小林元和「伝説の脇さしパス」・・・かみつきとTTパスを大回転

12366768_941440479268542_875038372_n
先行予約は間もなく終了です。皆様本当にありがとうございます!

~ハーフからの足抜き技術編~
ここでは、いわゆるベーシックに属する足抜きをお楽しみ下さい。

柔術の試合でも、MMAでも、度々見られる型です。まだ柔術はじめて間もない方は、是非基本として覚えてみてはいかがでしょうか。きっと役に立つと思います。

技術を成立させているのはあくまで、先の章で修得したプレッシャー技術です。

二重絡みはずし
この方法はまさにエクセレント。

ハーフからパスされ際に、苦し紛れに二重絡み、良くあるパターンですよね。もう関係ありません。きっちり引導を渡しましょう。

またロックダウンからのスイープを狙う人というのは、上半身殺されるのあまり気にしない傾向があります。ありがたく頂きましょう。

脇させなかった場合
脇さしパスDVDですが、いつでも脇をさせる訳ではありません。大丈夫、脇さし無しのプレッシャー方法をしっかり掲示してあります。

頭が逆に入った場合
DVDを見て頂くと、頭を進める方向がしっかり決まっていることがお分かりになると思います。

しかしいつもそこに頭が入る訳ではありません。その場合のプレッシャーの掛け方も収録してあります。

頭突きパス
喰らうとこうなります。
12289613_1648039945455531_5835012987645055752_n
プレッシャーに加えてこのパスガード、防御できる人は稀でしょう。またニーシールドへも大変有効なパスガードとなっております。

~伝説のかみつきパス~
ムリーロ・サンタナの必殺技

どの方法をもってして「スタンダード」というのか、自分に確固とした持論はありません。

が、足挟んで、相手のもも下に自分のヒザモモを差込んで、腰きりというかバックステップしてパスする手法が、一般的ではないでしょうか。もちろんそれも素晴らしい方法です。

小林先生の手法は、ムリーロから手ほどきを受けながら、現地で完成させた手順。
DSC01726

この手法に習熟すると、高速で出来るため、脇さしで上手く入れなかった場合、こちらにパッと切り替えることが出来るでしょう。

そして、ムリーロ・サンタナ必殺「かみつき⇔TTパス」の地獄の連環を可能にするディティールなのです。

伝説のTTパス
これが難しい・・・。そもそも相手の足を塞ぐのところからして難しいですよね。

意外な所にディティールがあり、自分はまるで違う方法をやっていたからできない事が分かりました。

とても視認することが難しいディティールですが、分からないと全く出来ないので、再現に非常に苦労しました・・・。

具体的にいうと、ヘンな小芝居をやったのですが、深夜のテンションで自分が大ウケしてしまい笑いが止まらず、弟にタッチしました。笑いを堪える自分、大根の弟、それはまあどうでも良いとして、見事撮影に成功した非常に貴重なディティール、是非ご確認下さい。

サンパウロ州1位のスパーリング
これまでDVDにご出演頂いた名手達は、当然みんな目の玉飛び出るくらい強い訳ですが、小林先生も・・・。なんなのという凄まじさ。これを映像化できたのは本当に嬉しいです。

もちろん弟は別に強くないですけど、当然ながらガチで行かせてます。別に適うとは全く思ってませんが、それなりの圧の中でないと、技の説得力が分からないからですね。

いつのまにか入ってる脇さし、超高速かみつき・・・。

説得力を是非ご確認下さい。

いかがでしたでしょうか。

年末の発送作業がなかなかHELLなのでもうすぐ終了ですが、先行予約を頂いた場合ですと、クリスマス直後くらいには発送できそうな見込みです。そうでなくても来年お中旬くらいには一般発売を開始できそうです。

早くみなさんに見て頂きたくて仕方ありません。
IMG_6016
どうか楽しんで頂けますように!

 

コメントを残す