柔術お宅訪問 番外編「GSBその後と柔術Fighters」

柔術訪問記、終わったと思ったら番外編です。

加古選手のいるGSBでの出稽古を終えた僕は翌日の試合「柔術Fighters」へ備えて、名古屋の漫画喫茶で寝ようと名古屋駅周辺をブラついておりました。

1つ目の漫喫に入ったところ、満席。。。

2つ目も満席。。。

3つ目も満席。。。

ヤバい!ゴールデンウィークはヤバい!!!

完全にGWなめてました!

もちろん周辺ホテルも満室!

野宿も頭によぎったところ、個室ビデオの看板が。。。

こんなとこ入ったことない僕は、勇気を振り絞り、システムを聞くことに。

そしたらなんと泊まれるらしいじゃないですか。

シャワーも完備で最高!!!

と思いました。

しかしシャワーは壊れており、洗濯機の脱水機能が壊れていたので、道着は乾かず。。。

トラブル続きでほぼ寝れませんでしたね。。。

そんなこんなで道着を泣きそうになりながら胴着を絞って朝を迎え、加古さんと一緒に試合会場に行こうとしていた約束の時間の新幹線に間に合わず、1本遅れの新幹線に飛び乗りました。

しかしそこでも悲劇が。。。

 

時はゴールデンウィーク。。。指定席も自由席もいっぱいでした。

泣く泣く立って東京駅まで向かい、試合会場最寄りの錦糸町駅までたどり着くことができました。

そんなヨタヨタした状態でも会場の墨田区総合体育館は駅の近くで助かりました!

柔術新聞

ちなみに前日GSBでの出稽古後から翌日の試合後まで、シャワーなるものは浴びておりません!

オイニーはかなりキツかったでしょう。。。

それでも道着は2着準備していたので試合には出られました。

しかし帯はビショビショだったので、なんと同じカテゴリーの岡市さん(代々木フォレスト柔術クラブ)にお借りしました。。。
(こんなホンワカしたところも柔術Fightersの魅力ですねw)

紫帯デビュー戦をこんな状態で迎えた初戦はなんとかオイニーのキツさ?で勝利できました。

準決勝は当時紫帯であった強豪ヨリンボロことパラエストラ熊本の頼藤暁選手にレフェリー判定で負けてしまいました。

オイニーのキツさが足りなかったのでしょう。。。

しかしこの「柔術Fighters」という大会ですが、このような気軽に出られる大会なのが良いですね!

コンセプトにある「試合を練習する」

コンディションなんかいいんです!
負けてもいいんです!!

試合の経験を積めればいいんです!!!

もちろんこの大会には金井選手や佐藤晶彦選手、物河選手、橋本選手など超強豪も出場してました。

柔術新聞


試合を練習したい方から、上の帯のBINBIN選手まで内包するとても懐が深い大会ですね!

僕はこの大会はそれこそどんな状態でも出場するようにしています。

(仕事などが重ならなければですが)

今回アジア選手権と開催日が近くても出場するつもりです。

久しぶりに出る大会がアジア選手権よりも、「柔術Fighters」で試合の感覚思い出してアジアに出たり、アジアに出なくても割と軽い気持ちで試合に出たりするのもいいと思います!

試合に出ることは普段練習では気付かないことに気付ける、「気付きの宝庫」ですからね!

試合前と試合後の練習が一番自分の成長につながる練習になるのはそのせいだと個人的には思います。

そんな「柔術Fighters」が好きで去年の11月に開催された「柔術Fighters5」以降毎回出場してる選手がいます。

リバーサルジム新宿Me,We所属の對馬進悟選手です。

柔術新聞

「柔術Fighters5」ではマスター青帯ライトフェザーに出場し優勝。

「柔術Fighters6」ではアダルト青帯ライトフェザーに出場し優勝。

「柔術Fighters7」ではマスター青帯ライトフェザーに出場し優勝。

3回出場し3回優勝しているスリータイムスチャンピオンです。
38歳にしてアダルト・マスターを行き来し3回優勝とは素晴らしいですね!

この對馬選手もこの大会が大好きで、名物選手となっています。
「ミスター柔術ファイターズ」的な存在ですね。

このように1度出場すると、大会のコンセプトが好きになり、毎回出場する選手が多い大会ですね。

リピーターが多い大会はそれだけホスピタリティに優れていると思います。

この大会のホスピタリティとは

・大会進行の手際の良さ。

・エントリー費の安さ。

・試合に出れる気軽さ。

・会場のキレイさ。

・駅からの利便性。

・有料ですがジャグジー  等々が挙げられると思います。

(実際に僕も出場後、ジャグジーに入りました)

何よりもこの大会は「試合を練習する」という明確なコンセプトのもと、選手をお金を払っているお客さんとして扱い、尊重していると感じられます。

出場している選手をこのような気分にさせ、「また出たい!」と思わせる大変素晴らしい大会ですね!

アジアを控えている選手も、控えていない選手も、そんなホスピタリティに包まれて出場されてみてはいかがでしょうか。


大会が終わった後の表彰式にこんな和やかなシーンがあるとても良い大会だと思います。

柔術新聞

【文・岩井英治】

7色のガードを持つ皇帝 金古選手 ついに西の大地大阪でスパイダーセミナーを開講!

最近セミナーが数多く開かれてますね。

一流選手の技が安価で手に入るのはとても素晴らしいことだと思います。

DVDではできない「体験」ができて柔術の輪も広がり、別の道場の人ともスパーができ刺激になる。
そして持ち帰ったテクニックを道場で教えて、道場生も強くなり、教えた自分も復習ができて強くなれる。

こんな理想のスパイラルがうまく回ってキテますね!

このセミナーの流れを作った仕掛け人こそ金古一朗選手なのです。

金古選手は自身のセミナーはもちろん、加古選手・塚田選手、直近では中村大輔選手のセミナーを手掛けています。
(しかしすごいメンツですね。。。)

そんな金古選手がこの度、大阪の地でセミナーを開講します!!!

その名も「Extream Spider Guard Seminer」

超スゲー スパイダーのセミナーって意味ですね!!!

もう金古選手に関しては説明不要でしょうが、サラっとご紹介しますね。 

金古一朗
■2010年JBJJF全日本優勝

■2011年JJFJ全日本優勝
■2012年JBJJF全日本優勝・アジア王者

柔術新聞
輝かしい実績を持つ、黒帯ライトフェザー級の最高峰の選手ですね。

そして38歳でありながらアダルトカテゴリーでこの実績というのがスゴイ。。。

今もなおアダルトで活躍できる秘訣はズバリ技術だと思います。

金古選手はとにかく徹底して技を磨きます。

打ち込みを延々とし、技の原理を考え体に染み込ませる、そしてその量がハンパじゃない!!!

その量の多さが技への理解度の高さをさらに押し上げます!

金古選手の技への理解度はポゴナクラブジムで2013年2月に実施されたセミナーで分かりました。

スパイダーの基本姿勢からして目から鱗モノ!!!
これだけでも来た甲斐があったと思いましたよ!!!

そして何よりも、とにかく説明が分かりやすい!!!
技への理解度が高いため、説明が理路整然としてるんです!

良いセミナーの第一条件ですね!

 

金古選手は実際に試合で使用しているので技に説得力があります!!!

試合で使える技というのは地味な技が多いですが、金古選手の技はスパイダーということもあり派手なカッコいい技もあります!!!

こんな技使えたらカッコいいなーって技なんです!!!

まさにですね!

ーん、こんなスパイダースイープできたら超カッケーーー!!!

このセミナーは下からスパイダーを駆使して攻めようとする方も、下からのスパイダーを分析攻略したい方にもオススメです!!!

この技を自分のものにしたい方はこちらまでどうぞ!!!

■セミナー概要
日時:10月13日(日)13:00開場、13:30スタート
場所:交野市立青年の家 多目的ホール
住所:大阪府交野市私部2丁目29番1号
料金:3000円

動画の撮影はご遠慮願います。
参加者の方には別料金(1000円)にてセミナーの模様を収録したDVDをお渡しする予定です。お申込み希望の方は

氏名、所属ジム、連絡先、DVD希望の方は住所を明記の上、下記までお申し込みください。

jackdaniels19750224@gmail.com
09060068711

(文章&構成: 岩井英治 )

GRABAKA四天王の攻勢

先日の中村大輔選手のセミナー、松本義彦選手のGIでの勝利、神田選手のノーギムンジアル参戦、そして大塚選手のMonthly Jiujitsu Academy開講など、最近GRABAKAが積極的に動いていますね!

 

中村大輔選手のセミナーは僕も参加させていただきましたが、大変素晴らしいものでした!

 

 

40人超という参加者数や、中村選手伝家の宝刀であるパスガード8種!!!はもちろんのこと、参加者の方々の意識がとても高かったですね!

プロ格闘家の中村K太郎選手や、茶帯トップレベルのRedips 大西選手の姿も見られました。 

 

そんな中、僕が2人1組で組んだ方は、はるばる長野からいらっしゃった方でした。

なぜセミナーに参加したかを聞くと、なんでも先生がブラジルに帰ってしまって、教える人がいなくなり技術的に後れを感じるからだそうです。

もちろんユーチューブなどでも見るけれど実際に技を教えてもらって補完したい!と言っていました。

うぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!

激アツ!!!!!!!!!

 

 

これ以上の動機はあるでしょうか!!!???

 

現代においてネットが普及し、技術というものが「見ようと思えば誰でも見ることができる」時代になりました。

これはとても素晴らしいことだと思います!

このブログも技術を知りたい人に対してあるものだと個人的には思っております。

 

 

しかし、指導者不在など柔術できる環境が整っていない方々が映像だけ見て、技を完全にできるかといえば、そうではないはずです。

 

そんなときにセミナーという、知りたい技術をトップレベルの指導者が教えてくれる!コンテンツが映像の知識を実践まで昇華してくれるのです!

 

そしてその技術を持ち帰り仲間に教える。

こんな流れは最高だと思います。

そんな流れの理想形を中村大輔選手のセミナーで目の当りにしました!

 

この流れを継続的にするにはどうしたら良いのか!!!???

 

その答えの一つが大塚選手の始めたMonthly Jiujitsu Academyだと思います。

 

セミナーを毎月やってアカデミーのようにする素晴らしい場ですね。

講師はもちろん「グラバカの太陽」大塚博明選手!

今年の全日本選手権でアブソ・階級別を完全制覇した、今ノリにノッている選手ですね!

 

前回はレッグドラッグの基本という内容。

技術が進んだGRABAKAのテクを学べるチャンスですね!!!

 

次回9月29日は前回のレッグドラッグの基本を押さえつつ、様々なガードに対するレッグドラッグ」でのカウンターという、かなり旬な内容!

現代の柔術において、レッグドラッグが持つ、「腰を殺す」概念は知らなくてはならないものだと思います。

 大塚選手は、この概念を基本から、応用まで今回のセミナーで分かりやすく教えてくれます!!!

概念が分かると今後の柔術における成長度合いも違ってくるはず!
レッグドラッグを知らない方も、知っているけど今イチ実践で使えない方も、この機会はチャンスですよ!!!

 

 
初心者から参加できるセミナーです!!!

参加されたい方は下記要綱まで!

■Monthly Jiujitsu Academy 第2回目概要
日時:9月29日 10:00~12:00
場所:GRABAKAジム

(文章&取材: 岩井英治 )

 

GI、当日立ち見券販売決定!!

いよい今週土曜日に迫った「Ground Impact Revival」、座席チケットは完売の模様ですが、当日立見券を若干数ですが、4,000円で販売するようです!!

今までイマイチ予定が立たなかったという方も、是非この機会に貴重なプロ柔術大会を観戦されてみてはいかがでしょうか!!

先日UPした、個人的な大会の注目カードを書いた記事も併せて良かったらお読み頂けたらと思います。
http://ameblo.jp/busujiujitsu/entry-11614359018.html

そして他カードの見所などを!!!

新明佑介vs鶴屋浩
連盟業務でまさに八面六臂の活躍を見せる、デスクの上でもマットの上でも獅子奮迅新明選手、非常に優れたフィジカルを持つ鶴屋選手をどう崩していくのか注目!

小野瀬龍也vs岡本裕士
無差別契約で体重差が発生も、現役最強選手の一人である岡本選手が、ハンデ有る中その妖刀をどう荒ぶらせるのか!!!
短い試合時間による駆け引きにも注目です。
小野瀬選手がスパイダーからのスイープで有利に立つか、岡本選手が短い6分の間で極める事ができるのか??

小澤幸康vs塚田市太郎
こちらも無差別試合。体格差がありそうです。
上になって試合を長時間支配できた方が有利になるのでは。
塚田選手が小澤選手の圧力をかわす事ができるか!!

時任拓磨vs八隅孝平
八隅選手久しぶりの試合はギ有り!!
スイープの名手である時任選手のめくりをかわして、圧することができるか??

羽田徹ィ郎vs松本義彦
あの元徹肌ィ郎選手が、ノーギで松本選手と激突!!
ギ有りが本領の松本選手ですが、その優れた身体能力が活かせるノーギという場で、どんな激戦を見せてくれるでしょうか!!!

佐々木憂流迦vs植松直哉
素晴らしい強さで見事ADCC代表を勝ち取ったスピード・スター、国際経験豊富な植松選手の柔術的な仕掛けを断ち切る事ができるか??
それとも植松選手が見事神速王子の掉尾を捕獲し、植松式の足関節を若き才能にレクチャーするのか??

ヒカルド・デラヒーバvs中井祐樹
20分1本勝負という過酷な戦い、ラストマン・スタンディングは一体誰なのか???

日本柔術界の大統領ついに関東でのセミナーを開始

日本柔術界の大統領がついに関東でセミナーを開講!!!

 

まさに関東事変ですね!

 

中村大輔選手が前回セミナーを実施したのは2012年11月18日、杜の都仙台でしたね。

 

関東の皆さんお待たせしました!とばかりに10か月の時を経てついに東京でセミナーです!

 

場所は「柔術Fighters」でおなじみの墨田区総合体育館!

サイコーーーーーー!!!

個人的に1番好きな会場です!

 

駅から近く、清潔で、有料ですがジャグジーもあるというこのホスピタリティ!!!

 

最高の選手のセミナーを最高の環境で受講できそうですね!

 

 

気になるセミナーの内容は、「2時間まるごとパスガードセミナー」です!!!

塚田選手のセミナーに引き続きパスガードセミナー!

 

え?ボトムからの攻めが全盛のこの時代にパスなんか鍛えちゃっていいんですか。。。?

いいんです!!!
ガードなんか駆逐してやりましょう!!!

 

 

 

しかし、、、考えてみたら僕は中村選手の試合あんまり見たことがない。。。

その前に話したことすらない。。。

 

 

ということで先日の「ぷっすま」でも取り上げられた「GRABAKAジム東中野」へお邪魔してしまいました!

筆は遅いがフットワークは軽いのです。。。

 

 

さて初のGRABAKAジムですが、広くてキレイ!!!

2階は現在工事中ということでしたが、1階部分だけで充分な広さですね。

 

僕が参加させていただいたのは柔術初心者クラス。

 

参加者は僕を含めて16名!!

恐るべき人数ですね。。。

しかもその中にはノーギムンジアルを控えた神田選手、GIを控えた松本選手の姿も。。。


 

当初、僕は中村選手に対して、ストイックなイメージを持っていたので、ストイックなクラスが繰り広げられるものと思っていました!

しかし実際は基本のマット運動から技術まで中村選手が講師となり明るくみんなを盛り上げながらの楽しいクラスでした。

これは「楽しく学ぶ」を体現していて、指導力の高さも伺えますね~!

 

 

初心者クラスが終わったらスパーリングタイムです!

大変強い青帯の方や、元同門の方とのスパーの後に、中村選手がスパーのお声掛けをしてくれました!

 

■中村大輔VS岩井

 

 

 

 

いや~、スコボコ・・・というかかすりもしませんね~。。。

そして中村選手の表情は常に笑みを浮かべてますね。。。

気持ち良いくらい屈辱に満ち溢れておりますw

持ち前のフィジカルはもちろんのこと、なんといってもこのバランスの良さ、そして腰を殺す上手さ!!!

なにをやっても太くて硬いゴムのようなものにはじき返される!

そして魔法のような腰を殺すパスに何度もやられました。。。

まさに日本最高峰!!!

このバランス、このパスを解明したい!
このパスを味わってみたい!!
こんなふうにパスしてみたい!!!

と思われたそこのアナタ!!!

このセミナーはうってつけの機会だと思います!!!

そこで中村選手にこのセミナーに対する思いなどをインタビューしました。

■中村選手インタビュー
今回のセミナーは前回の仙台セミナーが好評だったのと、自分の指導力を含めたスキルアップも含めて関東でセミナーをやりたいと思いました。

もともと周りの仲間からも「ゼヒやったほうがいい」という薦めもあり、それに今回の主催者である金古さんからお声がけもあったので、ちょうど良いタイミングだと思いました。

セミナー内容はみなさんが期待されていることをやりたいですね。

僕であれば皆さんトップからの攻めを期待されていると思いますので、丸ごとトップからやりたいです。金古さんのブログにも「2時間まるごとパスガードセミナー」と題うたれてましたし(笑)

セミナーについては初心者から参加できるような内容にしたいです。

なのでどんな方でもウェルカムですよ!

これは楽しみですね!!!

初心者から参加できるとはうれしい限りです!!!

こんな機会は滅多にありません!!!

参加されたい方は下記要綱まで!

■セミナー概要

日時:9月23日10:00開場 10:30セミナー開始
場所:墨田区総合体育館柔道場
住所:墨田区錦糸4-15-1錦糸公園内
料金:3000円

(セミナー後にはフリースパーも行います)

参加者の方には別料金(1000円)にてセミナーの模様を収録しお申し込み希望の方は氏名、所属道場、電話番号、DVD希望の方は住所を明記の上お申し込みください。

主催:ポゴナ・クラブジム金古一朗
金古携帯09060068711
jackdaniels19750224@gmail.com

                                                   文:岩井英治

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

あのGIが復活!!!関東のプロ柔術大会の底力を見よ!!!!


関西にはMATSURIという素晴らしいプロ柔術大会があります。

僕はMATSURIのDVDが大好きで良く見ているのですが、これが非常に良くまとまっており、MATSURIという大会が非常に楽しく、参加者や観客の方をはじめ関西の柔術シーンの人達が、これをとても楽しみにしているであろう事が手に取るように分かり、そういう素晴らしい大会があることをいつも羨ましく思っていました。

http://shop.fullforce-pro.com/?pid=49200360

今年の10月20日に第5回目の大会があるようで、カードを見てみると遂にGSBの加古拓渡選手や、インパクトBJJのヴァンダレイ高崎選手まで参戦しているではないですか!!

http://jiujitsu-matsuri2013.tumblr.com/

しかも徳島BJJが誇るご存知超絶技巧派橋本知之選手と、UFCにも参戦したあの手塚基伸選手が対戦???
このマッチメイクはヤバくないですか???
アツ過ぎませんかこのカード!!!!

そしてMATSURIは時々匿名で有名選手が参加するのですが、今回は「小金井柔術クラブのタカ先輩」という非常に気になる選手も参加!!!しかも相手は柔専館の伊東元喜選手!!!!
これらのカードからは「見たい」という言葉しか出てきませんね。
関東の人間からするとひたすらジェラシーですよ。

しかし関東の柔術ファンにも朗報ですよ!
遂にあのGIが復活したとなれば、これは期待するなという方が無理ってモンですよ!!!!
http://www.if-pro.com/index.html

素晴らしいカードが揃っていますが、僕が真っ先に目が行ったカードは杉江大輔選手と柿澤剛之選手の対戦!!!

僕はアマゾン選手の試合は、復帰前、修斗参戦時、そして復帰後のものを直接見ていますが、復帰後が一番素晴らしいムーブをしていると個人的には感じます。
アマゾン選手と言うとまずあの素晴らしいフィジカルに話題が行きがちですが、ムーブが本当に凄いです・・・。

http://shop.fullforce-pro.com/?pid=63290921

そしてフィジカル面に関しても、あの肉体ももちろん凄いのですが、それよりも何よりも、動きやパワーを落とさずに大きな減量を成功させている事が本当に賞賛されるべきだと思います。

僕が未だに脳裏に焼きついている場面があります。
それはガロ・カルナヴァル大会後、ブルーノ・マルファシーニとご飯を一緒にする機会があったのですが、その際ブルーノが心から嬉しそうに「これで体重を気にせず食事できる」とか言いながら、ちっこいパン3つくらいとサラダちょっとしか食べていなかった事です。


筋量が多いブルーノ、油断するとすぐに聞き間違いで無ければ146lb(約66キロ)くらいになってしまうそうです。
だから減量時はほとんど何も食べず、普段も最低限の量しか食べない事が多いんだよ、と寂しそうに笑いながら話してくれたのです。

ブルーノ程の超絶的な柔術能力を持つ選手が、限界まで減量を含めた体作りを追求しているのでは、その他の選手が普通の事やってても勝てないじゃん・・・、と強く感じました。

格闘技においては「減量の時点で勝負が決まる」という部分があるのはみなさん非常に良くご存知と思いますが、その点を完璧にこなして、更に上を目指そうとしている杉江選手の姿勢は、まさにお手本となるような素晴らしさであると僕は思います。

そんなアマゾン選手が対戦するのはGOD GUARDER柿澤剛之選手
国内最強硬度を誇る日本のデビアス、ダイヤモンド・ガードの柿澤選手との対戦は、今後の海外強豪との対戦を占う上でアツい!!!!

また柿澤選手も、ベテランといえる年齢に達しながらも、中村大輔選手を退け、今回アマゾン選手まで倒したら、実質的に日本最強選手となりますよね。
両選手ともに、どうしても勝ちたい一戦、これは勝負論満載ですよ!!!!楽しみです!!!!

そしてもう1カード、デラヒーバ・ジャパンの鍵山士門選手と、GROUND COREの世羅智茂選手!!!
これは素晴らしい対戦!!!!!
鍵山選手は関東のファンにはお馴染み、茶までの色帯時代を圧倒的な強さで駆け抜けた選手ですね。

柔術お宅訪問 怒涛のGSB出稽古編

さてだいぶ間を空けて書いてきました、名古屋出稽古ツアーも実質最終日です。

1日目はImpacto刈谷道場

2日目はImpacto安城道場

でお世話になってきました。

そして3日目はついに念願のGSBに出稽古に行く予定です。

GSBといえばこの人がいますもんね。

そう新世代未来戦士 加古選手です!

現在の活躍ぶりで説明不要と思われますが、加古選手や所属道場のGSBのことはこちらをご参照ください。
http://ameblo.jp/busujiujitsu/entry-11033510824.html

期待に胸を躍らせながら朝食をチャールズたちと食べていると、

まるで昨日のデジャヴかってくらいの勢いでチャールズが、

「昼はペルー料理食べようZ!!!」

またももクロなみにビシっときめましたが、当然お腹いっぱいですw

しかし行ってみて食べると大変美味しい。

初体験の味がいっぱいでした!

ブラジル料理とどっちが美味しい?と松子さんファイミリーに聞かれましたが、

どちらも美味しかったです!

そして料理を食べてると、またもやチャールズがビックリすることを。。。

「お前GSB行くの? おれも行きたいZ!!!」

かなり狼狽しましたが、加古さんと連絡を取り、快くOKいただいたので、

チャールズ家に帰り、出稽古の準備をしていると、

ノンキなチャールズは、「ゲームしようZ!!!」と。。。

黒帯とは思えないかわいさ!!!

そんなこんなでゲームをしながらも、松子さん宅も今宵で最後なので、

松子さんファミリーにお世話になったご挨拶をして、

 

車で30分程してついに到着!!!

リ、リングがある。。。
総合もありの道場なので当然なのですが、改めて柔術専門道場でないことにビックリ。。。

そして僕とチャールズを含めたメンバーでクラスが始まり、準備運動などを終えた後は、お待ちかねのスパーリングが始まりました。

まずは念願の加古選手とのスパーです。

■加古選手VS岩井英治

加古選手、難しいことを連発してるのに、滑らかな動きですね~!!!

まず注目は開始早々の
キスオブザドラゴン!

だいたいスパーでは相手が回りすぎて1回転してしまったときに足を抜いて最初の体制に戻すのが僕のやり過ごし方だったのですが、加古選手は足を離してくれません。
<
br>そしてそこからべリンボロターボへ移行します!!!

僕が粘っても足を複雑に絡ませたあと、シングルバックへ持ち込みバックへ。。。
この流れ、大変恐ろしかったです。。。

なにせ自分の背面で足をガラガラさせて、気付いたときにはバックですよ。
当然僕は何をされているのか全く分かりませんでした。。。

そんな手品を「柔術魂8」では種明かししてくれています!!!

本来なら門外不出ともいうべきものをここまで大々的に。。。
これはとても素晴らしいことだと思います!!!

柔術新聞

さて2:15からは僕のキスオブザドラゴンに合わせて、カウンターでのべリンボロムーブ!

またまた「柔術魂8」で紹介していたムーブを使っています!

さらに3:40からは加古選手のトップからの攻め。

腰を見事に殺して、バックを奪取しすぐに1本です。

バックから絞めまでの流れはホントに鮮やかですよね!
当然ですがトップからの攻めも強い!

次は黒帯の加藤さんとのスパー。

加藤さんといえばディープハーフの名手。

ゼヒその技を味わってみたかったです。

しかしその期待以上にギタギタにされました。。。

■加藤選手VS岩井英治

なんだなんだこの。。。なんだろう!!!???

この感覚はなんだろう!?!?!?

それは失われた?技、ツイスター!!!

それもディープハーフからのツイスター!!!


ヤバイヤバイヤバイ!!!!!

こんなタイプの人とスパーしたことないっす。

当然対処方法も分かりません!!!

完全お手上げ状態!!!

そして上からでもべリンボロムーブでバックを取るこの怖さ。。。

ハンパじゃない強さでした。。。

この加藤さんは最近こそ大会には出場されていませんが、2009JJFJ全日本茶帯ペナ級では、あの塚田選手、吉田勇太選手に勝って優勝実績があるヤバい選手です。

そして2回スパーをしてもやはりあのツイスターでやられまくりました。。。

加藤さんが持っている技は独自のものが多く、そのほとんどを自分で考えたものとのこと。。。

加古選手もそうですが、やはりGSBは創意工夫に溢れた場所ですね!

とても素晴らしい経験でした!

そして次は「龍と虎」のスパーリング!!!

■加古選手VSチャールズ・ガスパー


なんて豪華なスパーでしょうか!!!

加古選手がボトムでチャールズがトップという展開。

加古選手は下からスイープの糸口を探しますが、チャールズの強力なベースがそうさせません!!!

2:35から加古選手がディープハーフを仕掛けます。
これも「柔術魂8」で示した展開!

その後のシングルXのセットアップなど、実際に使用してる技を使っているのだと実感しました。

そしてチャールズもしっかりラッソーガードからのスイープをキメてます!

黒帯同士のスパー。

今は雲の上のように感じます。。。

そしてスパーが終わった後の笑顔もいいですね!

“font-size: 24px;”>これがスパーの素晴らしいところですね!!!

 

今回は快く出稽古を受け入れていただいた加古さんをはじめ、GSBの皆様に大感謝です!!!

 

これにて柔術お宅訪問(名古屋)は終わります。

ご協力いただきましたImpactoの皆様、GSBの皆様、チャールズ・松子さんファミリーの皆様、ありがとうございました!

本当に良い経験でした。
そしてこの経験は翌日の「柔術Fighters7」に早速効果が表れました。

それは次回の柔術Fighters編にて!!!

文:岩井英治

 

Tomorrow Never Dies・・・柔術魂は末広がりの八!!!!!

みなさんお気に入りの柔術魂って何巻でしょうか?

僕は1と4と6を偏愛しています。

レオジーニョが出ていたり、現在に至るまで使っているようなテクが収録されていたり、また興味深いテーマで統一されていたりで、大好きですね。

しかし個人的に、ついに最高傑作が出たように思いますよ。

MAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAD!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!11

柔術魂の奇跡の新刊登場!!!!!!!1 しかも内容見て下さいよ!!! 現代柔術にド正面から対峙!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1 ClaAAAAAAAAAAAAAAAsH!!!!!!!!!!!!!!!!!!!111111 これぞ柔術専門誌の実力ですよ!!! やっとじゃないですか・・・、国内の活字でちゃんと取り上げられたの。

誰かがまとめなきゃ!! 現代を生きる僕らに出来る事の一つは、今この時を克明に記録することだと思います。 こればっかりは先人よりも、後世の人達よりも、僕らが一番上手くできるはずですよね。

 

そうやってその時その時を積み重ねていって、はじめて歴史というものになるんだと思います。

歴史は他でもない僕らが作る!!!!!!!11 だから、全力で今を生きよですよ!!!!! CARPE DIEM!!!!!!!!!!!!!!11

僕は思い出話や昔話は好きでないですが、歴史は大好きです。 ロマンがありますよね。 歴史に感動するのは、その時代を必死で生きた人間の記録であるからだと思います。 僕らと同じ時代を必死に生きる柔術家の生き様がここに!!!!!!!111 HISTOIRE DU JIU-JITSU !!!!!!!!!!!!!!!!!!

特に苦労話に涙せずとも、ここに取り上げられたる柔術家渾身の技術を見て、それらが生み出された背景に思いを馳せれば、好きでやってるとはいえ苦難と犠牲の日々。 「一体こんな技どうやってできるようになったの?」という素朴な疑問の裏には、孤独な孤独な幾星霜。

柔術家はコトバではなくワザで語る!!! 人生をかけたワザを存分に味わいましょう!!!!! OK!!!!加古拓渡選手のベリンボロ超絶解説GO!!!! まずありがたいのは、ベーシックなベリンボロのムーブを、もうこれでもかとばかりに徹底的に完全詳解してくれていることです。

いやいやこれは凄いです・・・。 僕ベリンボロの解説動画は本当にあらゆるものを見ましたが、この誌面とDVDは、間違いなく世界一分かりやすい解説になっていると思います。 ハファエル・メンデスのベリンボロ動画よりも1億倍分かりやすいです。

なんだこれなんだこれ!!! こんなんわかんねーよ!!!!!!11

加古選手のインストラクション動画の分かりやすさに、是非注目して頂きたいです!!!!

いやいやしかし、これでベリンボロはもはや秘密の技術でも、もっと言ってしまえば最新技術でもなんでも無くなったのではないでしょうか・・・。 だってこんな大々的に詳細が分かってるんですもん。 ここまで徹底解明された技って、むしろ少ないですよ。 誌中でカイオ・テハが「ブラジルやアメリカでは最新技術も1年で古くなる」と言ってましたが、日本でそれを実感できるとは。

そして加古選手が実際試合で使っていて、自身の戦術アドバンテージともなっている、ベリンボロにおける足の組み替え方すらも完全公開。 これは選手によっては嫌がってやってくんないですよね・・・。 メンデス動画みれば一目瞭然。 加古選手がこれ以降勝てなくなったらどうするんですか!! しかしこれも歴史を積み重ねる作業!!!!!

そして柔術家はコトバだってナイスだ!!! モダン柔術を廻る様々な柔術家の意見は必見。 これは本当に貴重!!!!! このように、このテーマに基づいて意見を集めたのは世界でも珍しいです。

闘士クロンの熱き咆吼、そしてバッド・マインドをNYスタイルでディスるジャンニ!!!

I PLAY 50/50, BERIMBOLO AND INVERTED!!!!!  GET OVER IT !!!! おりゃー50/50だってベリンボロだってインバーティッドだって使っちゃうぜ???俺のガードを破ってみろよ!!!!! できなきゃ黙ってスパゲッティ喰っとけ!!!!!!!! おばあちゃんパスタ食いたい!!!!!!!!

マーカス・ブシェシャの本格的なインタビューも有難いですよね。 現在シーン最強最重要人物なのに、国内ではあまりにも露出が少ないですから・・・。

今一番テクを教わりたい選手カイオ・テハの、フックガードに対する攻略法も最高ですよ。 インタビューで護身でなく誤審についてずーっとブツブツ言ってるのも最高にらしいじゃないですか!!!!

収録されているワザはどれ1つとっても、1年くらいかけて熟成させたい珠玉のものばかり。 インタビューだって1日かけてじっくり味わいたいレアなものばかり。 相変わらずの濃密さですよ。 2年分が一気にドパンですよ。

そして何よりも統一感がハンパないですよね。 しっかり「モダン柔術」という軸があって、それを取り巻く構成なので、インタビューも技も印象にとても残りやすいです。 これって凄く大事なことですよね。 このまとまり具合は、歴代の柔術魂でも随一ではないでしょうか。

まさに「偉大なアーティストの最高傑作は最新作」を地で行く素晴らしい作品だと個人的には思います。

そんな傑作を仕上げて下さったのは柔術魂総監督であるBJケンさん。 BeeeeeJay KEEEEEEEEEEEEEN!!!!!!!!!!!!! いつも素晴らしい雑誌を製作してくれて、ありがたいですね。

BJケンさんのあとがきで、様々なスタイルが混合しても、なおそのジャンルとしてのスタイルを保っている例として映画「真夏の夜のジャズ」が例に出されていますね。

オーネット・コールマンやセシル・テイラーなんてジャズじゃない! 電化マイルスはダメ!堕落!ファック!

革新が行われていた当時のシーンはそういった論調喧しかったものですが、今やどれもジャズの名盤。

人間でも音楽でも、大事なのはその種類ではなく、中身だと思います。

関わる人がそれぞれのプライベートを献げ、それこそ真夏の夜を犠牲にしながら、猛暑にも負けない熱い思いを伝えんがために死力を尽くし、知力を振り絞って発行された今号を読んで、そんなことをあらためて感じました。

シーン全体が良い方向に動いて行って欲しいと強く思います。

次回は柔術魂の記事に連動した内容にしてみようと思いますのでお楽しみにして下さい!!

柔術お宅訪問 全日本王者チャールズ・ガスパーとImpacto安城道場

コパ・ブルテリアと・JBJJF・JJFJの全日本選手権という真夏の3大ビッグイベントが終了しましたね。

参加された選手の皆様お疲れ様でした!

大きな大会が終わり、ホッとしたところで箸休め的に、、、忘れたころにやってくる柔術お宅訪問vol.2です。

今回の主役は先日のJBJJF全日本選手権において黒帯1年生にして戴冠した「美猛虎」チャールズ・ガスパーです。

そんなチャールズと過ごした名古屋柔術訪問も2日目です。

1日目は観光もせず、Impacto 刈谷道場への出稽古にしか行けてませんが、

慣れない環境のせいもあり大変疲労があったのでお昼近くまで熟睡。。。zzz

ちなみに宿泊先はホテル。。。、ではなくチャールズの彼女(現奥さん)である松子さん宅です。

松子さんご両親と松子さん、松子さん弟、犬の「ハチ」そしてチャールズが暮らす中、

ご好意に甘えて最終日以外全てと泊めていただきました。。。!!!

 

遅めの朝ご飯をチャールズ、バイトを終えた松子さんとで食べていると、

チャールズがこんなことを言いました。

「お昼はブラジル料理食べちゃおう!!!」


ももクロなみにビシっと言いましたが、

お昼ご飯と兼用でもいいくらいの時間に朝ご飯を食べていたのに、

昼ご飯の提案!しかもガッツリブラジル料理!!!

さすが全日本王者チャールズ、言うことが突然で、しかもハンパないですね。

さて、善は急げと車を走らせること約30分強、

Impactoに来る日本人をほぼ必ず連れてくるという噂のブラジル料理屋さんへ到着。

柔術新聞

待ちきれないチャールズ

「おーい、早く入ろうよ~」

みたいなことを言っていた気がします。

こういうところはかわいすぎますねwww

ブラジル料理はぼぼ初体験。

なんでも取り放題のビュッフェ形式で胃袋破裂。
フェイジョアーダなど食べ放題!

その上店員さんがシュハスコをガンガン持ってきます。。。

柔術新聞

ブラジル人もビックリするくらいのひどい寝ぐせで外食し、もうライトフェザーには戻れないだろうってくらい食べました。。。

しかし隣でチャールズはまだガンガン食べてる。。。

こやつフェザー級に留まるつもりないな。。。?

いっぱい食べた帰りには腹ごなしで名古屋の格闘技ショップへ。

かなり遠くの駐車場に止めたチャールズ、最初は一緒に来た僕や松子さん、松子ママと話しながらショップに向かって歩いていました。

しかし。。。チャールズの歩調がだんだん速くなり、松子さん親子を大幅に引離すという事態に。。。

柔術新聞

この安城道場のクラスは柔軟、チャールズがいくつかのテクニックを教えてからのスパーリングでした。

刈谷道場ではチャールズとスパーリングできなかったので早速挑んでみました!!!

フルボッコですね。

当たり前ですが黒帯との差がここまであるか!と愕然としたスパーでありました。

スパーの最初から僕の引き込み際を狙ってパス、そして逃げられそうにもないシングルバックの際のキープ。。。

成す術なしでした。。。

特筆すべきは4:35くらいのチャールズのベースでしょう。

もちろん僕の技術の未熟さは前提としてありますが、スパイラルから攻撃を仕掛けようとしても全くビクともしません。。。

チャールズは普段からベースの重要性を常に説きます。

そしてベースを作るとともに相手にプレッシャーをかけ、常に相手に痛みを与えるんだという教えが僕の耳に今も残って、パスのときにはいつも心がけるようにしてます。

普段は俺様でテキトーな感じですが、柔術となるとディテールにこだわり、相手に分かりやすく説明できるところは指導者としても向いてますね!

そんなこんなで名古屋二日目は言動が破天荒なチャールズと、柔術に対しては真剣に取り組むチャールズの素晴らしい姿勢という二面性が垣間見れた1日でした。

次回の柔術お宅訪問vol.3はチャールズ・加古選手、夢のスパー、怒涛のGSB出稽古編です。

(文・岩井英治)

ベーシック技術を最高度に活用するプログラム!!サウロ&シャンジのオンライン・トレーニング!!!


現在の柔術は、特に軽量級においては、新しい技術の知識が必須であり、実際茶帯や黒帯、紫帯や青帯でもムンジアルでベスト4に入るレベルの選手は、ミヤオ級の精度とまではいかずとも技のフォームくらいは軽々とこなしてしまう恐ろしい能力の選手ばかりですよね。
凄い世の中となりました。
選手の人はやる事多くて大変ですね。

しかしこれらはムンジアル狙うような人達の話です。
別にそうでない僕みたいなボーっとした趣味組にとっては、難しいコとヤルもよし、飛ばすもよし、なんでも好きにするのが一番ですね。

そしてできたらすぐ効果がでる便利な技を知りたい!!!
「運動しなくても痩せる方法」という随分ムシの良いものを求める女性と同じ心理ですよ!!!!!


しかし柔術には効率の良い技というのが厳然と存在します!!
イッツベーシック!!!

そして、完璧なベーシック知識を元に、それらを少しモディファイドして更に実践的なスタイルに仕立て上げる達人がご存じサウロ&シャンジ・ヒベイロ!!!!


柔術界広しといえども基本知識に関して世界最高レベルを誇るであろうこの兄弟!!


実はガウッシアやメンデス兄弟のようにオンライン・トレーニングをしているのはご存じでしたか?
http://bjjlibrary.com
早速これにチャレンジした方がいらっしゃるので、その感想をご紹介しましょう!

皆さんこんにちわ!
福井県の柔術サークル、ねわざワールド越前の森川と申します。
練習は週に1~2回、スパーは1回の練習につき(アミノバイタル飲みまくって)3本が限界という超ヘタレ野郎で、唯一の自慢は“航海王”ことポゴナ・クラブジムの重鎮、大原道広選手より青帯を授かったことです!

この度、以前よりお世話になりまくってるブスさんより執筆依頼を頂戴いたしましたので、ありがたく引き受けさせていただきます。

早速、本題に入らせていただきますと、今回のテーマはズバリ「BJJ Library」です!

えっ!?知らない?何じゃそれって?
ちょっとそこのアナタ、流行に乗り遅れてますよ!
そんなことじゃ気になるあの子のマウントは奪えませんよ?

それではお教えいたしましょう!「BJJ Library」とは何か?

ズバリ、元祖柔術最強兄弟サウロ&シャンジのヒベイロブラザーズによるオンライン柔術プログラムです!!!

これはヤバい代物ですよ…。

まずヒベイロ兄弟による懇切丁寧なレッスンが僕のハートを撃ち抜きまくりました。

やはりマナウス生まれウマイタ育ち強そうなヤツは大体友達な2人なのでベリンボロも50/50もOOG(アウトオブ眼中)っぽいですが、その分エスケープ技術を始めとした素晴らしいクラシカル&アメージングテクの数々がてんこ盛り!

サウロ式エスグリマパス(脇差しパス)やシャンジ式ベリンボロ対策クロスニーパスなどは飽きることなく何度も観れちゃいますね…。

まぁ、僕が個人的に2人の大ファンということもありますが…

そしてそしてこれだけでは終わりません!
何と何と現役世界王者レアンドロ・ロのスパイダーセミナーや生ける伝説フェルナンド・テレレの華麗なテク紹介、サウロの高弟にして元世界王者ハファエル・ロバトjrによるパスガードセミナーなど百花繚乱の柔術絵巻を完全網羅、もうパソコン閉じるタイミングが分かんないよって感じです!

ちなみにサウロとパン王者クラーク・グレイシーのスパー動画も収録されていて、これがもう最高としかいいようがないほど素晴らしいです…。

あくまで僕個人の感想ですが「BJJ Library」は現役バリバリの黒・茶紫帯の方々にはもちろんですが、むしろ基本技の紹介が多い分、柔術初心者の方や「週に1~2回しか練習できないから下・下の攻防や最新テクまで手がまわらないよ~」という方々におすすめできる内容になっていると思います。

あと、「BJJ Library」は全編英語(一部ポルトガル語)なので内容を理解できるか不安を覚える方もいらっしゃると思います。
僕はもちろん英語を全く喋れないのですが、ヒベイロ兄弟の英語は非常に聞き取りやすく、慣れると大体の意味は分かってきます。

気になるお値段は月々24.99$!ということで要するに全柔