2014全日本オープンpart1・・・・青の時代到来!!青の洞窟を探検せよ!!! 

国内転換期到来

新生カンペオナートこと全日本オープンが終了しましたね。
lljapannogikidsposter
杉江アマゾン大輔選手をはじめ、加古拓渡選手、山田秀之選手、そしてチャールズ・ガスパー選手ら、人気があって華もある強豪選手が参戦してくれたおかげで、我々柔術ファンは非常にハイレベルな試合を観ることができました。

アダルト黒帯は2試合とも、本当に素晴らしい試合でしたね。

そしてこの華やぎは黒帯選手にとどまらず、茶・紫・そして青帯の選手からも熱源光となって放射されていたことを特筆したいのが今回の記事の目的でもあります。

後で述べますが、これは日本の柔術界においてとても象徴的な意味をもっていると思います。

それにしても注目の帯階級がたくさんであることは素晴らしいですねー。

君は筋肉の鎧をもっているか

まず大激戦の花形階級であるアダルト紫帯フェザー級は、CARPE DIEMの中村浩士選手が制しました。
32787633264190212623n
決勝ではドラゴンズ・デンの櫻井徹也選手と対戦。

我が弟も1回戦で櫻井選手と対戦しましたが、彼は最初のダブルアンダーで背中が地面から浮くのを感じ、以降は生命の維持に専心。その方向では見事目的を達成できたといえますが、試合という観点からすると何がなんだか分からない程圧倒的な力量差で押し潰されるという結果となりました。

中村選手はそんなとんでもない強豪相手に見事なトップゲームを見せて勝利。一分の隙間も残さない圧力の掛け方はアマゾン選手を思わせるもので、連日大会に出場している疲労等は一切感じさせない素晴らしいものでした。

この傾向は海外だと以前から見られているものですが、もう国内においてもアダルト紫くらいだと、有名MMA選手とか常人でない身体能力を持った選手が混在しているので、コンディショニングをしっかり整えて出場しないと危険であるということが言えると思います。

向こうはマット・リンドランドが紫シニアにいて相手殴ったり、青帯でケイン・ヴェラスケスが相手ふっ飛ばしたりしているので、まさに命に関わります。
method=get&s=matt-lindland-12-20-11-10-18-57-450

レベルが上がるのは喜ばしいことですが、その分パワー差体格差に関するケガ等へのリスクもきちんと把握しなければなりませんね。UFCの選手が30キロ近く体重落としてるのは伊達ではないということですね。それはそれで別の危険がありますが。

そして準決勝で、この中村選手からガードを守り切ったX-TREME海老名の和田敏宏選手のガード技術も強調すべきでしょう。柔らかさと強さを兼ね備えた、非常に堅固なガード技術を見せてくれました。

また同じく激戦区である紫帯ライトフェザー級では、トライフォース五反田の伊藤英元選手が見事優勝。常に海外大会で好成績を出す勝負強さがあらわれていたと思います。

そして過酷な紫帯アブソルート。ここで数々の強豪を打ち破り、フェザー級であるGSB松本直行選手が優勝するという快挙が起きました。

松本選手と言えば加古拓渡選手譲りのテクニカルなガードが印象的ですが、アブソでは強力なパサーとなって大変な攻撃力を発揮し、見事カンペオナート・アブソルート王者に輝きました。

いざとなったらあらゆる所で生活できる攻撃的な生命力を、柔術という場に変換させて見事カンペオナートという大舞台に発揮させた松本選手、新生「リバーサイド」柔術に今後も目が離せません。

そのもの青き衣をまといて

そして今大会、非常にシンボリックな階級となったのがアダルト青帯。
この日に青帯選手達が放ったまばゆい輝きは、国内柔術の転換期を象徴するものとして記憶される事でしょう。

まずはルースターでニュースターがドバー!!!リバーサルジム東京スタンドアウトの尾崎顕選手。
非常に見事な技術を駆使してトーナメントを勝ち抜きました。

そのスタイルはこれまでの青帯からは考えられないもので、ベリンボロやキス・オブ・ザ・ドラゴンを実用レベルで自由自在に繰り出すというもの。紫帯のトライフォース澤田伸大選手のスタイルに近いかもしれません。大変な大変過ぎるテクニシャン。

しかも尾崎選手はキワの攻防も無理押ししたりせず、全て技術的に処理するという、まるでジェフ・グローバーのような技術レベルと目的意識を持って戦っていたことが衝撃でした。

アブソルートでは勇敢にもドンキーを繰り出し良い形に。我が弟も試合前は「ドンキー出すから」とか吹いてましたが、櫻井選手と対峙した瞬間にそんな考えは吹き飛んだようです。

また、そのアダルト青帯アブソルートを大変な強さで制覇した毛利部慎佑選手の強さも輝いていました。リバーサルジム川口リディプスからは今回、高松佳孝選手と毛利部慎佑選手というフレッシュな強さで評判の2選手が参戦。

その中で見せた毛利部選手の強さは強烈な地力を感じさせるもので驚異的でした。めちゃくちゃ強い!!!!!

そして今日はさらに、みなさんにご紹介したい選手が。今大会に出場した訳ではありませんが遂に現出した青帯戦国時代の流れを受け、柔術新聞の目の玉を飛び出させた選手をレットミーイントロデューストゥーユー!!!!!!

2014JBJJF全日本選手権、青帯ライト級を制したブレイブハート福島の渡辺和樹選手。

この選手はガチヤバイです!!超逸材!!!もうなんかヤバイ強いんですよ。今後の注目はマストオブマスト!!!

1411016106402
渡辺選手は現在紫帯であるようなので、今後強豪ひしめく紫ライトにおいて大暴れしてくれるのではないでしょうか。

いやーはんぱない強いですよ・・・。
こんな青帯選手達が出るなんて世も末ですよ。

時代はまわる

「最近茶帯には、黒帯に負けないような面白い試合をして、強い選手がいる」的に言われはじめたのは、つい最近だったような気がします。

海外ではミヤオやキーナンに代表されるバケモノ色帯が次々に現れ、その流れは国内にも波及。今や紫帯の試合が面白いことなど誰でも知っていますよね。

その流れが遂に青帯に及んで来たような感想を個人的には持ちました。

「期待が持てそう」とかではなく、ムーブに対してストレートに「なんだこの選手???」と驚いてしまう選手が現れてきたということですね。

恐ろしい世の中になりましたね・・・。
そのうち海外みたいに、キッズでもそういう選手が出てくるのでしょうねー。

以降はパート2で!!