小林元和先生「伝説の脇さしパス」DVD先行予約開始

 12355249_938811489531441_656548147_n
飛翔塾は小林元和先生、伝説とまで言われたプレッシャー・パス全伝授DVDである「伝説の脇さしパス」がついに完成しました。

ですので、柔術新聞ショップ及びフルフォース・プロダクション・サイトより、ただいまから先行予約を開始させて頂きたいと思います。どうかよろしくお願いいたします。
http://jiuji.thebase.in/
http://shop.fullforce-pro.com/

お待たせして申し訳ありません。
なお、実際の商品発送は12月下旬を予定しております。現在プレス等の製盤作業他を行っております。

いつも先行ご予約頂いてありがとうございます。とても助かっております
先行ご予約特典としては、ショップに陳列される約2週間前にご配送させて頂きます。

そして特典動画のリンクをご送付させて頂きます。

言語化不能技術
特にムリーロ・サンタナやハファエル・メンデスの動きに顕著ですが、パスガードの大事なポイントとして、そもそも相手の得意な体勢に入る前にパスしてしまう技術、いわば先手を取る技術がとても重要です。

スパー映像をご覧になって頂ければ分かるのですが、小林先生もこの部分が非常に秀でており、ご自身も強く意識して修得している部分。
DSC01724

しかしこの技術、膨大な反復練習により考える前に動くという、いわば反射神経に属する部分なので、言語化が難しく、今回は小林先生にお願いして、ムリーロ・サンタナと良く行っていたドリルサンプルを撮影して頂きました。

先行ご予約いただいた特典として、こちらをご送付させて頂きます。

DVDの全貌
DVDの構成として、脇さしパスでヒザを入れられた場合、入れられなかった場合(つまり順方向ハーフからの足抜き)、そしてかみつきパス、TTパスの手順を徹底的に詳解しております。

秘伝を日本人向けに
小林元和先生はご存じのとおりマルコ・バルボーザの免許皆伝。そしてあのムリーロ・サンタナに信頼されるトレーニング・パートナー。

このプレッシャー・パス二大巨頭のディティールを全て網羅のうえ、それぞれの身体能力による部分を、日本人の通常体力に適合させ、」考え抜かれたものが小林先生の技術。

例えば脇さしパスでは全ての手順は完璧に指定されており、プレッシャー与える位置はもちろん、引き手や脇のさし方等を適当にやっていた自分には衝撃そのもの。

プレッシャーパスなのですが、最重要なことは正確な手順とプレッシャポイントで、自分の体重を超えた余計なリキみは全く不要。

自分はここを完全に勘違いしていました。なんかギリギリやってれば良いと思っていました。むしろ力は使わないです。

かみつきとTTパスも
また、ムリーロ・サンタナの得意技として知られるかみつきパス。これって意外と確立された手順を知らないことが多いのではと思います。自分は知らず、「まあ足元にアゴつけて、相手の足の下に自分の足を差し込んで、、、」みたいに凄いなんとなくやっていました。
DSC01726

TTパス、現在はスマッシュパスと呼ばれることが多いパスガードもそうです。そもそも足をキャップすることができないです。

特にTTパスは、小林先生の腰の位置取りを、外部から視認することが非常に難しかったので、涙ぐましい工夫をしております。是非ご確認頂けたらと思います。

そもそもその位置取りも知らなかったですし。もう、こういうのはちゃんと教わらないと分かるないという!

脇さしパスの限界に挑戦
柿澤剛之選手のダイヤモンド・ガードもそうでしたが、フォームというか存在は良く知られている技術、けどそのテクニックをどこまで正確にできるのか?というかディティールの量が違うともはや別の技では?という考えが、自分には常に念頭にあります。

現時点で自分がみなさんに提供できる詳細の極限、つまり小林元和先生の実戦的極まりない技術構成を、紹介させて頂きました。

楽しんで頂けたら本当に嬉しいです。よろしくお願いいたします!

コメントを残す