとわずか!!!!!!11
ここでバックを完成させれば、ポイントで逆転・・・・
しかししかし玉木選手ここで極めに行く!!!!!!!
男の1本狙い!!!
ボウ・アンド・アロウの体勢!極めにかかる!!
しかししかし西林選手の防御も老獪そのもの!!!

そしてタイムアップ!!
とんでもない接戦でしたが、西林選手が試合巧者らしく自身のゲームプランを見事完遂し、ものにしました。

この素晴らしい勝利により西林選手は、師匠の山崎剛先生から黒帯を授与され見事昇格!!


素晴らしいクリスマス・プレゼントとなりました。
おめでとうございます!!!!

そして茶帯フェザー級決勝は同門でシェアし、グラバカ軍団で独占!!


ノーマッチなのに妙な設定で会場の笑いを誘う!!!

このように、年末という難しい時期に開催されながらも、大量のエントリーを集めて熱い試合を続々と提供したドゥマウ、改めてその充実ぶりを誇示する結果となった今大会ですが、山田悦弘選手、そしてグラバカ軍団の強さを満天下に知らしめた大会ともなりましたね。

しかし敗れはしましたが素晴らしいムーブで観衆を魅了し、アツい攻めの姿勢を見せた玉木選手はここから反転攻勢し、大逆襲を開始。
大塚選手とのまさにデスマッチが始まったのは、皆さんご存知のとおりですよね。

その様子は次回以降で特集しますのでお楽しみに!!!!

山田悦弘選手と加古拓渡選手が魅せた!これぞ国内最高技術戦!・・・12月ドゥマウ東京パート①


昨年12月23日に行われたドゥマウ東京大会は、クリスマス期間にも関わらず超満員の選手&観客が詰め掛け、大賑わいとなりました。
そんな大盛況の大会ですが、特に注目度が高かったのがこの一戦です。

山田悦弘(ブラジリアン柔術スタジオ・パイシャオン)vs加古拓渡(GSB)


海外ではいわゆる下・下状態の事を「Double Guard」
両者引き込み合いを「Double Gurad Pull」と呼ぶそうです。


柔術の試合において、下になった選手の次の進路としてはサブミッションやスイープですが、上の人間はパスガードですよね。

ガード技術が異常発達した現在、スイープとパスでは明らかにスイープの方がやりやすく、また強豪と呼ばれる選手のスイープがほぼ防御不能の域に達しているため、多くのトップ選手は試合においてボトム・ポジションを選択するようになりました。

そして二人ともボトムを選択した時にお互い引かないと、そのままの状態で対峙するようになりました。
これがダブル・ガードが生まれた背景です。
ダブル・ガードとは、双方の技術が行き着くところまで行ってしまった結果であると言えるのではないでしょうか。

この試合はそんなダブル・ガード攻防の、現時点で国内最高度の素晴らしいものとなりました。


試合後7分くらいまでは加古選手による、ベリンボロからのテイクバックが冴えに冴えます。
加古選手が使用しているベリンボロは通常のものではなく、ミヤオ兄弟の使用で有名となった「ベリンボロ・ターボ」型


セミナーでもその難しさに多くの選手が驚いたこの最新型ベリンボロ、実戦用にまで仕上げている選手は、国内においては加古選手ただ一人と思われます。

1分8秒くらいなどで顕著ですが、相手のズボンを基点に順回転&逆回転を繰り返しながらガードをこじ開け進んでいく様はまさにドリルのよう!
回転自体を煽りにして、相手のヒザ裏めがけて飛びかかっていくという恐ろし過ぎる技術!

山田選手は自身も逆さになったりしながら、キワでこの攻撃を防ぎます。


ベリンボロとは不思議なもので、1回目の攻撃は防げても、2回3回と連発されるといつの間にか防御できなくなってしまうものです。
加古選手の高度な連発攻撃も物凄いですし、この波状攻撃をかわし続けている山田選手のムービングも如何に素晴らしいかという事ですね。

そして山田選手も隙を見て、自身の代名詞でもある技ホレッタを仕掛けていきます。
逆さになって相手の上に体を乗せていくムーブは非常に強力で、加古選手もヒヤっとする場面を迎えます。

しかし加古選手も、回転際の足間接という、抜け目無い極め技を狙い、見事アドバンテージを取得。


そして流血による中断を挟み、動画の10分過ぎから展開が更に変化します。

山田選手が勝負に出ます。
ダブル・ガードからスタンドを選択し、まずアドバンテージを取得。
ここからはパスガードを狙わなければなりません。
加古選手相手にそれは苦難の道ですが、山田選手は奮起して攻撃を仕掛けます。

動画の11分頃、加古選手がニーシールド・ガードでやや動きが止まっている所、ガードをヒザで緩めていって、腰を細かく切って一気に逆サイドにパス!!

X-パスのグリップによる、TTパスのトリアドール版のようですが、この回り込むスピードがとにかく速い!!!
追いすがる加古選手のガード足を振り切り振り切り、あわやレッグドラッグ完成という所まで追い込みます。
そして再始動!
加古選手の足をTTパスのように充分に潰してから、高速移動開始!!
あまりに高速で周回し続けるため、加古選手はガードが追いつかず、タックルで返そうとします。
加古選手のこうした対応は非常に珍しく、いかに山田選手のパス・スピードが高速であるかを物語っていると思います。

このパスはこちらの動画も分かりやすいので、是非ご覧になってみて下さい。


こちらの動画だと11分過ぎ、ガードを緩めながら腰をクイっとやって逆サイドに高速移動し、回りきった所で再び腰をクイっと今来た方向に戻して、レッグドラッグポジションを伺っているのが分かると思います。

こういう細かいの腰の動きを伴ったパス作業というのは非常に疲れるものですが、試合終盤にもかかわらず抜群のキレでそれをやってのける山田選手のコンディショニングは本当に素晴らしいですね。


この攻勢で山田選手はアドバンテージを取得。
加古選手はフルガードに戻して事なきを得ましたが、1つ目の動画11分30秒過ぎ、山田選手は再び高速パスを開始!
しかしこれは加古選手がガード足をまとわりつかせて、トリアドールの攻防にはさせません。

サイドを高速で駆け抜けるパスは、足長軟体スパイダー使いでもない限り、誰もが嫌なものですよね。
加古選手はそれを避けて、密着&スタック・パスの形にして対応します。

試合時間残り1分、さすがにやや動きが止まった山田選手のパスに対して、加古選手も反撃!!
得意のフック・スイープに行けそうな形を作ったりしながら、チャンスを伺います。

そして片巻きスパイダーのセットアップをゲットすると、アームドラッグ一閃!
そこから一気にバックに回り、更に腕十字の素晴らしいムーブ!
これは見事!!!!!
この仕掛けでアドバンテージを取得し、2-2に!
2つ目の動画の12分過ぎ、ヨースキ・ストー選手がこのハイレベルな攻防に大喜びしてしまっている姿が収められていますが、無理もありませんね。

双龍による螺旋の攻防は更に続く!
十字の解除際で押さえ込もうとした山田選手に対して加古選手は再びアームドラッグ!!
バックに回り込むも山田選手寸前でかわし、逆にハーフ押さえ込みを伺ったところで試合終了。
レフェリー判定の結果、山田選手が勝利を収めました。

両選手ともに「ホレッタ/腰殺しパス」「ベリンボロ」という、得意技を題目としたセミナーが大好評だった訳ですが、その評判通りお互いの必殺技を存分に出し合った物凄い試合でした。

加古選手は、特にダブル・ガードの攻防でバックに迫り続け、この分野での第一人者ぶりを改めて誇示。
その上アーム・ドラッグ等のマルセロ・ガウッシア的な体の入れ替えをするバックテイクでも優れた所を見せし、バック全般における実力の高さを大いに知らしめました。


そして山田選手、通常ライトフェザー級の選手であるのに、一階級上のトップである加古選手と互角に渡り合い、ファンに大きな衝撃をもたらしました。

先のチーム対抗戦でもKEDYSON軍として凄まじい強さを見せていた山田選手ですが、試合出場がそこまで多い方ではなく、またマスターで試合する事も度々であるため知名度が凄く高かった訳ではありませんでしたが、この一戦におけるインパクトはあまりに大きく、一躍国内PFP候補の一人と見なされたのではないでしょうか。

絶対逃げられないホレッタ・ムーブそしてもはや目視不可能な速度を持つ超絶ライトニング腰殺しパス、どれも一撃必殺の威力を持っており、まさに「強過ぎる」という形容がふさわしい山田悦弘選手ですが、2013年アブダビ・プロ日本予選もダントツの強さを見せて優勝。
昨年12月23日は、これから最も注目すべきこのPFP候補が、国内柔術戦線の先頭に立った記念すべき日であったと思います。

聖夜にセイヤ!!!2012年シメの柔術はドゥマウ浅草!!!

世の中はクリスマス、しかしドゥマウは柔術シテマス!!!!!
浮かれた世をチョーク・アウト!!その後喝入れ!!!!!そして再びチョーク・アウト!!!!!!!
これが聖夜の正しい過ごし方!!!つええアイツと密着Jiu-jitsu!!!!

大量エントリーで騒然としている、12月23日台東リバーサイドセンターにて行われるドゥマウ東京大会の僕なりの見所を、ざっとですが書いていきます。
ちなみにエントリー・リストはこちらです。
http://www.dumau.com/copas%202012/relacao%20dumau%20japan%20cup%202012.html

アダルト紫帯ライト・フェザー級
なにげに現在日本屈指の大激戦区となりつつある紫ライトフェザーですが、今大会にも屈指のベリンボロ使いが集結!!
先のデラヒーバ杯でナイスなベリンボロ・アクションを見せた代々木フォレスト柔術の岡市尚士選手、RJJの若頭山田大聖選手、そして全国縦断ベリンボロ!!!熊本の選手なのに各地でやたらと見知った顔!!柔術着とベリンボロ1つ引っ提げて、諸国漫遊モダン柔術!!パラエストラ熊本のBJJミッドナイト・ランブラー頼藤暁選手!!!
これらのフレッシュな回転系が巻き起こす大渦で、世のスイートなクリスマス・ムードをブラックホール吸引殲滅!!!!!11

アダルト紫帯フェザー級
相手を極める前にスケジュール帳をガチ極め!!関西ワンマッチ大会という激レアな一戦をも制した元祖大会コレクター・ユンケルBJJ全国ツアー!!頂柔術の石田浩選手と、アンプラグド国分寺の今泉貴史選手、GRABAKA柔術クラブの丸本昌平選手、インパクトBJJのヴァンデルレイ選手らドゥマウ常連強豪の潰し合い!!
優勝で2012年を締めくくれるのは誰だ!!

アダルト茶帯フェザー級
これは玉木強の浅草大冒険???
GRABAKA本陣大包囲網が若きプロフェッサーに襲いかかる!!!!
美猛虎チャールズ選手に引き続き、玉木強選手という若き芽を早めに潰すべく、老獪なグラバカ参謀総長自ら出陣!!!
知識豊富柔術哲人、平成の盤石王西林浩平選手が、「盤石」の真の意味を若きプロフェッサーに刻み込む!!!!!!!!
果たして3D柔術プロフェッサーはこの強力過ぎる不破の柔術要塞を突破して、大塚博明選手にリベンジ魂をぶつける事が出来るのか?
そしてGRABAKAの太陽はデラヒーバ杯に続き連覇を成し遂げ、関東フェザー級を一気に制圧する事が出来るか?

アダルト黒帯フェザー級
なんだこれは予測不能!!!!!
1回戦からフリーク・アウト!!!!!!!
テクニカル・ヘラクレス山田悦弘選手と、超絶未来戦士加古拓渡選手が大激突で聖夜が吹っ飛ぶ!!!!!
どちらもセミナー大好評!あらゆるテクに精通のスーパー技巧派同士がジーザスクライスト浅草クラッシュ!!!!!
灼熱の爆風ホレッタと炎のドラゴン・ベリンボロどっちが強い?????
分からん分からん!!!見ないと分からん!!
そして元祖東方不敗・美猛虎チャールズ・ガスパー選手がその相性の良さで、俺が日本の最前線、いつでもどこでも強い黒帯永久機関、塚田市太郎選手に挑む!!!!!!
塚田選手は黒帯としての強さを見せつけたドゥマウ東京チーム対抗戦のように、チャールズ選手を屠りたい所!!
一方のチャールズ選手は黒帯デビュー戦を華々しく飾って関東の地に虎の咆吼を残したい!!!!
これはGSB&インパクトBJJという東海の精鋭達と、関東KEDYSON軍団による因縁浅からぬ東西代理戦争!!!!!

23日浅草では、ギを着たサンタがHOTでハードな密着ナイトをファンにお届け!!!!