夕刊柔術新聞8月28日号・・・BIGBANGスンリは柔術狂

MY HEAVENをみつけたBIGBANGスンリ
tumblr_inline_ntletjaFXc1t3kr49_1280
このベリンボロ、誰あろうBIGBANGのマンネ(末っ子)であるスンリのもの。EMICさん運営のこちらのタンブラーには、他にもスンリの柔術練習の様子がたくさん載せられています。

普通に我々の知り合いフェイスブックでよく見るあの感じ!まるっきりあの感じ!
http://u000u.info/nySG
(こちらは韓国기리관장さんのブログ記事の紹介&翻訳です。翻訳は必ずしも正確でない場合があります。よろしくお願いします)

スンリ、今やスケジュールに3時間ほど間隔があれば道場に飛び込み、遠方に行く用事があれば現地の道場に突撃を繰り返す、なんか凄く親近感を覚えるライフスタイルだそうです。

身体もどんどんデカくなって、やたら半袖やノースリーブを着るように。細身が好きなファンの心中は複雑とも笑。

BIGBANGはある時期、髪型や髪色を新しいのに変えるため、公衆の面前ではそれを一生懸命隠していたそうなのですが、
o0616061713270328415
同時期、スンリさんは見事ミッション失敗!
o0630063213270329845
隠す気ないでしょ!コブリンヤとツーショットならそういうの忘れちゃいますよねー。

「初めは自分を恐れていたスンリだが、ブラジリアン柔術を習い始めてからは堂々と遅刻するようになった」とリーダーに言わしめるスンリさん、これからも頑張って欲しいですね。

美しき武闘派柔術家のオンデマンド教則
Screenshot_51

2015ムンジアルを黒帯で完全制覇し、ウーマンリブ闘争にも果敢、今柔術界でもっともアツイ女性の一人であるドミニカ・オベレニテが、20ドルほどの安価な教則をリリース。

ドミニカはギ有りでラバーガードのようなガードを多用する珍しいスタイルですが、その「ラバースパイダー」とそこからの「ドモプラッタ」を解説したのがこちらの教材。
http://u000u.info/nyX2

ドミニカと対戦する選手はいっつもこれで動けなくなっているので、ご興味ある方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

中部で貴重な日本人主催大会「CJCT.13」開催
http://bjjplus2013.blogspot.jp/2015/08/96-cjct13.html?m=1
9月6日、露橋スポーツセンターで今年はCJCTが開催!
お申し込みは8月31日まで。中部は日系ブラジリアンの勢力が強大ですが、日本人主催の大会も是非盛り上がって欲しいですね。

もし参加にご興味がありましたら、お申し込みはこちらのHPから
http://cjct.jp/

今日の動画・・・アーメリカンネクタイ
柔術、もしくはキモノを着ないでやるグラップリングには、やたらと「なんとかネクタイ」という技が多いですね。

こちらは遂にでたアメリカ版。

「Armerican Necktie」だそうです。シャレてますね。

術者はゴーコー・シヴィシアンの流れをくむカーロ・パリシャン。
シンプルですけど理に適っていて、ブランニューを謳っているわりには柔術家にもすぐ取り入れられそうな身近さ。ダースと違って順手のまま極められるのが素晴らしい。

夕刊柔術新聞8月26日号・・・愛の横三角

中村大輔選手のツキイチ・セミナー
11863442_1671218553112468_5851399663340733564_n

8月30日は中村大輔選手のツキイチセミナー。
中村選手のインストラクションは、受講できる機会があったら逃さない方が良いと個人的には僭越ながら思います。
今回はバックテイクとバックエスケープ、現代柔術において最重要な局面を攻防一体で!

アブダビ・グランドスラム
https://www.uaejjf.org/event/info/173
+99・・・エルバース・サントス、ルシオ・ラガルト

-99・・・マイク・ファウラー、ファイサル・アル・ケトビ、グレゴー・グレイシー
-88・・・クラーク・グレイシー、マルキーニョス・ソウザ、
ー77・・・ホドリゴ・カポラル、ホベルト・サトシ、セルソ・ヴィニシウス、クレベル・コイケ
-69・・・チャールズ・ガスパー、塚田市太郎、大塚博明
-62・・・パウロ・ミヤオ、江崎壽、山田秀之

ざっとまとめですが、現在出場選手リストが見れないので不正確です。
きっと更新があると思うので、是非チェックしてみて下さい。

有名選手が本当に来るのかドキドキなのと、トッキーニョ・レベルの不穏さを見せるエルバース、ハーフのまま3点入るファイサルを生で観れるのが個人的には感動ポイント。

江端講平セミナー終了
おかげさまで大好評だった江端選手のセミナー
jJk31p4uxxIwuUz1440592088_1440592098
素晴らしいセミナーでした。セミナー前から柔術界を騒然とさせた圧倒的な下準備、説明も的確、そしてさすがの難易度。

ラペルガードはもうそんなに新しい技術ではないのに、未だに分からないことが多く、「ここで江端選手にきっちり教えて貰わなかったら、国内でラペルガードは埋もれてしまっていたのでは」と思いました。

江端選手、そしてご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。
SYgXOT7sZEuZRsU1440592117_1440592125
いつかラペルセミナーの、より基本というか、導入段階用のもやりたいと考えています。

九州でなぜか関東対決
Giアマ九州が開催。
http://www.if-pro.com/taikai/gi/2015/south/index.html
エントリーを見ると、九州の選手に混じり、紫ルースターでなぜか高松佳孝選手と佐藤智彦選手が。

現在国内全階級の中でも特に熱量を帯びている紫ルースターですが、その熱を支えているこの2選手が、これまた独自の熱を見せる九州の地で、輝くことができるのでしょうか!戦いぶりに注目です。

大会後は鍵山士門選手のセミナーがあるんですよね。海外では主流も国内では貴重なリバースハーフ系パスの使い手、ご興味ある方は是非ご参加されてみてはいかがでしょうか。

今日の動画・・・愛の横三角
jiujitsu
ブラジルはべレムのナイトクラブで、女性が男性をサブミットする事件が発生。
http://g1.globo.com/pa/para/noticia/2015/08/mulher-finaliza-marido-para-impedir-briga-na-porta-de-boate-em-belem.html
動画・・・https://twitter.com/belemtransito/status/635288512485564416

その理由はなんと「クラブで起こった乱闘に彼氏が参加するのを止めるため」というもの。

「世の中広いな」という感想しか出ませんが、女性がちゃんと夜遊び風のイケてる格好なこと、技がやたら高度なこと、男性がメッチャ強そうなのに動きが鈍くなっていること、周囲が「ねえ、もうやめなよ・・・」って止めてるのに、女性は絶対ほどかず絞めなおしてること、もう色々なんなんだよって感じですね。