柿澤剛之ダイヤモンドガードDVD、完成間近!!!!

写真 (78)
柿澤剛之選手DVDが、近日中に発売できる運びとなりました。
早ければ年内、遅くとも年始には発送できる見込みです。

このDVDは、ガードをストップすることに特化している作品です。
つまり「パスされない」ためのDVDですね。
この方針というのは、待望であった方々も多いのではないでしょうか。

色々なガードフォームを試したいけど、そもそもそこに行くまでにパスされちゃう、柔術始めたばかりの方にはとても良くある悩みですよね。

そしてその難しさというのは黒帯世界トップレベルにまで通ずるもの。パスがヤバイ相手にガードが取れない&決壊されてパスされちゃう、これはレベル関係なく全選手共通の悩みでもあります。当たり前ですね。

しかしその悩みは柿澤選手には無縁のように思えます。なぜなのか?
これを探ることが、DVD製作のモチベーションでした。

柿澤選手はガードを取るときに、原則としているフォームがあるのです。このDVDではそれの解説、そして効率良いその修得方法と、「トレアナパス」「ニースライスパス」「担ぎパス」「レッグドラッグパス」への適用法を掲示しています。

これはつまり今現在、全世界の柔術スパーリング及び試合で使用されている99%のパスガードへの対処法となります。

柿澤剛之(ピュアブレッド大宮)vsアウグスト・タンキーニョ(ソウルファイターズ)

 この試合でも柿澤選手は基本的に、原則フォームを軸に防御を組み立てています。しっかしタンキーニョ、爆弾みたいなパス連発してますね。

それでも柿澤選手のガードは一向に崩れる気配を見せません。
恐ろしい適応能力です。

柿澤剛之(ピュアブレッド大宮)vsフーベンス・コブリンヤ・シャーレス(アリアンシ)

これは本邦初公開動画。橋本欽也さんが撮影したものを、許可をいただいてYouTubeにアップしました。

コブリンヤとここまで競れる日本人がいたとは・・・。コブリンヤ完全に困ってて、パスできる気配がありません。柿澤選手はここでも原則フォームからの組み立てを見せています。

柿澤選手は試合で、しかも国際舞台でコブリンヤやタンキーニョと言った世界最強選手相手に、自身のガード技術を立証しています。

これはとりもなおさずその方法論が、最終的には世界トップレベルにまで通じる正しいものである、と言えるのではないでしょうか。

DVDを購入して繰り返し練習する技術というのは、何年経っても色あせることなく、そしてどんな相手にでも通用するものであるほうが嬉しいに決まってますよね。

柿澤選手は自身のテクニックが間違いなく永年保障であり、どんな相手にも適用可のクオリティであることを証明しており、それを今回のDVDへ完全に詰め込めたと考えています。
写真 (86)

こんなムキムキでなくとも使えるのでご安心下さい!

そしてこのDVD、1枚通して見切りやすくするために、なるべく収録時間を短縮しました。個人的な経験から、DVDって長くても全部見れないんですよね。

読書とか勉強でもそうですが、1冊読みきって全体を把握すると、部分部分の把握つまり「何がどこにある」ということが、あらかじめ全体地図が出来ていることから判別しやすくなりますよね。

これは直接に理解のしやすさに繋がります。

このDVDのムーブ及びフォームは、柿澤選手レベルではもちろん至難ですが、特殊な体勢になったりとかはほぼないので、初心者の方にも是非修得して頂きたいのです。その為にも、極力DVD丸ごと1枚記憶に残るような構成としたかったのです。

週明けには先行予約を開始させて頂いて、初回の製作枚数を判断したいと思っています。そしてこのDVDの収益の一部は、当然マッスルです。

相手にパスをされない技術に興味がある方、是非ご予約いただけたらと思います。どうかよろしくお願いします。

コメントを残す