左右トレアナ対処「裏つっかえ棒」登場!!柿澤剛之ダイヤモンドガード・セミナー、コンテンツ決定!!

kaizawa_diamond
柿澤剛之選手「ダイヤモンドガード・セミナー」の詳細が決定しました。

今回はDVDもそうなのですが、セミナーコンテンツも柿澤選手と共に内容を練りまくっているので、発表が遅くなり申し訳ありません。

しかしセミナー受講でわざわざ現地まで来て頂ける方へ、喜んでもらえるコンテンツを決定することができました。

ていうか「なんでDVDに収録してないの?」って僕も思ってしまう物があり、その理由もまた柿澤選手らし過ぎるのでぜひご注目を!

~裏つっかえ棒~トレアナで左右に振る人への対処

これはトレアナ等で右に行くと見せかけて、逆にパスをしかけられるという非常に良くあるケースへの対処法です。

こんなのみんな知りたいに決まってますよね!!
振られちゃうと体勢が偏っているので、対応できずパスされた経験なんて数知れず。

しかし柿澤選手はこの状況への秘策である、DVD大原則ムーブの肝となった「つっかえ棒」の亜種「裏つっかえ棒」を持っていました。

ていうかなぜDVDの時にやらなかったか聞いたところ「DVD製作後に自分の中で固まり、人に説明ができる状態になった」とのこと。

これくらいクオリティへのこだわりが無いと、コブリンヤなんて止められないのでしょうね。

これを食らったJTが試合後「ヘイ、あの足の使い方はなんなんだ??」と聞いてきた秘儀裏つっかえ棒、是非ご興味を持っていただけたらと思います。

フレームガード

これはDVD中ではあまり分量を割かなかった、「腕をフレームとして使う防御方法」の正しいやり方です。

柿澤選手みたいな達人は別でしょうけど、普通の人はガードでほぼ絶対腕使いますから、この補充コンテンツはありがたいですね。

ダイヤモンドガードを手渡しで

上記の追加コンテンツも含めて、今回のセミナーはパスアタックを止めてパスさせないようになる事が目的です。そのためにまずDVD中で「大原則ムーブ」と呼ばれている、パス防御の最深部マスターを目指します。

これは柿澤選手が自らパスを仕掛け、時間の都合もありますが参加者様全員のフォームをチェックし、アドバイスしてくれる予定です。お一人様ずつ丁寧にフォームの修正や身体の動かし方を見てくれることでしょう。

このセミナーは、技術の渡し残しが無いようにしたいという柿澤選手の強い要望により、参加者の方々一人一人に密着してインストラクションする度合いが強くなります。

近接というとなんかおっかなく感じる方もいるかもですが、柿澤選手は実際会えば3秒で分かりますけど、非常に謙虚で丁寧、そして超が付くほどの良い人。

そんな名手との距離が詰まった受講は、きっと素晴らしく心地よい柔術体験になるのではないでしょうか。

セミナーは1月18日、足立区の東京体育館で午後5時20分頃から8時20分頃まで行われます。(ポスターに「5~8時」とありますが、予約の都合でちょっとだけ時間移動しました)

ご興味ある方は是非お問い合わせ下さい。
セミナー参加権はページ上
「柔術新聞ショップ」か下記ショップよりご購入頂けます
http://jiuji.thebase.in/

よろしくお願いします!