Japanese BJJ Federation JBJJF dicided to do drug test

Highly interesting decision was down in Japan.
JBJJF (Japanese BJJ federation) set to drug test in Japan.
http://jbjjf.blogspot.jp/2014/09/blog-post_50.html

It’s a epoch-making for Japanese BJJ comunity of course, and I think also for all BJJ scene around the world. Nowadays, BJJ comunity has ton of bad drugs as everyone knows.
Deca-D100mg__48635

I have a friend who is a blackbelt and once he competed at some World famous top class tourney. At there he went to a group training session, and he saw top BJJ guys include many world champions at there and everyone sat down in circle and did a shot at their butt or by oral , and they said “we come here not for lose, for win.”

What win??  

And after the game, my friend took off jacket of the gi and sat there, An american fighter came up to him and said “Hey, were you lose?” “You are very thin, Are you blue belt?” My friend said “Black belt” to heard that, the man said “What? really? such a thin body, Black belt? don’t you use Bomba? Are you kidding? Don’t you want to win?” My friend felt so bad and a battle almost happen between he and the man.

My friend has very good physical but he is clean and not bulky body by nature. So he doesn’t seems like a kind of world champion who has ultra bulky body.
child-muscle-chest-shirt
Why some peoples think not using is not want to win.

Sometimes a very very curious situation can happen in fighters world. Like “Doing roids is for win, It’s not so bad, It’s for win” And it gradually turns into “It provides fighter’s livelihoods. Bad is a poverty.” “Using drug is a proof of effort , It’s a courageous deed” “Why don’t you use?”

No no no, Nanook no no!! Don’t be a naughty BJJ fighter!
zappa
Bad is bad.  Don’t eat the yellow snow !

If BJJ is a competition for penance or compete amount of body damages,
They should do voodoo. and it’s not a sports.

So Japanese Federation JBJJF decided to start drugtest
It’s only a one step but a big step.

Felipe Costa always helps our movement.
felipe
(Photo by Mike Calimbas)

And Master Caio Terra who oppose the using drugs for a long time gives message for BJJ world.
caio

“A clean sport is the first big step to the growth of Kids BJJ, who are the future of our sport.”

Where is a parent in this world want to make their son or daughter do such a dirty sports?
Spreading drug kills our beautiful and joyful sport’s future.

Caio Terra, Rodrigo Comprido and Felipe Costa always fights against such a bad habit.

I think fight against drugs in America and Brazil is so hard.
Hats off their real courageous deed.
set13-campcancun-055

Thank you for reading my very very poor English.

Sincerely
Yoichi Iwai
柔術新聞 

クラウディオ・カラザンス「カラザンス錬法・筋法・術法全部」セミナー開催!!!日本初!!!

あのクラディオ・カラザンスがアジアオープン参戦のため来日し、前日にセミナーを開催します。
CCCCCCCCCCCCCCCCCCC
アブダビ・ワールドプロを4度制覇し、しかもブラウリオ・エスティマを破ってアブソすら取っている強豪中の強豪です。

Mundial-Pro-2010-em-tempo-real-na-TATAME_1
カラザンスといえばATOS最新技術を完全搭載したトップファイターであり、そのうえに全壊しモンジバカやキス・オブ・ザ・ドラゴン、戻りギロチンといったトレードマークの必殺技を持つ現代最高峰の名手。

とんでもない強さですね。
上も下もブリバリです。特にモンジバカは痛そうですね。
カラザンスに全力で手首極められるとか悪夢でしかないです。
そしてギ有りでここまでギロチン極められる人ってあまりいないですよね。

そのうえ柔道一家に生まれた柔道三段でもありレスリング・ブラジル代表経験もあるという、見た目どおりの猛者過ぎる猛者。

このBJJ HACKSによる一連のカラザンス・ドキュメントは、彼が試合で見せるとおりの大変な技術者であり、しかも見た目とは違って素朴なナイスガイであることを明らかにしてくれました。




いやいや、まさに柔術と共に生きて、家族と柔術以外に多くを望まないというナイス・ライフスタイル!!
そしてテクとトレーニングがはんぱない!!!

そう、カラザンスといえばATOSの筋肉隊長として、あらゆる最新トレーニングに精通するマッスル・マシーンとしても有名ですよね。

有名なカラザンス隊長のATOS筋トレです。
キツそうですねー。

現代柔術家の中でも、ここまであらゆる能力が高い人は稀なので、今回のセミナーはスペシャル・パッケージにしてもらいました。それについてカラザンス選手から、日本のみなさんにメッセージを貰っています。

「やあみんな。今回はまずウォームアップ用のATOS式ファストドリルから始まって、クローズドからのリストロックキス・オブ・ザ・ドラゴン(o beijo do dragao) そういったガード技術からはじめていって、パスガード、極め、そして凄いバックテイク・・・、俺の技術全部見せるよ!そしてなんでも質問してくれ。君の柔術を更に良いものにするために役立ちたいんだ。みんな来てくれよな!」
calasans
この「全てがトップクラス」という特徴を活かし、セミナー・テクニックも上から下まで通常よりたくさん教えてもらうことにしました!!!これは楽しみ過ぎます!!!!!

日時・・・11月7日(金曜日)PM7~PM10
場所・・・IMPACTO刈谷本部道場
料金・・・7500円

ご興味がある方は是非、ページ右の「柔術新聞ショップ」か、もしくはこちらhttp://jiuji.thebase.in/から参加チケットをお買い求め頂けたらと思います。

どうかよろしくお願いします!
cla1

パスガードレクチャー決定打!!!中村大輔選手パスセミナー開催!!!欲しい技は真の名手に聞け!!!

ジ・グレートジェネラル・オブ・ジャパニーズBJJ、日本最強の攻撃力を誇る中村大輔選手が、そのものずばりの待望パスガード・セミナーを9月28日に東中野で開催します!!!!
NNNNNNNNNNNNNN
このセミナーは前回のものがあまりにも素晴らしかったため、関東の柔術家からはずっと待ち望まれていたものでした。

中村選手のパスガードは、間近で見ると「ボカン!!!」と音がするほどの威力で、みなさんご存知のようにそれを防げる人はほとんどいない、江戸幕府における黒船来襲のように決定的な威力を誇っていますよね。

しかし前回の墨田区総合体育館で開催されたセミナーでのインストラクションにより、まさにディティール固めの技術であることが判明し、参加者の間で衝撃が走りました・・・。

真のパスガード名手

これを学べる機会というのは、逃す手はないと思います。パスガード本当に強い人って、日本だと少ないですからね。
しかも中村選手は、一般的によく使われるパスガードに関しても、ちょいとイジると成功率があがるポイントを熟知しており、そういう貴重な知識も是非是非吸収しておきたいところです。

例えば白帯・青帯だと、上になった状態でパスガードがしっかり強ければ、それだけで試合での勝率というのは跳ね上がりますよね。これは逆の言い方をすれば、上でパスできないと、負けパターンであるという事です。中村大輔選手のディティールを得れば、この分野で遅れを取るということは稀でしょう。

レベルが上がるほど

そして紫帯以上になってくると、相手のガード技術が格段に上がって、試合中でパスガードが決まる確率というのはグっとさがります。

ディティールの誤った方法をしていれば、それらが改善される可能性は少ないでしょう。自然に治るものではないですからね。
最近イマイチ攻撃力に自信が持てない、どうもパスガード自体が分からなくなってきた・・・、そういう状態って誰でもあると思うので、この貴重な機会でもって、一時のスランプ脱出だけでなくこの先ずっと持っておけるパスガード資産を蓄えておくのは素晴らしい選択であると思うのです。

我が弟は前回のセミナーで衝撃を受けた参加者の1人なので速攻で参加。僕も行かせて頂きます。

日時・・・・9月28日AM10:30からスタート
場所・・・・GRABAKA東中野
料金・・・・3000円
連絡先・・・・dnakamurajj@gmail.com (090-8641-7892)

まだ空きがあるかどうかちょっと分からないので、ご興味ある方は是非是非ご連絡してみて下さい!!
よろしくお願いします!!

 

マッケンジー・ダーン「Strongly,Rightly,and Beautifully」ジャパンツアー・チケット発売

世界的な女子柔術選手であるマッケンジー・ダーン「Strongly,Rightly,and Beautifully」ジャパンセミナーツアーの参加チケットを発売させていただきます。

よろしくお願いします!!!
MKKKKKKKKKKKK
セミナーツアー日程は
11月1日東京・PM19:00~22:00・・・荻窪PHYSICAL SPACE
(男女両方)(定員約30名)
11月2日名古屋・AM11:00~PM2:00・・北スポーツセンター
(男女両方)(定員40名)
http://www.nespa.or.jp/shisetsu/kita_sc/index.html

なおマッケンジー選手の「あまり人数がたくさん過ぎると難しい」という要望から、東京公演は30名ほどの定員とさせて頂きます。
料金は6500円、後期からは6800円となっております。

セミナーが発表されてからもマッケンジー選手はアメリカン・ナショナルズ、そしてダラス・オープンで階級&アブソを完全制覇し、大変な好調をキープしています。

アメリカンナショナルズ・・・
マッケンジー・ダーン(グレイシー・ウマイタ)vsチェルシー・ドネル(ATOS)


強いですねー。

冒頭のスピーディなベリンボロ、ホレッタ&トゥーホールド気味に回っていった所からの三角、そしてちょっと変わった極め方、全てが素晴らしい技術で仕掛けられていますね。

ワールドクラスの選手が来日し、技術セミナーを開催することは非常に貴重な機会ですが、特に女子選手のそれは中々得がたい好機。

ご興味ある方は是非、ページ右の「柔術新聞ショップ」、もしくはこちらからセミナーチケットをご購入頂ければと思います。
http://jiuji.thebase.in/

よろしくお願いします!!
20130611123955img1866

2014全日本オープンpart1・・・・青の時代到来!!青の洞窟を探検せよ!!! 

国内転換期到来

新生カンペオナートこと全日本オープンが終了しましたね。
lljapannogikidsposter
杉江アマゾン大輔選手をはじめ、加古拓渡選手、山田秀之選手、そしてチャールズ・ガスパー選手ら、人気があって華もある強豪選手が参戦してくれたおかげで、我々柔術ファンは非常にハイレベルな試合を観ることができました。

アダルト黒帯は2試合とも、本当に素晴らしい試合でしたね。

そしてこの華やぎは黒帯選手にとどまらず、茶・紫・そして青帯の選手からも熱源光となって放射されていたことを特筆したいのが今回の記事の目的でもあります。

後で述べますが、これは日本の柔術界においてとても象徴的な意味をもっていると思います。

それにしても注目の帯階級がたくさんであることは素晴らしいですねー。

君は筋肉の鎧をもっているか

まず大激戦の花形階級であるアダルト紫帯フェザー級は、CARPE DIEMの中村浩士選手が制しました。
32787633264190212623n
決勝ではドラゴンズ・デンの櫻井徹也選手と対戦。

我が弟も1回戦で櫻井選手と対戦しましたが、彼は最初のダブルアンダーで背中が地面から浮くのを感じ、以降は生命の維持に専心。その方向では見事目的を達成できたといえますが、試合という観点からすると何がなんだか分からない程圧倒的な力量差で押し潰されるという結果となりました。

中村選手はそんなとんでもない強豪相手に見事なトップゲームを見せて勝利。一分の隙間も残さない圧力の掛け方はアマゾン選手を思わせるもので、連日大会に出場している疲労等は一切感じさせない素晴らしいものでした。

この傾向は海外だと以前から見られているものですが、もう国内においてもアダルト紫くらいだと、有名MMA選手とか常人でない身体能力を持った選手が混在しているので、コンディショニングをしっかり整えて出場しないと危険であるということが言えると思います。

向こうはマット・リンドランドが紫シニアにいて相手殴ったり、青帯でケイン・ヴェラスケスが相手ふっ飛ばしたりしているので、まさに命に関わります。
method=get&s=matt-lindland-12-20-11-10-18-57-450

レベルが上がるのは喜ばしいことですが、その分パワー差体格差に関するケガ等へのリスクもきちんと把握しなければなりませんね。UFCの選手が30キロ近く体重落としてるのは伊達ではないということですね。それはそれで別の危険がありますが。

そして準決勝で、この中村選手からガードを守り切ったX-TREME海老名の和田敏宏選手のガード技術も強調すべきでしょう。柔らかさと強さを兼ね備えた、非常に堅固なガード技術を見せてくれました。

また同じく激戦区である紫帯ライトフェザー級では、トライフォース五反田の伊藤英元選手が見事優勝。常に海外大会で好成績を出す勝負強さがあらわれていたと思います。

そして過酷な紫帯アブソルート。ここで数々の強豪を打ち破り、フェザー級であるGSB松本直行選手が優勝するという快挙が起きました。

松本選手と言えば加古拓渡選手譲りのテクニカルなガードが印象的ですが、アブソでは強力なパサーとなって大変な攻撃力を発揮し、見事カンペオナート・アブソルート王者に輝きました。

いざとなったらあらゆる所で生活できる攻撃的な生命力を、柔術という場に変換させて見事カンペオナートという大舞台に発揮させた松本選手、新生「リバーサイド」柔術に今後も目が離せません。

そのもの青き衣をまといて

そして今大会、非常にシンボリックな階級となったのがアダルト青帯。
この日に青帯選手達が放ったまばゆい輝きは、国内柔術の転換期を象徴するものとして記憶される事でしょう。

まずはルースターでニュースターがドバー!!!リバーサルジム東京スタンドアウトの尾崎顕選手。
非常に見事な技術を駆使してトーナメントを勝ち抜きました。

そのスタイルはこれまでの青帯からは考えられないもので、ベリンボロやキス・オブ・ザ・ドラゴンを実用レベルで自由自在に繰り出すというもの。紫帯のトライフォース澤田伸大選手のスタイルに近いかもしれません。大変な大変過ぎるテクニシャン。

しかも尾崎選手はキワの攻防も無理押ししたりせず、全て技術的に処理するという、まるでジェフ・グローバーのような技術レベルと目的意識を持って戦っていたことが衝撃でした。

アブソルートでは勇敢にもドンキーを繰り出し良い形に。我が弟も試合前は「ドンキー出すから」とか吹いてましたが、櫻井選手と対峙した瞬間にそんな考えは吹き飛んだようです。

また、そのアダルト青帯アブソルートを大変な強さで制覇した毛利部慎佑選手の強さも輝いていました。リバーサルジム川口リディプスからは今回、高松佳孝選手と毛利部慎佑選手というフレッシュな強さで評判の2選手が参戦。

その中で見せた毛利部選手の強さは強烈な地力を感じさせるもので驚異的でした。めちゃくちゃ強い!!!!!

そして今日はさらに、みなさんにご紹介したい選手が。今大会に出場した訳ではありませんが遂に現出した青帯戦国時代の流れを受け、柔術新聞の目の玉を飛び出させた選手をレットミーイントロデューストゥーユー!!!!!!

2014JBJJF全日本選手権、青帯ライト級を制したブレイブハート福島の渡辺和樹選手。

この選手はガチヤバイです!!超逸材!!!もうなんかヤバイ強いんですよ。今後の注目はマストオブマスト!!!

1411016106402
渡辺選手は現在紫帯であるようなので、今後強豪ひしめく紫ライトにおいて大暴れしてくれるのではないでしょうか。

いやーはんぱない強いですよ・・・。
こんな青帯選手達が出るなんて世も末ですよ。

時代はまわる

「最近茶帯には、黒帯に負けないような面白い試合をして、強い選手がいる」的に言われはじめたのは、つい最近だったような気がします。

海外ではミヤオやキーナンに代表されるバケモノ色帯が次々に現れ、その流れは国内にも波及。今や紫帯の試合が面白いことなど誰でも知っていますよね。

その流れが遂に青帯に及んで来たような感想を個人的には持ちました。

「期待が持てそう」とかではなく、ムーブに対してストレートに「なんだこの選手???」と驚いてしまう選手が現れてきたということですね。

恐ろしい世の中になりましたね・・・。
そのうち海外みたいに、キッズでもそういう選手が出てくるのでしょうねー。

以降はパート2で!!

柔術帯ブレスレット、販売開始!!!!

オール・ハンドメイドの柔術帯ブレスレットを発売させて頂きます。
IMG_3951
これはチャールズ・ガスパーの生徒さんの奥さんが製作しているもので、初見で僕が気に入ってしまい、ショップで取り扱うことになりました。
写真 (46)
サイズ感覚もちょうど良いのです。

https://www.facebook.com/mz.dreadfashion.acessorios
こちらのフェイスブックから直接購入もできるようなので、ご興味ある方は是非どうぞ。

ただ、いきなり知らない人のポルトガル語ページから購入はハードルが高いと思いましたので、ちょっと柔術新聞ページから買えるようにしてみました。

ページ横の「柔術新聞ショップ」、もしくはこのリンクから見てみて下さい。
http://jiuji.thebase.in/

生で見ると糸の光沢が更に素晴らしく、非常に良い質感なのです。
お値段は2500円。送料は100円です。中間マージンとか取ってないので、製作者から直接購入する際の金額と同じです。売り上げは全額製作者に行きます。

1本1本心をこめて作られているこの帯ブレス、是非身に付けて頂けたらと思います。初回入荷分は各3本ずつ、白は1つしか無いので、ご興味ある方は是非お早めにご購入下さい!

写真 (43)

少数限定&分かるまで帰さない!!山田秀之選手デラヒーバ・ガード徹底強化セミナー!!!

現在若きスピードモンスターとして台頭著しい山田秀之選手が、非常に珍く、また貴重な機会である10人限定セミナーを9月下旬に開催します。
YAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
これはインストラクション能力に大変優れる山田選手の、「受けっぱなしのセミナーにはしたくない」という思いから生まれた、最高度の達成度&親切度を目指した凝縮還元セミナー!!!

通常セミナーと言えば、著名選手が煌びやかなテクニックを披露し、受講者は「おおー!」という感じで、積極的に吸収する意識を持っていないと、技術が右から左に通り過ぎてしまう事にもなりますよね。

しかし我が弟すらも「今まで受けたインストラクションの中でもトップ3」と感銘を受けた、知る人ぞ知るインストラクション能力を誇る山田選手、開催側でもって「10人限定」という環境を整え、参加者の方々がきっちり技術吸収する準備を徹底させたのです。

セミナーコンテンツはデ・ラ・ヒーバ
しかもベリンボロではないデラヒーバ・アタック全般!!!!

国内では現在もリバース・デラヒーバフックからの展開が多いですが、これですとそこから相当の展開力を持っていないと、結局ディープハーフ、もしくは上から潰されてハーフ下で耐える時間が多くなってしまいます。

しかし外側から攻めるデラヒーバは相手のポスチャーが非常にとりづらく、またスパイダーグリップとの相性も抜群。
キーナン・コーネリアス、パウロ・ミヤオ、マイケル・ランギ、JTトレスといった当代最高の使い手も、デラヒーバをファーストコール・フックにしていますよね。

海外試合に比べ、まだまだデラヒーバ・フックの使用例が少ないと思われる現在、基本から応用までをカッチリ習っておくのは非常に貴重な機会なのではないでしょうか???

開催日・・・9月21日
時間・・・AM10:00~12:00&PM2:00~4:00の2部制。
定員・・・それぞれ10人ずつ。
費用・・・3000円

なおご参加頂いた方は、お昼に行われる山田選手担当の道場一般クラスに参加が出来る!!!!
これは斬新!!!!

もしご興味ある方は是非、delarivajj@yahoo.co.jp までご連絡してみて下さい!!!

若き新進気鋭選手のセミナーは、そのハキハキフレッシュな魅力もそうですが、多分に経済的な基盤がまだまだ出来ていない選手の支援という意味も含まれていますよね。

アウトサイドのガードアタックを強化したいと思う方は、是非是非ご参加されてみてはいかがでしょうか??

宜しくお願いします!!