マッケンジー・ダーン技術研究 体格差を埋めるもの

マッケンジーが本当に来ちゃう

いよいよ11月1日土曜日に、マッケンジー・ダーン「Strongly,Rightly, and Beautifully」セミナーが迫ってきました。

マッケンジーのバックボーンはグレイシーウマイタ。ウマイタといえばシンプルなフォームで激深の技術が特徴ですよね。

僕がなぜマッケンジーのセミナーを決定したか、それは「力に頼らないベーシック技術」が見れると思ったからに他ありません。

べーシック技術の仕上げ方


これは今年のダラス・オープンでの試合。
マッケンジーはこの大会、見事階級別を制しましたが、動きがビックリするくらい速くて、しかも手順が完璧なのです。ヤバイですよ。ダテに19でウマイタの黒帯取ってないです。

冒頭、柔軟な股関節を活かしてすぐにニースライスの足を相手のガードに乗せ込んでしまっています。

そして相手の脇を深く挿しすぎないよう、良く考えられた位置に腕をおいてポジションを固めていますね。

相手はディープに逃げようとしますが、マッケンジーのヒザの乗っけ方が上手で既にヒザが抜けている状態になっており、そのうえ上半身を殺しきってお尻をとても高く上げているので、大変不利なディフェンスを強いられています。

身体はとても小さいマッケンジーですが、力に頼らない大変見事なプレッシャーのかけ方、そしてとにかくセットアップがスピーディで、相手がリアクションする前に形を作ってしまっていることに注目です。

パワーで後からごまかしたりできないため、ポイントを一度の動作で完全に押さえ切る技術が必要になってくる訳ですが、マッケンジーはそれをあっという間に遂行してしまっています。

そして2分10秒過ぎ、見事に完パスするのですが見て下さい。相手の首から肩のラインを、黄金の三角形を形作って一分の隙も見せずに塞いでいます。これぞまさにグレイシー・ウマイタの真髄、完璧なベーシック技術ではないでしょうか。

この小さな身体で相手の腕も引いていないのに、相手は全く返せないですね。パス際に色々されちゃうことって多いですけど、それってこういう事がちゃんと出来ていないからではないでしょうか。

そしてパスしてからすぐに、逆サイドorキムラの定石を狙っていますね。このまたぎ方もビューティフル。

同じくウマイタはホイラーの黒帯であるシャンジ・ヒベイロが、逆サイドの十字やノースサウスのキムラを狙うときは「相手の手前側ワキを制せ」としきりに強調していましたが、マッケンジーは細心の注意を払って最後まで制しきっていることがお分かりいただけると思います。

キムラは相手が頑張ったので、力で無理押ししたりせず逆サイドのバックに切り替え。これも上半身を完全に殺しているので難なく成功し、絞めで一本勝ち。

個人的には最後の絞めにも注目です。ボウ・アンド・アロウを使っていません。

サウロ・ヒベイロはじめウマイタの選手っていつもではありませんが、現在バックチョークの主流であるボウ・アンド・アロウの体勢にしないで、両手でしっかり襟つかむ絞めを多用する傾向があると思います。これも何か理由があるのかもしれませんね。

マッケンジーの完璧な試合運び、特別な技術や体勢を使わずとも、今すぐ気をつけられるポイントというのがベーシック技術にはたくさん隠されており、そしてそれは力に頼ったものではなく、速度と正確性によることが分かると思います。

そのポイントを是非教えてもらいたいと思っています。

サイドアタックと末端への攻撃

こちらはダラス・オープン、相手の強烈なタックルから体勢を崩したマッケンジーはバックまで取られ、大変な苦戦を強いられています。

しかしそこからガードに戻すと、その後は猛攻を開始。8分30秒から、凄まじく煽り倒して相手の左足に付きます。

この動作がとにかく速く、そして正確なので相手が反応できていません。あっという間に膝十字のセットアップを完了して1本勝ちです。

相手の片側を攻めるこの戦法はマッケンジーの常套手段で、小さな身体で相手の重心を崩す術を熟知しています。

そして足関節による1本が多いのも特徴。少ないパワーを効果的に使うため、相手の末端を狙うことを徹底していますね。

というかマッケンジー、1本勝ちが凄く多いんですよね。そういうのにはやはり理由がありますね。

けれど正体はヤングなガール


マッケンジーのベーシックが完璧なもので、それによって体格&パワー差を無力化していることは分かりましたが、さらに上積みを持っているのが名選手たるゆえん。

アメリカン・ナショナルズの決勝では、いきなりベリンボロでかっ飛んでます。その後50/50の攻防も上手く対処し、インバーティド・トライアングルのようなセットアップで見事な1本勝ち。

女性の強豪選手は三角が上手な人が多いですが、マッケンジーもその一人ですね。柔軟な身体を活かしています。自分の体の特徴を知って、無理をさせない勝ち方のルートを持っているのだと思います。

これを日本で

日本人柔術家は、僕も含め身体がそこまで大きくなかったり、力も向こうの人みたいに強くない人が多いですよね。

マッケンジーが示したような正確なベーシックの有効性は、まさに僕らのような身体能力で優位に立っていない人間が修得すべきものだと強く考えています。

特に軽量級の柔術家の方は、是非一度色々なポイントを確認して頂けたらと考えています。

そしてその必要性がより強いのが女性の柔術家の方ではないでしょうか。

やはり身体能力を同じくする、つまり女性のトップ選手が掲示する技術と戦略は、取り入れるにあたって身体能力を勘案した修正を入れる必要の無い、つまりそのまんま使える即戦力技術であると思うのです。

女性のトップ選手は中々来日機会が無いので、ご興味ある方は是非ご検討下さい。セミナーがどういう感じか感触を知りたい方は是非是非僕の方までご連絡頂ければと思います。即決の必要とか無いので、内容をご説明させて頂きます。

どうかよろしくお願いします。

コメントを残す