渡部拳士郞選手が睥睨!!JBJJF東日本選手権2016

IMG_8561
大会の顔
22日のJBJJF東日本選手権ですが、この人渡部拳士郎選手の大会となりました。
IMG_8521

所属するパラエストラ吉祥寺の攻撃力を体現するかのような、圧倒的なアタック力。パス時の1歩の長さが異常で、極めの圧力も柔術界屈指。

ですので、ガードの攻防すらあまり見せることなく、アタックに動き出すともう抜いているのです。
IMG_8520
しかも多くの場合、極めのセットアップまで完了されています。その極めもバリエーション豊富で、あらゆる体勢から腕十字はもちろんギアリのギロチン、横三角、なんでも一瞬で仕掛けてくるハリケーンのような猛烈さ。
IMG_8469

その圧倒的な攻撃力は、競技が違えどPRIDEライト級王者に輝いた頃の五味隆典選手をほうふつとさせます。

大会後、渡部選手は見事な戦績が認められ黒帯昇格を果たしました。

直近の結果が、強敵オンリーにも関わらず9戦9勝8サブミッションという、フリオセザール・チャベスの全盛期のような戦績を残した渡部選手。

細川顕選手やチャールズ・ガスパーといった全日本優勝経験者や、柔術新聞杯で圧倒的な強さを見せた柿澤剛之選手、そして生き物として同じフィーリングを感じさせる世羅智茂選手と、見たいカードがたくさんです。
IMG_8573今年の柔術界で、大変フレッシュな話題を提供してくれた渡部選手の活躍に期待ですね。
JBJJF東日本選手権の公式結果はこちらで。
http://www.jbjjf.com/2016/05/1817/

名将の咆吼
パトスタジオの西林浩平選手が、全日本ノーギで輝きました。
IMG_8495
歴戦の猛者で、経験豊富な老獪テクニシャンである西林選手ですが、今大会は鋭い攻めを連発。

早い時間からドンドン高速タックルを連発し、ポイントで常に優勢を保ったまま勝利を重ね、階級&無差別の完全制覇を成し遂げました。

今年になってパトスタジオを設立し、自身が中心となって指導に当たる毎日。多忙な日々を送りながらも、日本のノーギ界を長らく支えてきた自負が垣間見える素晴らしいムーブを披露した西林選手、今後の活躍が期待されますね。
JBJJF全日本ノーギ選手権の結果はこちらに。
http://www.jbjjf.com/2016/05/1824/

ギでもノーギでも
今大会は東日本選手権と全日本ノーギの同時開催。

ですので両方に出場する猛者があちこちで見られました。
その中でもエクストリームさで際立っていたのが、X-TREME柔術アカデミー平尾悠人選手でしょう。
IMG_8461
ギもノーギも、しょっぱなから高速ムーブを繰り出し素晴らしい動きを見せていた平尾選手。

大変な僅差での試合が多かった今大会、日も暮れて行われたチャールズ・ガスパーとの柔術試合を見ながら、「すごいな、今日何試合やってるんだろう?」とか思ってたら、今度は向かいのマットでノーギのアブソに参加していた平尾選手。
IMG_8483
ハイレベルな試合を立て続けに見せてくれたことによって、大会全体のレベルが引き上げられたと思います。

また注目された黒帯フェザーはフィジカルスペースの大塚博明選手が見事勝ち抜いて優勝を果たし、黒帯アブリュートはチャールズ・ガスパーが制覇。
IMG_8548
有力選手達が、7月の全日本選手権に向けギアを上げてきましたね。