朝刊柔術新聞10月4日版・・Shinya Aoki’s straight footlock

青木真也選手のアキレス
Shinya Aoki’s Straight foot lock

DSC01719

青木真也選手のプライベート・レッスンを受講しました。非常に素晴らしいので、是非みなさんと共有したいです。
I had the opportunity of Shinya Aoki’s instruction. It’s really great. So I want to share it with everyone. Let’s go!

大前提フォーム・・・足のどこをホールドするの?
Basic Form・・・Where should I hold of his foot?

まず足の捉え方。よくある間違いは足のこの辺をホールドすること。
A common mistake of straight footlock is holding this point.
DSC01663
ここを圧迫しても、足首から下か自由に動いてしまい、極められません。
If you press this point, Foot below ankle is free yet so you can’t get tapout.

押さえるべきはここ。ここに強い圧をかけます。
You should hold this point. very tight.
DSC01665

足首を捻挫するときの事を考えてみて下さい。同じ状態を作り出してあげればよいのです。
Imagine when you get sprain your foot. We should make same situations.

例えば真っ直ぐ足首が伸びた状態で転んでも、ケガをするのは足首ではなくつま先でしょう。指への攻撃は禁止されています。
If you fall down with foot straighten, Your hurt is toe fingers. Attack to fingers directly is illegal.

我々が足首をケガするのは、内転、つまり捻ったときです。この状態を作ってあげなくてはいけません。
When we sprain ankle, Injured is from adduction, twist. So we should make this situation.

そのためには足首から下が自由になってはいけないのです。足の甲の部分を指ごと上から圧するように、押しつぶして脇でホールドし、捻ります。
So You should not to free his foot below ankle. Hold over his instep and fingers with your arm pit very very tight and twist it.
DSC01672
この圧が強力でないといけません。青木選手がやると、このホールドの時点でもうタップ寸前です。
This press should be strong, When Shinya do this to me, I want to tap because his hold is too strong for me.

アキレスは、クラッチを組む前に、この脇ホールド、これが正しい位置を強力に圧しているのが大前提なのです。
If you want to do legit straight foot lock, You should hold right point and do with very tight pressure before you grab your hand and make clutch.  

脇ホールドのやり方・・・肩の位置
How to tighten your hold, Especially positions of your shoulder

この大前提ホールドをしっかりするためには、両肩を下げて並行にして脇を締めなくてはいけません。
When you go tight hold with your armpit, Down your both shoulderes and be in parallel position,
DSC01668

よくあるミスがこういう感じに、片方を上げて足首をかき切るようにして、足首の上あたりをホールドするものです。これは人間外の怪力でないと上手く作用しないでしょう。
Another common mistake is like that. one shoulder high, one in low. If you have wild big animal power, It will work. But everyone has not such power.
DSC01667

わきの下に全部の力を伝えるためには、両肩を落として、身体を縮こませないといけないのです。絶対に反ってはいけません。これも良くある間違いです。
If you want to send your all power to your armpit, you should down your both soulder, and shrink your body.Don’t warp your body. this is common mistake too.

オッス極め
Finish, Submit, You win 

今までの大前提ホールドが、正しいポイントで行われていれば、足の組み方は自由で問題ありません。相手の足が動かないように、にきっちりプレッシャーを与えましょう。
If you do basic hold with right way in right point, You can choose every leg hold way. Only do tight pressure to opponent’s leg for fixing.

横向きになり、頭をつけ、身を縮めるようにして線方向に身体全体をよじり、極めて下さい。弟の超高速タップが見えますでしょうか。
Turn aside, Head on ground, and do sub in the direction of white line with shrinking your whole body, not warp. You can see my brother’s fastest tapout from this pic.

DSC01677

ちなみに青木選手がやると、こんな段階になるずっと前、ホールドしてグイっと横向いただけでもう全然ダメで高速タップです。
In fact, If Shinya Aoki do, Not coming this phase, We must tap out only Shinya holding and look aside. Because first basic holding is so strong.

圧するポイントが、自分が知っていたのと全然違っていたというか、そもそもそんな細かく考えていなかったので、本当に衝撃でした。

というか極めの仕組みが、自分の考えているのと全然違ったです・・・。

「アキレスというけれど、アキレス腱を極めることはできないし、足をいくら真っ直ぐ伸ばしても痛くはならない。固定した上で内転させるのです」
“You can not submit to achilles tendon. and with leg straighten.
Fix and twist it.”  

次回は青木真也選手によるアキレスの防ぎ方を紹介したいと思います。
Next is Shinya Aoki’s straight footlock defense.
That’s right folks don’t touch the dial !!

コメントを残す