戦い続ける意味・・・後藤貴史選手


「黒帯選手が試合に出れば、大会は盛り上がる」
これは古くから、言われ続けていた言葉ですよね。

柔術選手として最高の段階にある黒帯、そんな選手が技術の素晴らしさを披露すれば、場は柔術の妙に酔いしれ、幸せな空気に包まれるわけです。

思えば関西地方の盛り上がりを考えるにあたって、自分は大きな見落としをしていたのかもしれません。

関西の盛り上がりは、色々な黒帯選手達が、晴れの日も雨の日も、一生懸命試合に出続け、幸せな空気を作っていったからこそのものであることを。

そんな戦い続ける黒帯選手を、まさに代表する1人である後藤貴史選手に、お話をうかがいました。

どうして柔術新聞杯にご出場頂けましたか?
後藤貴史選手「柔術新聞杯は第1回からずっと盛り上がり続けていて、自分もその中に加わりたいと思ったからです。柔術新聞杯に出場するのは今回で3回目で、情けないことに一度も勝ったことがないので、今回は必ず勝ちます!」

柔術を始めたのはいつですか?
「正式に始めたのは吹田柔術が発足した2004年です。組技は2000年頃から柔道部で柔術っぽいテクニックを練習してみたり、グラップリングの練習をしていました。ルタ・リーブリはアレッシャンドリ・ノゲイラの青帯です」

どうして柔術をやろうと思ったのでしょうか
「物心ついた頃からプロレスファンで、その後パンクラスが大好きになって格闘技に興味を持ち、最終的に柔術に落ち着きました(笑)」
「最初はグラップリングのクロストレーニングとして練習していたのですが、紫帯の頃に柔術そのものの魅力に気づき、柔術の試合にも積極的に出場するようになりました」

吹田柔術はどんな道場ですか?
「自由な道場です(笑)。また、試合に挑戦する選手の割合が比較的高いように感じます。代表の新川先生が国内外を問わず大会に出場されているので、皆が影響を受けているのではないでしょうか」

週何回くらい、1日何時間くらい練習していますか?
「週2, 3回を一日2時間くらいです。練習量は極端に少ないと思いますが、自分なりに工夫してやっています」

後藤選手は多戦で知られていますが、大会に出続ける後藤選手なりの理由等はありますでしょうか?
「単純に楽しいからです!(以前は)DUMAUのポイントランキングの1位になれば海外へのチケットをもらえる制度があり、最初はそれに挑戦することがきっかけでした。その後、大会出場を通じてできる人との繋がりの方に魅力を感じるようになり、それ以来、可能な限り出場しています」

「でも、多戦という意識はありません。日系ブラジル人の先生方は僕の倍以上の数の試合をこなされています」

関西の柔術はとても盛り上っています。なぜなのでしょうか?
「様々な理由があると思いますが、強さや技術だけでなく、各選手の個性や魅力が認められる雰囲気があることではないでしょうか」

「面白い選手が沢山いるので、関東の方々にも関西の大会へ参加していただきたいです」

今後の目標のようなものはありますか?
「パラエストラ東大阪でインストラクターをさせていただいていているので、担当のクラスを盛り上げ、一人でも多くの柔術仲間をつくることが目標です」

どんな柔術家になりたいでしょうか?
「一言で表現するのが難しいですが、ずっと戦い続けられる選手でいたいです」

技巧を極み続けた先へ・・・鈴木恒太選手

鈴木恒太選手は、日本でも類を見ない程の、最技巧派の1人として知られる選手ですね。そのスタイルはある意味ジェフ・グローバー的というか、レオジーニョ的というか、猛烈な技術と身体能力がないとまるで真似できない強烈なものです。

そして自分にとっては、あるDVD中に登場する選手として、強烈に印象付けられているのです。

そのDVDとは、この「ハファエル・メンデスDVD」。

メンデス兄弟が茶帯で残したこのDVDは、柔術新聞が始まるきっかけの1つともなった、非常に重要な作品なのです。

なにしろDVDで使われている技術が、それはそれは恐ろしいもので、世界の進歩を寒気がするくらい自分に刻み込んでくれました。

ヤバイのはメンデスのなんか普通なインストラクション部分じゃないですよ。スパーです。そしてそのスパーにおいて、凄いベースの強い青帯の選手がいるのですが、それが誰あろう鈴木恒太選手。

そんなことは露知らず、自分がボンサイ道場を訪問した際、当時まだ使い手の少なかった逆さガードをガンガンに使い、猛烈なテクニックを見せる選手と遭遇したのです。

なんだこの人は、日本って広いなと思い、お話を聞いてみれば、なんとメンデスDVDのあの選手。これは運命を感じましたね。

その後は皆さんもご存知の通り、世界的に見ても珍しいほどの技巧を使いこなす黒帯選手として、大いに活躍されています。そんな鈴木選手にお話を伺いました。

どうして柔術新聞杯に出場して頂けましたか?
鈴木恒太選手「4月に行われた柔術新聞杯に怪我で出場できず、会場で仲間の応援をしていました。 その時に柔術新聞杯の雰囲気の良さ、ハイレベルな試合の数々を見て、選手として参加できなかった淋しさや悔しさが一番の動機でしょうか。 あと、マスターの試合は雰囲気が良くて大好きです!笑 」

柔術を始めたのはいつでしょう?
鈴木選手「19歳の時からなので、もぅ12年になります」

どうして柔術をやろうと思ったのですか?
鈴木選手「 学生時代、PRIDEが全盛期の時で、自分は桜庭選手の大ファンでした。 自分も、格闘技をやりたいと色々探した中で、家から一番近かったのが当時のボンサイ柔術でした」

週何回、1日何時間練習されていますか?
鈴木選手「平均、週4~5日を2時間弱くらいです」


ボンサイでは、誰にたくさん習っていますか?

鈴木選手「今はサトシ先生がほとんどです。 スパーリングは、道場のメンバーと満遍なくやる感じです。 サトシ先生やクレベル、関根さんともやるし、石黒兄妹、パンクラスランカー鈴木タクミ、ベテランの黒・茶帯、若手の青帯選手、一般会員さんともやります。 選手層が厚くスパーリングクラスでは毎回オールアウトできます」

「その中でも須山選手が一番意識する相手ですね。 僕は、一番のライバルと思っています!」

今後の目標などありますか?
鈴木選手「一番近い目標は、来年こそは全日本とアジア選手権の表彰台に上がりたいです。 ワールドマスターにも挑戦してみたいです」

鈴木選手はどんな柔術家になりたいでしょう?
鈴木選手「もちろん今よりもっと強くなりたいというのはありますが、ずっとこの先も柔術を楽しく続けていけたら、それが最高だと思います。 そして、いずれは指導者として選手を育ててみたいなという気持ちも最近ほんの少しですが出てきました」

2017柔術新聞杯マスター募集要項

2017柔術新聞杯マスター
募集概要です。

日時・場所
11月12日(日)午前9時頃開始予定
於愛知県武道館柔道場
(愛知県名古屋市港区丸池町1丁目1-4)

JBJJF公認大会
(カードや身分証等のご持参は必要ありません)

ルール
IBJJFルールを採用しています。
(柔道黒帯の方、全国レベル以上のレスリング大会経験者及び
MMAでプロ実績のある方は、青帯からのエントリーをお願いしております。どうかよろしくお願い致します)
道着のチェック基準も、IBJJFと同様ですので、ほぼJBJJF準拠と考えて頂ければと思います。

参加方法
大変お手数ですが、こちらで参加チケットをご購入頂きますようお願いいたします。
http://jiuji.thebase.in/
*備考欄にご所属・帯色・ご希望カテゴリー&階級の記入をお願い致します。
*女性はアダルトふくめ、全カテゴリー募集です。
*2016年度及び2017年度の柔術新聞杯を3連覇された方は割引があります。お手数ですがツイッター、フェイスブック、もしくは下記メアド等何でも大丈夫ですのでご連絡下さい!
busujiujitsu@gmail.com

3次募集
10月23
日(月)~11月5日(日)まで

エントリーリスト

女子の部
アダルト白帯フェザー級 (3名)
横山真央 (柔専館)
神保由梨香 (グラップリングシュートボクサーズ)
宮本敬子 (トラスト柔術アカデミー)
マスター1青帯ライトフェザー級 (2名)
小坂弥生 (福住柔術)
西門梓 (パラエストラ東大阪)
アダルト紫帯フェザー級 (2名)
戎谷いちか (柔専館)
甲斐真由実 (ねわざワールド東九州)
アダルト紫帯オープンクラス (2名)
戎谷いちか (柔専館)
甲斐真由実 (ねわざワールド東九州)
マスター3紫帯ルースター級 (2名)
鈴木加苗 (ボンサイ柔術)
三原直 (総合格闘技道場コブラ会)


男性の部

マスター1白帯ルースター級 (2名)
高野正和 (バルボーザジャパン)
髙橋剛 (MIBURO)
マスター1白帯ライトフェザー級 (3名)
新村朝人 (TRICKSTER)
近藤修司  (福住柔術)
上野泰彰 (TRIAL & ERROR)
マスター1白帯フェザー級 (2名)
藤原大輔 (スプラッシュ)
服部憲明 (ALIVE)
マスター1白帯ライト級 (2名)
前田 紘孝 (IMPACTO BJJ)
髙木 智晶 (チームバルボーザジャパン)
マスター1白帯ミドル級 (2名)
トミー・モリ (IMPACTO BJJ)
花岡幸嗣 (福住柔術)
マスター1白帯オープンクラス (5名)
前田 紘孝 (IMPACTO BJJ)
新村朝人 (TRICKSTER)
服部憲明 (ALIVE)
トミー・モリ (IMPACTO BJJ)
木下達郎 (BLUE HOUSE)
マスター1青帯ライトフェザー級(2名)
馬場友範(福住柔術)
竹内誠 (JAWS JIU-JITSU)
マスター1青帯フェザー級 (3名)
アドリアーノ・オザキ (IMPACTO BJJ)
中村晃幸 (Grip Jiu-Jitsu)
高橋知矢 (NEX)
マスター1青帯ライト級 (4名)
ファビオ・メディロス (TOKAI BJJ)
金原正幸 (IMPACTO BJJ)
松本優雅 (スプラッシュ)
小嶋弘道 (NEX)
マスター1青帯ミドル級 (2名)
橋爪良太 (ALIVE三重)
佐藤直之 (Zendo-kai)
マスター1青帯ヘヴィー級 (2
名)
加藤潤也 (石田道場)
ウィリアム・マラン (IMPACTO BJJ)
マスター1青帯オープンクラス (10
名)
馬場友範(福住柔術)
アドリアーノ・オザキ (IMPACTO BJJ)
金原正幸 (IMPACTO BJJ)
中村晃幸 (grip bjj)
ファビオ・メディロス (TOKAI BJJ)
松本優雅 (スプラッシュ)
橋爪良太 (ALIVE三重)
ウィリアム・マラン (IMPACTO BJJ)
加藤潤也 (石田道場)
竹内誠 (JAWS JIU-JITSU)
マスター1紫帯ライトフェザー級 (2名)
上村和貴 (グラップリングシュートボクサーズ)
小川将太 (パラエストラ岐阜)
マスター1紫帯フェザー級 (2名)
松岡翔 (JAWS JIU-JITSU)
吉田将成 (ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
マスター1紫帯ヘヴィー級 (3名)
江畑和彦 (BLUE HOUSE)
佐藤コウジ (IMPACTO BJJ)
油野諭 (NEX)
マスター1紫帯オープンクラス (4名)
油野諭 (NEX)
佐藤コウジ (IMPACTO BJJ)
吉田将成 (ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
松岡翔 (JAWS Jiu-jitsu)
マスター1黒帯ライトフェザー級 (3名)
後藤貴史 (吹田柔術)
宮尾司 (サイレント柔術)
山脇宗光 (吹田柔術)
マスター1黒帯フェザー級 (3名)
カーロス・キムラ (IMPACTO BJJ)
鈴木恒太 (ボンサイ柔術)
伊藤洋邦 (JAWS JIU-JITSU ACADEMY)
マスター1黒帯ミドル級 (4名)
ヴァンダレイ・タカサキ (IMPACTO BJJ)
原 晃 (吹田柔術)
伊東元喜 (柔専館)
吉永博之 (パラエストラ大阪)
マスター1黒帯オープンクラス (5名)
鈴木恒太 (ボンサイ柔術)
宮尾司 (サイレント柔術)
伊東元喜(柔専館)
関根秀樹 (ボンサイ柔術)
ヴァンダレイ・タカサキ (IMPACTO BJJ)
マスター2白帯オープンクラス (3名)
上野泰彰 (TRIAL & ERROR)
蓑毛新 (ALIVE)
浅野太喜 (BLUE HOUSE)

マスター2青帯ライトフェザー級 (3名)
堀田祐介 (ALIVE)
安藤友一 (スプラッシュ)
崎野敬紘 (総合格闘技道場コブラ会)
マスター2青帯フェザー級 (2名)
吉田正人 (NEX)
小田敏幸 (ALIVE)
マスター2青帯オープンクラス (2名)
崎野敬紘 (総合格闘技道場コブラ会)
堀田祐介(ALIVE)

マスター2茶帯フェザー級(5名)
岩村将秀 (
相補体術)
岡田昌之 (
誠心館柔術)
河村英知 (ALIVE)
津久井空 (ねわざワールド阪神)
スギ・バンジード (TRICKSTER)

マスター2茶帯ミドル級 (2名)
牛丸大介 (IMPACTO BJJ)
新村浩志郎 (名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
マスター2茶帯オープンクラス(3名)
岡田昌之(誠心館柔術)
牛丸大介 (IMPACTO BJJ)
新村浩志郎 (名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
マスター3白帯ライトフェザー級 (3名)
エメルソン・ツバキ (IMPACTO BJJ)
熊野王介 (
グラップリングシュートボクサーズ)
広畑勝之 (パラエストラ大阪)
マスター3白帯フェザー級 (3名)
小瀬古重樹 (にわかグラップル)
五十川 裕介 (Zoomer fitness gym)
高塚哲宏 (Zendo-kai)
マスター3白帯ライト級 (4名)
森大輔 (グラップリングシュートボクサーズ)
深澤哲弥 (TRIAL & ERROR)
滝川誠 (クラブバーバリアン)
羽山洋史 (チームバルボーザジャパン)
マスター3白帯オープンクラス (5名)
深澤哲弥 (TRIAL & ERROR)
滝川誠 (クラブバーバリアン)
エメルソン・ツバキ (IMPACTO BJJ)
五十川 裕介 (Zoomer fitness gym)
花岡幸嗣 (福住柔術)

マスター3青帯ルースター級 (2名)
長谷川貴広 (IMPACTO BJJ)
柴田裕基 (グラップリングシュートボクサーズ)
マスター3青帯ライトフェザー級 (5
名)
細野寛 (クラブバーバリアン)
平野勤也 (ALIVE)
高渕悟 (Grip Jiu-Jitsu)
小西和弘 (CBインパクト)
菅原達哉 (八尾ブラジリアン柔術)
マスター3青帯フェザー級 (3名)
川上聡宣 (ALIVE)
西尾智章 (ボンサイ柔術)
小山哲司 (八尾ブラジリアン柔術)
マスター3青帯オープンクラス (2名)
佐藤直之 (Zendo-kai)
川上聡宣 (ALIVE)
マスター3紫帯ライトフェザー級 (4名)
近藤祐司 (ALIVE)
由藤英男 (パラエストラ和泉)
金子一士(TRIAL & ERROR)
山田博志 (柔専館)

マスター3紫帯ライト級 (2名)
大塩昌則 (NEX)
山中正文 (パラエストラ和泉)
マスター3紫帯オープンクラス (2名)
山中正文 (パラエストラ和泉)
山田博志 (柔専館)
マスター3茶帯ライトフェザー級 (2名)
小野信 (スプラッシュ)
東口充(CBインパクト)
マスター3茶帯フェザー級 (2名)
濱崎喜仁 (ALIVE)
竹田康之 (TRICKSTER)
マスター3茶帯ミディアムヘヴィー級 (3名)
林康二郎 (パラエストラ和泉)
太田博士 (名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
藤井竜彦 (ALIVE)
マスター3茶帯オープンクラス (5名)
林康二郎 (パラエストラ和泉)
濱崎喜仁 (ALIVE)
太田博士 (名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
高橋雄二 (TRIAL & ERROR)
藤井竜彦 (ALIVE)
マスター3黒帯オープンクラス (2名)
伊藤洋邦 (JAWS JIU-JITSU ACADEMY)
原 晃 (吹田柔術)
マスター4紫帯ライト級 (2名)
市来勝己 (八尾ブラジリアン柔術)
藤村雅文 (MIBURO)
マスター4茶帯ライトフェザー級 (2名)
谷脇康人 (パラエストラ大阪)
江川弘文 (ALIVE)
マスター4黒帯ライトフェザー級 (2名)
澤田克司 (NEX)
髙橋廣輝 (MIBURO)


・なお、下記注意事項にご同意頂けた方のみ、お申し込みをよろしくお願い致します。

・・・注意事項~大会申請者の誓約書・・・
申請者である私は、柔術新聞杯マスター(以下「主催者」)が定めた全ての規定を遵守することを誓い試合出場を申し込みます。
大会要綱における出場資格、エントリー規定及び注意事項を良く理解し、同意した上で出場を申し込みます。
一度支払った大会参加費はいかなる理由があっても返金されないことを了承します。試合においては大会ルールを守り全力を尽くして正々堂々と戦うことを誓います。大会運営のための主催者からの指示には速やかに従います。
私は大会中の事故により負傷・死亡する危険がある事と、怪我による後遺症を負う可能性があることを了承した上で出場を申し込みます。
またそれらの事故・負傷・死亡・後遺症に対しては、誰にも責任の所在を問うものではなく、主催者及び関係者に対して一切の保障を請求しないことを誓約し、出場を申し込みます。
私は、本大会に関するあらゆる著作権・肖像権およびそれらに付帯する権利は、すべて主催者に帰属することを了承します。またパンフレット、場内掲示、トーナメント表及び公式結果の掲載等、本大会実施に必要な範囲において、集められた個人情報を主催者が利用することを了承します。
私が申請した申込者情報に一切の虚偽がないことを誓います。

・・・保護者の誓約 ・・・(申請者が20歳未満であった場合、以下の保護者誓約が必要となります)

申請者の保護者である私は、上記の誓約内容を了承した上で、申請者の本大会への出場を申し込みます。