第5回柔術新聞特別賞発表

第5回柔術新聞賞、特別賞を発表させて頂きます。

特別賞

高松佳孝選手 (リバーサルジム川口リディプス)

池谷雅弘選手 (ラグナロク柔術)

佐藤智彦選手 (トライフォース新宿)

レグナムJAM、大合同練習会、ドゥマウ関西、JBJJF関西選手権、そしてMATSURI等のイベントを含んだ関西柔術

受賞理由・・・高松佳孝選手・池谷雅弘選手・佐藤智彦選手
高松選手、池谷選手、そして佐藤選手は、自身の信念に基づき日本全国あらゆる大会に出場し、国内のシーンを大いに活気づけ、また大会に出場したいと考えている多くの柔術愛好家を勇気づけたと感じました。

これは、柔術新聞賞の理念中、「国内において競技者の活動を大きく促す運動」にあたり、特別賞の表彰に値すると判断させて頂きました。

また高松選手は、2015JBJJFランキングにおいて紫帯1位を獲得するなど、競技上の成果もめざましく、多戦の効果を発揮しております。

これからも是非、末永く頑張って下さい。

受賞理由・・・関西柔術
関西の柔術は、今年1年全ての期間を通して常に話題を提供し、あらゆるイベントで圧倒的な数の愛好家が参加。

その人的な繋がりを起因とする活動のあり方は、全国の愛好家に多大な影響を与え、どうしてもトップダウンに偏りがちなシーンに風穴を空けました。

これはまさに、柔術において人そして経済的な流動を、著しく活性化する運動に当たると判断し、表彰とさせて頂きました。

これからも是非末永く、楽しい柔術活動をされることをお祈りしております。

柔術新聞
岩井洋一
岩井英治

コメントを残す