2018全日本選手権印象


金古選手にとって、全日本とはどのような大会ですか?
金古一朗選手「文字通り日本一の柔術家を決める大会です。全日本の冠が付いた大会は他にもありますが真の日本一を決める大会はJBJJFの全日本選手権をおいて他にはないでしょう」

実際、全日本ってどれくらいレベルが高いんですか?
「単純に出場者の数で言っても普段の2~3倍は出場しています。当然優勝するまでの難易度も2~3倍です。それに加え、大きな大会にしか出ないような強豪選手も皆この大会に照準を合わせてくるので、その他の大会とは比べ物にならない位レベルは高いですね」

全日本前の練習は、どのような感じでしたか?
「私個人の話で言えば普段からかなり練習はしていたので特に全日本前だから練習を増やしたりはしませんでした。ただ1ヵ月前から普段やってるトレーニングに加えスタミナ強化のためのサーキットトレーニングをやりこみました。本当にきつかったのを覚えてます。もうやりたくないですね(笑)」

金古選手の輝かしい全日本での戦歴において、印象に残った選手や試合はありますか?
「僕個人の話で言うと最後の全日本で一本負けした宮地選手は強かったですね。単純に1ファンとして印象に残っている試合は2013年の白木選手と細川選手の師弟対決ですね。あとは2015年に加古選手が宮地選手を破って優勝した試合も思い出深いです。あとは昨年の大塚選手と世良選手の試合での大塚選手の大逆転勝利は記憶に新しいですね」

今年のエントリーもなんかヤバイことになっていますが、今年はどのような大会になりそうでしょうか
「今年になって毛利部選手や渡邊翔平選手、山中健也選手等新たな黒帯が出てきて楽しみな対決が増えました。これら新世代の選手と芝本選手や細川選手、塚田選手などのベテラン勢がどういった勝負を繰り広げていくのか非常に興味深いですね」

全日本を4度制覇し、殿堂入りとなった金古一朗選手にこの大会についてお聞きしたものです。その頂きの高さが伺えるのではないでしょうか。

従って選手は、冒頭の江端講平選手のように、死に物狂いで向かってくる訳です。

サッカーW杯の何が面白いかって、レベル高いのはもちろんですが、名選手が手段も選ばず、必死になって勝ちにくる所が理由だと思います。ラクショーで勝てるという事がなく、誰も未来を予想できない。

どんなスター選手も最強チームも、一歩間違えば奈落に落とされる可能性が厳然と存在する恐怖が、逆に観衆の興味を猛烈にかき立てる。

全日本にも同じ種類の恐怖があり、そこ
が他の大会と一線を画す存在にしているのではないでしょうか。

注目だったライトフェザー級は、橋本知之選手が王者にふさわしい内容で3連覇。幕府を開くかどうかは分かりませんが、「橋本時代」は間違いなく到来。来年も優勝すれば殿堂入りの名選手に。個人的には、ムンジアル制覇イケると考えており、これからも目が離せません。

またその橋本選手と大激闘を演じ、今大会ハイライトの1つを作った加古拓渡選手の素晴らしさも特筆に値すべきでしょう。

試合前は幽鬼のような感じでしたが、加古選手がそこまで仕上げてくる大会が全日本。死ぬ直前まで仕上がった加古選手が無類の強さを発揮するのはみなさんもご存じの通り。

特に橋本選手との試合では、チアゴ・バッホとの激戦でも発揮された「どんなにピンチだろうとハーフで生還してポイントやらない」技術が炸裂していましたね。

この技術、みんな興味あると思いますので、1つ残らずDVDに詰め込みます!どうかご期待下さい!

また冨田尚弥選手のフレッシュな強さが目を引き、それと同時に井田悟選手の強さがホンモノである事も証明された大会となりました。新星とベテラン双方が持ち味を発揮する素晴らしいトーナメントでしたね。

西日本の熱い風
また今大会の特徴として、無差別の充実が挙げられます。無差別すなわちオープンクラスは、階級別の試合後に行われるため、疲労ややケガ、スケジュールの面から棄権する選手も多く、いざフタを開けてみるとトーナメントがスカスカだったというのは柔術の大会でよくあるパターン。

しかし今大会は、オープンを制して見事日本一となった関根秀樹選手を筆頭に、無差別込みで志向していた選手が大量にいたため、物凄く重厚なトーナメントとなりました。

この風潮は、西日本の選手達の存在が非常に大きいと思います。

西日本の黒帯選手は身体の大きい人達が多く、また元々無差別で暴れたくて大会に出ているという猛者が多いため、よっぽどでないと棄権という選択肢は無く、無差別ありきでスケジュールも立てて遠征している選手が多いですよね。
そして戦績も良いので、どうしても目立ちます。

そんな中、関東から仕事終わりに駆けつけ、無差別3位に輝いた櫻井健選手の活躍も光りましたね。

また色帯の優勝者では吉岡優幸選手、樋口翔己選手、井上啓太選手、そして大柳敬人選手の強さが個人的に印象に残りました。

苦しい中でも
そんな猛者揃いの中でも、MVPはやはりこの人でしょう。

仕事との兼ね合いで、好不調の波が非常に大きな選手ですが、そんなホブソンが「ものすごく練習して」(タミーさん談)準備してくるのが全日本という大会。本当に強かったですね。努力が報われた結果となりました。

また大会中ずっとご機嫌で、自分の試合も全然残ってるのに、やたらめったら周囲に話しかけ、これから対戦する選手にまで世間話を振る陽気なブラジリアンぶりを発揮。

真剣勝負の中にも和やかな雰囲気を持ち込み、それがマットを降りれば相手へのリスペクトという風潮をより強くしていました。文句なく個人的な大会MVPです。

それと、もう一人活躍した日系ブラジリアン選手がいますね。

アサダ・トシオ選手。(自分が写っちゃってすみません・・・写真が無くて)

この全日本で現役引退を決めており、それだけに集中力が物凄く、炎のような試合ぶりで全日本ライト級準優勝の素晴らしい成績をおさめました。

引退大会で、キャリアハイの成績。闘将にふさわしいエンディングですね。

個人的にアダルト黒帯戦線は、もっと大量に、20代前半くらいの若い選手の突き上げがあっても良いと思います。おそらく今頑張っているベテラン選手達も、それを望んでいるのではないでしょうか。名選手の有終の美に際し、それを埋める新しい存在を想像した、そんな大会となりました。