Rikako Yuasa’s Practice Contents


以前、湯浅選手がツイッターに上げていた倍速打ち込み動画を、海外に紹介したことがありました。
I introduced a movie of Rikako Yuasa’s drilling one to overseas.

それは大変な反響を呼び、勝手にノーマルスピードに落とした別バージョンに加工されるなど、多くの外人さんを熱狂させました。
It makes an impact on peoples and one of them makes it slow effect to 
study on his own.

また、その動画は省略版であったので、実際の長さや動きの個数をあわせて伝えると、多くの驚嘆の声とともに、「そんなの出来る訳ない」という戸惑いの声も見られました。
That is short version so I added actual length and number of movements. But some peoples can’t believe it because it’s too hard to do.

そこで湯浅選手にお願いし、1時間超のフルバージョン1人打ち込みを撮影していただき、動画が公開されました。それがこちらです。
So I asked Rikako to shoot full length of movie of her movement.

これはまさに驚愕をもって迎えられ、「俺がムンジアル王者になれない理由がよくわかった」等絶賛の声とともに、湯浅選手について知りたいという要望も殺到しました。
People loved this movie and one of them said “I know the reason why I can’t be a mundial champion”. Some peoples asked me to tell about Rikako Yuasa.

そこで自分は湯浅選手にお願いし、普段の練習等を教えてもらいました。
So I asked her to tell daily routine and details 
of work.

・・・海外で湯浅さんの1人打ち込みを紹介したら、そんなに長くできるわけないと信じてくれない人がいます
湯浅麗歌子選手「よく言われます(笑)基本的にはマット運動とムーブメントで種目が分かれるのですが、どちらともフルでやるとそれぞれ1時間位かかります。その為さすがにフルを両方行うのは週3回くらいです」
I introduced your drill works but some people didn’t beleive it.
“Hahaha, People say that to me all the time. I have two drills, Mat exercises and Movements. Each of drill needs over 1 hours to do so I do both 3 times in a week. not every day. “

「私は先生(佐々幸範選手)から、『日本人が海外の人に勝つには普通の人ならパワーじゃ無理。その分技の精度をとことん上げるしかないし、凡人は天才の何倍も練習しないとだめだ。だから全ての動きを毎日繰り返してそれが普通になるようにしなさい。 お箸持ってご飯を食べることと同じように、当たり前のようにムーブメントをして柔術をしなさい』 と言われてきました」
My teacher Yukinori Sasa(2013 worlds bronze at blackbelt light feather)said to me “Normal Japanese can’t beat other country’s fighter by strength. If you want to win, You need improve the accuracy of technique to the limit. and must train many times of amount than genious fighters. You must drill every movement every day untill those movement are natural for you. Like eat rice with chopsticks, Do movenemt naturally in your BJJ.

「基本は1種目4回なので実際毎日は大変です。ですが、毎日どちらかの種目を1回ずつは必ずやっています。毎日どちらか1種目1回でもいいからやるのとやらないのでは動きが全然違います。本当に積み重ねですね」
Principle is 4 times for every drill so It’s very hard to do every day. But I always do either of drills every day If I can’t both.I do it at least once a day on a one kind movement. If you want to get to the big goal, You must start little by little. Little steps become Big steps in the end. 

最初は本当に大変でしたけど、毎日やるということが本当に大事なのがわかっているから、今はやらないと落ち着かないです」
It’s really really hard at first. But I understand importance of everyday working. So now I feel bad if I don’t it. 

・・・以前ツイッターの省略版を紹介したら、勝手にスロー加工されて研究されてました。

「動画スロー凄いですね(笑) 実はあれはムーブメントではなくてマット運動の方なので、ムーブメントの方も入れるとさらに長いんですよ。 ちなみに先生は私の2倍ムーブメントの数があって、見ている限り多分今も増え続けています。。。気が遠くなります(笑)」
When I introduced your movie uploaded on twitter, Someone manipulated movie speed slowly for study.
Hahahaha ! That’s mat exercise one. My teacer has two times amount of variations more than me and keep rising !

・・・もう既に凄すぎて、続きを聞くのが怖くなってきましたが、例えば1週間の練習メニューを教えて頂けますでしょうか?
Would you tell me your daily works?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①マンツーマン練習・・・週3回

①Private lesson with My teacher
3 times in a week
1、ランニング10km / Running 6 miles
2、ムーブメント15分 / Movement drill 15 minutes
3、立ち技打ち込み30分 / Standing drills 30 minutes
4、上からパスガード打ち込み30分 / Passguard drills from top 30 minutes
5、下からガード打ち込み30分 / Guard drills from bottom 30 minutes

(※)打ち込みは全て私2回、先生4回で交代
Drills are 2 times for me, teacher does 4 times. 
(※)1回打ち込みした技はもうかけてはいけない。つまり1度やったテクニックはその日は打ち込みしてはいけないということです!

ちなみに、、、止まってる時間があると、手詰まりとみなされ注意されます。 また、正確な受けをやらないと注意されます。ですが単品の技ではなく、パスガードに対してのディフェンスに対してのパスガード、など連続技を受けるので物凄く難しいです。。。 したがって、正確な受けをやりながら自分が次にやる技を考えておいて交代したらすぐにかけて、、、を繰り返します。休む暇なしです(涙)
Every technique is only one time you can use. For example,  I did armber drill from bottom, I can not do it again in that day. and I can’t stop while drilling. It’s means I have not any times to thinking which move I start. and I must do accurate move when teacher drilling with me. But movements aren’t simple, always very complicated. So It’s really difficult. No times to rest !!

6、佐々先生と上下交代のポジション限定スパーリング
約1時間30分〜2時間
Position Sparring top and bottoms with my teacher 1.5h~2h

※極めるかポジションをとったら交代
※このポジション全てやる↓
(引き込みから、クロスガード、ハーフガード、サイドポジション、マウントポジション、上四方固め、両足バック、片足バック右、片足バック左、後ろがぶり、前がぶり、逆ハーフ、巻きスパイダーガード、スパイダーガード、デラヒーバガード、スパイラルガード、フックガード、シッティングガード、クウォーターガード、ディープハーフガード、ダブルガード)
You must do from all positions as follows…guard pull /closed guard /half guard /side /mount /north south /taken back with both legs /taken back with right leg /taken back with left leg /Sprawl /riverse half /lasso guard /spider guard /DLR guard /RDLR guard /butterfly gurad /sitting guard /quater guard / deephalf guard /double guard.

※ランダムに時々追加されるもの↓
(十字ディフェンス、三角ディフェンス、オモプラータディフェンス、足関ディフェンス、クロスニーパスガードディフェンス、担ぎディフェンス、噛み付きディフェンスなど)
* Teacher add randomly from armber defense /triangle defense /omoplata defense /footlock defense /kneeslide pass defense /double under pass defense /stack pass defense.
※先生が指定した相手との試合を想定したスパーリング。ポイント、アドバンテージを取られてはいけない。とられたら追加スパー。
* Somtimes serious sparling with opponents my teacher assigned. If they got point or advantage from me, one more roll.

②佐々クラス 週4回〜5回
②My teacher class 4~5 times in a week

1、ランニング 2km / Running 1.24 miles
2、テクニッククラス2時間 / Technique class 2h
※下3種類のどれか
(1.マット運動1時間+テクニック1時間)
(2.反復打ち込み10種類×10回〜50回+限定スパーリング2分上下交代×3〜5)
(3.限定スパーリング1時間+限定スパーリングでの質疑応答テクニック)
3、フリースパーリング1時間 / Free sparring 1h
4、ランニング2km(2回目)/ Running again 1.24 miles

③1人練習 週2回 Solo training 2 times in a week
1、ランニング2km / Running 1.24 miles
2、マット運動とムーブメント 1時間〜1時間30分 / Mat exercise and Movement 1h~1.5h
3、ランニング2km(2回目)/ Running again 1.24 miles

④打ち込み練 週3回 Drill training 3 times in a week
1、ランニング2km / Running 1.24 miles
2、打ち込み1時間〜2時間 / Drills 1h~2h 
3、ランニング2km(2回目)/ Running again 1.24 miles

⑤その他 週4〜5回 Others 4~5 times in a week
・エアロバイク(減量時)1~2時間 / Exercies bike 1h~2h 
・握力グリッパー(10分握りっぱなし、指だけ) / Strength grip with keeping grip for 10 minutes, only use your finger, not palm
・手首と腹筋の筋トレ / Wrist and abdominal training
・詰将棋 / Tsume- shogi…like chess problem
(一手詰め、三手詰め、五手詰め)

※お風呂に入りながら頭が回らない状態にしてからやる。試合を想定して。
*Do it after the bath with my brain dizzied. because it’s train for ability of thinking in real BJJ games. 

・ルービックキューブ Erno Rubik’s Magic Cube

※ダブルガードの攻防を具体化する為。またダブルガードの意識をなくすため。
It’s for double guard. helping concretization of double guard game and keeping calm in double gurad games.

・知恵の輪 Puzzle Ring

※ガードディフェンスを想定して。パワーで無理に外さないで外れるところを探す練習。
*It’s for breaking of opponent’s guard. Look for good point for break, with no power.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  

・・・こ、これは・・・、なんというか、これをやれば必ずムンジアル黒帯王者になれる練習・・・。
「そう私は思っているのでやっています。でもムンジアルはみんな1位が欲しくてやっているので、絶対チャンピオンになれるかどうか実際はわかりませんが、なれる確率はかなり高まると確信しています」
OMG, this is insane training. If someone can do same thing, she or he can be mundial blackbelt champion.
I think same so I do it. Everyone wants to get gold. So I don’t know this train makes me champ definitely
, but It boost the chance of title for sure.  

・・・し、しかし、湯浅さん以外これをやれる人がいないであろう、別次元の練習量・・・。自分書き写しただけなのに、もう訳分からなくなってきました・・・。
「私はこれを2015年は丸々1年間やっていました。2016年〜2018年は1月から飛行機に乗るまでの約5カ月間毎年やってます。やっているというか正確にはやらせてもらっている、ですね。」

「オフシーズンの6月〜12月は先生とのマンツーマン練習がなくなり、指導と個人練習が増える感じですね!」

「だからオフシーズンの試合は自信がないので2位が多いです(笑) 」

ちなみに佐々先生は2011年〜2013年にムンジアルのメダルを取るまでこの練習を一人で考えて一人でこなしていたそうです。私は本当に才能がないので、こんな練習を考えて実行することも、一人でやり続けることも本来なら出来ません。ですが、それを見越した上で先生が心を鬼にして指導してくださったのでただ必死についていきました」

「先生は本当は物静かで人目につかずコツコツ努力する方なのに、私を世界チャンピオンにする為に周りから厳しすぎると言われようが何を言われようが指導し続けてくれました。なので、ムンジアルに関しては日本の誰よりも練習していると思っていますし、唯一それだけが私の自信になってます!」

But without you nobody can do that. I think only you on the planet.
I do that for a whole year of 2015. From Jan to June of 2016~2018. After Worlds to Dec is off season for me so I don’t ① training. I think this is the reason of my second podium in this season, hahaha.
My teacher created these practice schedule alone and did it until getting bronze at 2013 worlds. I can’t even imagine how to make such a practice and do it alone. So my teacher becomes hard master for me even tough he is a quiet man usually. I think I do largest amount of train for worlds that makes me confident.