ガワを支える人達・・・2012年コパ・ブルテリア③

みたび話題はコパ・ブルテリアです。

コパ・ブルテリア、全日本選手権、そしてヒクソン杯と立て続けのビッグイベントが終了した現在ですが、これらの大会を振り返ってみると、やはりコパ・ブルテリアの華やかさは際立っているように思います。

これは何故かと考えてみると、参加人数の多さはもちろんそうなのですが、個人的にはやはりインターネットでの実況放送や解説席の有無、アイドルやホベルト・サトシ選手のメダル贈呈などが大きな要因ではないかと思います。

「日本の柔術は果たして盛り上がっているのかどうか?」という話題になる事って良くありますよね。
これに上手く回答するというのは、実は中々難しいと思います。
何を基準に「盛り上がっている&盛り上がっていない」と判断するかで、全然違う結果になるからです。

競技者目線で言えば、例えばこのコパ・ブルテリアのような熱狂的な大会があり、しかも他にも数多く大会が開催されている、これは大盛り上がり以外の何物でもありませんよね。
しかし柔術の事情を知る人が「今は柔術人気ある」という前提で話しているのを聞いた事がありません。

このギャップはどこからくるのでしょうか。
これはやはり後者はメディアへの露出、そして一般的な認知度で判断しているから、という事になるのではないでしょうか。
そして一般的には、やはり後者のように判断する事が多いのではないでしょうか。

僕を含めて普通の人間は、テレビや雑誌に出ていたら人気があると思うものです。
そういう大きな媒体でなくとも、メディア的なものに取り上げられていると「オッ!」ってなりますよね。

やはりメディア・ミックスというのでしょうか?そういう部分が一般的にはいかに重要であるかという点が、こうした事からも伺えると思います。
そしてこういう側面って、日本の柔術界がこれまで苦手にしてきた部分でもあると思います。
「強さ」以外の部分で、世間に向けてアピールする事とでも言いましょうか・・・。

「強さ」という部分だけでモノが語れたMMA全盛期はもうありません。
柔術を知らない人に対しては、本当に手を変え品を変えアピールしていかないといけないと思います。
こういう点に関しては、ブラジル・ブログ等でお馴染みの橋本欽也さんが非常に長けていますよね。

そして現在実際に競技をしている人達だって、そういう側面における恩恵を受けるべきだと僕は思います。
コパ・ブルテリアにおいて実現した前述したような部分の存在だけでも、大会の印象として物凄く違うと思います。

そういう競技の「ガワ」の部分は、柔術を知らない人達にだけではなく、柔術をやっている人達に対しても非常に有益であると僕は思います。

自分の試合が放送され、キン肉マンやスポーツ漫画のように実況解説され、表彰台ではアイドルやサトシ選手がメダルを掛けてくれる・・・、嫌がる人なんて少ないと思います。
そしてもっと言えば、自分の活躍が活字になったり、映像やDVDとして残ったり、そういう事って普段修行僧のような生活を強いられている柔術本気組の人達にとっては、ちょっとした心のオアシスになるのではないでしょうか。 

そしてその映像面で現在、日本の柔術界において義士ともいえる映像ファイターが、フルフォース・プロダクションの荒木拓也さんです。
近年とみに各所から見放されている感じの国内柔術大会DVD、幻の2010年アジア・オープン映像を復活させた他、なんとドゥマウ大会のDVDをまったくの採算度外視で連発させるという力業!
これはもう柔術界としては願ったり叶ったりというか、全く想定外の嬉しい出来事で、個人的にも感謝感激というしかありません。

また橋本欽也さんの「柔術バラエティ決定版」ともいうべきYOUTUBE番組「柔術プリースト」も、観ている人なら荒木さんが関わってからいきなり画面が格好良くなり、高級感バリ上がりになった事がお分かりであると思います。
この番組は格闘技全く興味無い僕の知り合いも観ていたりと、柔術と無関係な人達との貴重な接点であるので、非常に有難い事だと思います。
ちなみにそのベスト版とも言える「柔術プリーストDVD」ですが、なんと世界中の柔術家が血眼になってコレクトしているハファエル・メンデスのスパー映像が長尺で入っているのでこれは買いです!!!!


しかもその内容・・・。
ここでメンデスは、「日本柔術界の王冠にはめ込まれた宝石」であるお馴染みの湯浅麗歌子選手とスパーしているのですが、何というか、「ベリンボロ・フォームを使用しないベリンボロ」というメンデスのレッグドラッグ思想ここに極まれりというようなムーブを連発していて、アヴァンギャルドこの上無いです・・・。


メンデスのスパー映像は、ブルテリアから発売されてい
るこのDVD
の物がとにかく素晴らしく、特にTTパスに関してはバイブルと言える程の充実ぶりなのですが、まだベリンボロ→レッグドラッグ・ルートが開発されていない時期なので、この「柔術プリーストDVD」でのメンデスの動きは、研究家にとってタワー・レコード店員手書きポップ風に言うと「マストでしょ!!」という感じヤバイです。

とにかくどういう状態からでも逆さ&ローリングしてレッグドラッグに持って行くという、「ベリンボロはフォームではなく思想」といった感じで、「レッグドラッグの関数式」を全開に駆使していると思われるメンデスの魔術的なムーブ、是非確認して頂きたいです!!

そしてラルフ・ゴーが橋本欽也さんとのスパーで、まさにTTパスのお手本と呼べるような素晴らしいムーブをしているので、これも注目です。

こういった世界的にも貴重な映像素材をDVDという形でパッケージして貰えるのは、本当に貴重な事だと思います。

柔術は競技でもありますが、文化でもありますよね。
文化とは「歴史」という形で後世に残さないと、いつか記憶から消えていってしまいます・・・。

華やかな装飾を身にまといながら、競技としての本質である選手達がきらびやかに躍動し、結果として素敵に鮮明な記憶が生まれ、それを歴史として積み重ねていく・・・。
「文化」としての素晴らしい流れを具現化し、その上で「ガワ」の威力を見せ付けた、コパ・ブルテリアはそんな大会だったと僕は思います。

中塚!加古!ブラック・イズ・ビューティフル!!・・・2012コパ・ブルテリア②

前回の記事はおかげさまで反響が凄く、国内大会への注目度の高さに改めて驚かされました。
どうもありがとうございます。
今大会は黒帯の試合が非常に良かったので、大会自体がシマりましたよねー。
やっぱり黒帯の選手達が「これぞ柔術黒帯!」という試合で魅せてくれると、満足度が段違いですよ。
その中でも白眉がこの試合でしょう。

アダルト黒帯ペナ級1回戦・・・
ブルーノ・フラザト(ATOS)vs中塚靖人(グレイシー・バッハ)

ブルーノ・フラザトという世界トップの強豪に、日本勢が総掛かりで迎え撃つという構図が注目された今大会ですが、それに加えて「バッハvsATOS」という様式美も加わったこの一戦が大ヒート!


なんとのっけから中塚選手がダブル・ベリンボロ!!!!!!!!
うおおおATOSにベリンボロ!!!!!!!!!!
一見ATOSのお株を奪ったかに見える攻撃ですが、以前この記事でもお伝えしたように、少なくとも黒帯レベルでベリンボロを主武器として使用したのは、2005年のサミュエル・ブラガが最初と考えられています。
つまりこれはベリンボロの先祖返りですよ!?
うおおおベリンボロをバッハに返せ!!!!!

遥か極東の地で思わぬバッハの洗礼を受けたフラザト、一緒にローリングして難を逃れますが、ここで思わぬ収穫。
フラザトが「一緒にローリング・エスケープ」を使用した事で、この方法がベリンボロに対するATOSオフィシャル・エスケープの1つであろう事が判明しました。
確かアリ・ファリアスのアタックに対してブルーノ・マルファシーニがやっていた方法ですよね。
2011ヨーロピアン選手権・プルーマ級決勝・・・
アリ・ファリアス(ATOS)vsブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)

1分30秒あたりでやっていますね。
それにしても凄い試合ですね・・・。

世界中のファイターが頭を悩ませているベリンボロ対策、ATOS1軍にベリンボロを仕掛ければ彼らのリアクションから良い方法を知る事が出来るのではと期待されていた訳ですが、それが至難の業なのはご存じの通り、しかしそれをやってのけた中塚選手は、僕が知っている範囲だとおそらく世界初ではないでしょうか??

ムンジアル栄光の黒帯ペナ級において、名誉あるグレイシー・バッハ正代表に見事選出された中塚選手、フラザトから手土産を強奪!

その後ベリンボロ戦続行!!
引き込み合いからのリ・スタート時に良ポジションにこだわる等、極東の大会1回戦から思わぬ激戦を強いられたフラザトもヒートしていきます。
しかしベリンボロ戦からフラザトがエスケープ気味にアンクルを匂わせると、それが新たな戦いの火ぶたとなりました。
フラザトの足関仕掛けに中塚選手、勇躍して得意のアンクル・アタック!!!!!


これでフラザトの顔色が完全に変わる!!!
フラザトもアンクルをガチ取り!!!
獣のような迫力!
しかし中塚選手、必死にローリング・エスケープで極めさせず!
中塚選手の技術の前にフラザト思うように行かない試合展開、凄みは感じさせるも主導権を握りきれないまま時間が過ぎていきます。

そんなフラザトのストレスが頂点に達しそうな7分過ぎ、フラザトついにベリンボロを見事成功させ、バック・アタック!
しかしここでも中塚選手、あのブルーノ・フラザトのバックを鬼耐えですよ!!!!!
グレイシー・バッハさすがのディフェンス力としか言いようがありませんが、バック・アタックに命をかけるATOSとしてはこれは屈辱!

ならばとフラザト、スピーディに十字に変化!!!!
これが見事に決まる!!!
しかし中塚選手タップせず!!!!
これまでの試合展開でATOSの誇りをだいぶ傷付けられたであろうフラザト、もう必死でガチ極めにかかります!!!


しかし完全に形に入っているのに、中塚選手タップせずに極め切らせず!!!!!!
そしてなんとそこからエスケープに成功!!!
これにはフラザト完全にリズムを狂わされ、その後は積極的な動きは見せないままで試合終了。

試合はフラザトが勝利しましたが、中塚選手が見せた高い技術力と、「絶対にタダでは終わらない」という強い意志に会場が沸騰、華やかなりし今大会においても第1番の名勝負となりました。

僕はこの試合を見て、昨年のヒクソン杯におけるハファエル・メンデスの試合を思い出しました。

ハファエル・メンデス(ATOS)vs嶌崎公次(クラブ・バーバリアン)

この試合でハファエルは優雅に余裕カマしてた所を嶌崎選手のスイープを2回喰らい、特に2回目の見事な魂倒立スイープによって完全にキレて、本気出す事態となりましたよね。
海外から日本に来てくれる世界トップの強豪も貴重でありがたい存在ですが、日本の大会をそんな世界強豪達のオン・ステージにしない黒帯選手の存在は本当に頼もしいです。

そして今大会は同じくアダルト・ペナ級黒帯で、ご存じ加古拓渡選手が魅せてくれました。


個人的にGSB未来戦士vsATOS幹部の対戦は非常に楽しみでしたが、その実現の為にはピュアブレッドの元祖柔術弁護士関口選手、そして嶌崎選手という強豪を倒さねばなりません。
しかし加古選手は実力で見事勝ち抜き、 決勝というこれ以上ない舞台で対戦を実現させました。


vs関口選手戦は、加古選手が積極的に仕掛け続けるも老獪な関口選手がギリギリでかわす展開が試合終了直前まで続きました。
そして関口選手がアドバン1リードで迎えた残り3秒、加古選手が魂の倒立スイープ!!!!!
あの関口選手相手に残り3秒ギリギリで試合をひっくり返すという快挙!
見事に2回戦進出です。

2回戦は加古選手と、相変わらず空飛ぶムーブを縦横無尽に駆使して勝ち上がってきた嶌崎選手のマッチアップとなりました。


嶌崎選手は個人的に、日本において最もレオジーニョ的な感性に近いムーブをすると思っている天才肌の選手。
その凄まじいまでの身体能力を活かした天衣無縫なムーブは見ていて爽快で、また防御が困難で、数々の試合を圧巻なまでの展開で制しています。
今年度の国内上半期における天下分け目の決戦となった先の5・4ドゥマウにおいては、まさにその飛翔ムーブが爆発!!
階級&アブソを完全制覇して、大会MVP的な活躍を見せてくれました。
また前述したように、あのハファエル・メンデスにもその実力を存分に味わわせています。

そんな嶌崎選手と加古選手の試合は非常に拮抗したものとなりましたが、仕掛けを最後まで止めなかった加古選手にレフェリー判定を得て勝利しました。
この才能溢れる両者の試合は今後も是非見続けたい、国内黒帯選手の目玉マッチアップとなるでしょう。
そして加古選手は、重要な大会で強敵を連破した事によって、黒帯においてもその勝負強さを証明してみせました。
今後が非常に楽しみですね。

加古選手、中塚選手、嶌崎選手というタレントが揃った国内黒帯ペナ級、どの選手も試合出場に積極的なだけに、日本の大会で猛烈にしのぎを削りつつ、その勢いを保ったままムンジアルに殴り込むという、理想的な流れが出来てきているように思えます。
柔術トップたる黒帯選手が、常にフル稼働で才能を発揮し続けてくれる事は、柔術シーンの活性化にとって何物にも代えがたい、必要不可欠なアクションだと思います。
この流れが定着し、色々な大会が毎度大盛り上がりになると良いですよねー!
そしてペナ級に関して言えば、この渦に国内最強の誉れ高い中村大輔選手が加わって、一層混沌の度合いが高まる事が柔術ファンとしては何よりの楽しみ!!

また今大会は、ポゴナ・クラブジムの大原選手が、今年のムンジアル・ペナ級において最終日に残った福住柔術の小山選手を激戦の末に破るという快挙を達成しました。
いつもどおりの強さを見せる小山選手の一瞬の隙をついて、大原選手が風のようにヒップスロー&マウントを奪取!


その後必死で取り返しに行く小山選手ですが、大原選手渾身のガードの前にどうしても足を抜くことが出来ず、大原選手の勝利となりました。
両者が執念を見せた攻防に会場熱は高まり、大原選手勝利の瞬間には「ウオオオ」というどよめきにも似た歓声が沸き起こっていましたねー。

またRJJの岡本選手は階級別1回戦を、以前ブログのコメントで言及して下さっていた「1番絞り」で1本勝ちし、相変わらずの極めの強さを見せました。
まるで獣が喰い掛かるように、相手にのしかかって全身で極める!!!

こういう風にやるんですね!

黒帯選手達が試合でその技術を存分に披露してくれれば、これ以上のお手本はありません。
「試合に出て、良い試合をし、柔術の楽しさを伝える」
玉木選手や鈴木選手のようなホープが躍動した今大会は、ブラックベルトが百花繚乱し、そんな「柔術黒帯」の価値を見せ付けたイベントともなりました。
   

玉木!鈴木!パープル・スタンドアウト!!!・・・2012年コパ・ブルテリア

コパ・ブルテリア、大盛況のうちに無事閉幕しましたね!


ちなみに今大会の記事は、梅沢隆志さんが撮影されたお写真から多くを拝借しています。
どうもありがとうございます!!

大変な参加人数やブルーノ・フラザトの参戦など、話題が多かった今大会ですが、いざ終わってみると試合内容の充実度が個人的に最も印象に残っています。

観衆は熱気ムンムン、それに煽られた選りすぐりの選手達がヒートして激試合・・。
テンションとテクニックがランデヴー!!これがJiu-Jitsuベストなサイクル!!!
こういう機会を増やしていく事が日本の柔術にとってどれだけプラスになる事か!!!!

しかも今大会では嬉しい事に、日本柔術界の先を担う、いわば第7世代とも言うべきニュースター達が誕生したようです。
来ましたよついに日本にもパープルヘイズのウェーブが!!!!
紫帯と言えば、黒帯への修行過程と思いわれがちですが・・・。
ノンノンノン!!!
現在はミヤオ兄弟キーナン・コーネリアスミカエル・リエラ達に代表されるように、才能豊かな選手が「黒帯もかくや」というムーブでファンを魅了し、既に才能を開花させまくってスポンサーもグイグイ引き寄せるという、新世代選手見本市のような帯なのです!
つまり紫にヤバイ選手が居るという事は、その柔術界が元気な証拠!


しかもその選手はただ強いだけではなく、フレッシュな新世代らしく新機軸な何かを持っていなくてはいけません。
そんな貴重な才能を持つ選手達が、日本でもはっきりと自己主張して輝きはじめました!

2012コパ・ブルテリア・アダルト紫帯ペナ級決勝・・・
玉木強(トライフォース青山)vs鈴木恒太(ブルテリア・ボンサイ柔術) 


ボアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!111

しょっぱなから鈴木選手ベリンボロ高速回転始動!
ちょっとでも隙間を見付けたら即回転!!
玉木選手のトレアドール・パスにも即カウンターで合わせて回転!!
断固回転!!!煽る煽る!!!
それを凌いで玉木選手ダブルアンダーに持って行こうとした刹那、鈴木選手がヒップスロー・マウント!!
しかし玉木選手も鈴木選手の足を抱えて即座にリバーサル!
やばいクソ速い展開でエプロン・マットのクレベルもヒートですよ。

リ・スタートから物凄いスピードで引き込む鈴木選手、カウンター・トップ取りでポイントorアドバンを狙う玉木選手。
最新技術を熟知している両者、引き込み合いの駆け引きも魅せてくれてます。
そして鈴木選手、マイケル・ランギくらいでしかお目にかかれない非常に高度なバイセップス・スパイダーからの回転アタック!!!

いやいやこれは凄い!
しかも玉木選手、それにカウンターで合わせてローリング・エスケープ!
返す刀で玉木選手、噛み付きから逆サイ高速TTパスを成功させかけますが、鈴木選手が足を効かせてガードに戻します。
普通そのままガードに戻される所をそこは玉木選手、逆さキープでしつこく潜る潜る!!
この体勢からバック取り貫きますかー!?
鈴木選手思わぬピンチですが、何とかバックは許さず、スタンド・ゲームに戻します。

ハイテクムーブ一進一退過ぎですよこれ!!!本当に日本か???
しかしここは紛う方無き日の本東京浅草、熱気渦巻くリバーサイドで先端柔術バチバチサンダー雷門クラッシュ!!!!

リ・スタートから鈴木選手連続ベリンボロ・アタック!!
しかし玉木選手ローリング・エスケープ!!ついてるついてる!!
しかもラスト、ベリンボロから足の組み替えのみでレッグドラッグ・ポジション奪取ですよ。


現代柔術はライアン・ホールハファエル・メンデスが得意としているように、複雑な足の組み合わせからバックアタックを取る、いわば立体的・展開図的な技術も求められています。
玉木選手は以前ブログでも取り上げたように、この複雑な足の組み合わせからの展開を得意とするいわば3D柔術マスター!!本領発揮!!!


しかしそこは鈴木選手、コブリンヤ的な振り子からローリングしてなんとカウンター・バックアタック!!
両者の激戦にクレベルも更にヒート!!エプロン・サイドでじたばた!

再びリ・スタートから鈴木選手がまたしてもバイセップス・スパイダー・ローリング!!!!
回転が高速過ぎ!
潜りに成功し、そのままリバース・ベリンボロ的ポジションをゲットします。
しかし玉木選手、それを上手く解除するや即パス!
それに合わせて鈴木選手は即回転!
攻防がほぼ同時!!常時死線のオン・ジ・エッジ・ゲームですよ。

ガードの攻防から鈴木選手再びベリンボロ!!!!!
玉木選手耐える!!
退屈とは無縁、常にスペクタクルを求めて動き続ける両者のソウル!
鈴木選手のスパイダー後転スイープを玉木選手がローリングで凌ぐ。
そこから1呼吸も置かずにそのままトレアドール・パアアアアアス!!!!
これが決まる!!!!
鈴木選手がパスを防ごうとタートル・ポジションを選択した瞬間テイクバーーーーック!!!
そしてボウ・アンド・アロウーーーー!!!!!!!
1本!!!!

怒濤!!怒濤!!!
鈴木選手はみなさんもご存じのように、僕がボンサイ道場に練習に行った時、そのあまりの技術レベルにびっくりしてこの記事を書かせてもらい、その後ヒクソン杯覇者にもなっている日本屈指のテクニシャンです。
http://ameblo.jp/busujiujitsu/entry-10771796901.html 
(過去の記事。鈴木選手のインタビュー収録)


最強軍団ボンサイ柔術の一翼を担う精鋭で、今大会でもアブソルート級を見事制しています。

そして玉木選手は、そのテクニカルなインストラクション動画が海外で評判となり、それについて記事を書かせてもらった選手です。
http://ameblo.jp/busujiujitsu/entry-11220083045.html
(インストラクション動画掲載の過去記事)


両選手とも股関節が異常に柔らかそうなムーブが特徴で、特に鈴木選手はちょっと常人には真似出来そうにない動きを頻発し、内回り外回りが自由自在で、しかも他に類を見ない程の、ライアン・ホールが本気出した時レベルの速度で回転できる、日本はもちろん海外でも珍しいくらいのテクニシャンですねー。
現在世界レベルでの紫帯は技術水準が猛烈に上がってしまっていますが、その中でも類希なムーブを見せてくれるファンタジスタ的な存在です。


一方の玉木選手は最新技術を悉知。インストラクション動画の技術「Tバック」で示されたとおり、その組み替えやセットアップがいくら複雑でも、瞬時に仕組みを理解してバックand極めに持って行けるという、まさに現代の立体的な柔術の寵児3D柔術プロフェッサーとも言うべき能力を誇っています。


取材を通して両選手のムーブを知った僕は、この両者が戦ったら絶対噛み合って凄い試合になると確信し、その機会を心待ちにしていたのですが、コパ・ブルテリアの決勝というこれ以上無い舞台で実現!
めでたく最高の試合を堪能する事が出来ました。

柔術ファンとして、フレッシュな才能を目の当たりにできる事は、このうえない喜びですよね。
今大会は他にも、若い選手がナイスムーブをしている試合がたくさんありました。
この両選手に代表されるような、そういった新鮮な才能が今後担っていくであろう日本の柔術、先が楽しみでなりませんよね!!
頑張って欲しいですよねー!!大期待です!!!