「THE柔術FIGHTERS.11」 激アツの舞台の真相とその先に見えるものは

いや〜、暑いですね。。。

今年って冷夏じゃなかったでしたっけ?

だれですか?夏が始まる前にそんなこと言ってた気象庁は!

しかし、今年の夏柔術は気温よりもさらにアツい!!!!

ビッグイベントが目白押しです!

8月24日 JJFJ全日本柔術選手権大会
8月30日 コパブルテリア
8月31日 岡本裕士セミナー@東京
       JBJJF BJJーJAMワンマッチ柔術オープン 


うーん、アツいですね!

・今年もレベルマックスの激戦が予想されるJJFJ全日本選手権!
・毎年出場者数が満員御礼のコパブルテリア!

そして「鬼極」でお馴染み極めに拘る岡本裕士選手のセミナー!!!

岡本さん

岡本選手の極めは力は本当にヤヴァイ!!!

この極めを目の当たりにして、学んじゃいましょう!!!
そして自分のものにしちゃいMAX!!!
満員まで残りわずか!
お問い合わせはコチラから!
realjapanjudo@gmail.com

 

◆独自路線を切り開いた大会

そんな夏イベントの中でも独自の路線を突っ走ったのが、
「THE柔術FIGHTERS.11」です。

その独自路線というのは開催が岩手は盛岡で実施するというところです。
あれ?9月15日じゃなかったの?なぜ岩手で?
そんなところの経緯や理由に柔術発展の方向性の一つが浮かび上がります。

◆大会時期・場所変更の経緯や柔術の地方分権化へ向けた動き

今回の「THE柔術FIGHTERS.11」は当初9月15日に大会を実施予定でした。
しかし7月1日、JBJJFは全日本オープントーナメントの開催を9月15日と発表。
同日に登録なく試合に出れる大会があって競っても仕方ないと判断した大塚選手は、
9月15日の大会開催を中止。

そんな中、北東北の柔術界では6月30日にパラエストラ八戸代表の西塚先生が草柔会岩手代表の阿部選手へ、
北東北の柔術を盛り上げる相談をしていました。
かなり前から北東北の柔術を盛り上げたいとアツいアツい志を持っていた阿部選手はこれに同調

大塚選手・西塚先生・そして阿部選手の思いが7月1日一致し、
「THE柔術FIGHTERS.11」が8月31日北東北は岩手盛岡で開催されることとなりました。


激動の7月1日ですね。まさに「柔術北東北の乱」ですよ!!!

もう関東の大会は飽和状態!

これからの柔術は地方分権、群雄割拠の時代になるZ!!!

 

ファイターズ11

ドーーーーーーーーーーーーーーン!!!

超カッケーーー!!!

ちなみに正座をして対峙している二人は草柔会岩手阿部代表(左)と同じく草柔会岩手の紫帯ライト級期待の星、高橋大記選手です。

撮影場所は盛岡市で伝統ある報恩寺!
宮沢賢治なども度々座禅を組んだといわれる由緒正しきお寺での撮影。
岩手ならびに北東北勢の今大会にかける銀河鉄道なみのアツい気概が伝わりますよね!

 

最近は柔術の地方分権がさらに加速しています!
その象徴が九州の新しい風、BOHEMIANSとTATORU両アカデミーの発足とDUMAU九州です。
そして四国は吉岡選手の活躍関西は世羅選手をはじめとする若手の台頭とMATSURIなど、枚挙にいとまがありません。

 一方東北ではDUMAUが開催されておりましたが、いずれも仙台での開催で、北東北までその波はあまり届きませんでした。

そんな中、今回の柔術北東北の乱は、柔術地方分権にぜひ北東北を!

という北東北の柔術家による魂の雄叫びに大塚選手が呼応した大会。。。

激アツですね!!!

 


◆そして今大会の注目選手を2人挙げたいと思います!

1人目は先程ご紹介した紫帯ライト級 高橋大記選手(草柔会岩手)です。

高橋選手は柔術歴5年の岩手のみの練習で関東・東北の大会に結果を残している選手です。

2人目は同じく紫帯ライト級 後藤拓磨選手(草柔会仙台本部)です。

後藤選手

後藤選手は持ち前の粘り強いスタミナを武器にゴリゴリ攻め込んでくる選手です!

この両者は白帯時代に対戦があり、そのときはP0-0 AD1-0で後藤選手が激闘を制しています。

今回の「THE柔術FIGHTERS.11」でその雪辱なるか非常に楽しみなところですね!


この両選手などは関東への試合にも頻繁に出場しています。
しかし普通に東北・北東北で柔術をやっている方にとって関東遠征はかなりのハードルですよね!

そこで今回の「THE柔術FIGHTERS.11」ですよ!


 今回は岩手だけでなく北東北・東北で柔術を始めたばかりの方や、大会に初めて出る方がスポットライトを浴びるような大会になって欲しいです!

そしてすでに北東北の道場ではスポットライトを浴びるために練習のモチベーションがアップしているとのこと

開催地以外からの出場者を迎撃する気マンマンですね!

もちろん北東北勢を制しにかかる征夷大将軍的に関東や別の地方から遠征に行くのもアリですね!

夏休みを遅くとる方などもオススメのイベントです!
岩手の美味しい魚介類と柔術を楽しもう!的なノリでもOK!
試合終了後に大塚選手セミナーもある!!!

そんな柔術北東北の乱、「THE柔術FIGHTERS.11」の開催要項はコチラ!

http://www.thejiujitsufighters.com/archives/103

◆「THE柔術FIGHTERS.11」
【日時】 2014年8月31日(日)
【場所】 盛岡市武道館
【出場費】階級別:3,000円(当日払いは+1,000円)
     ※ワンマッチ(対戦相手が1名)の場合、当日1,000円返金いたします。
      ただし、いかなる理由があってもトーナメント発表後の返金は致しません。
     オープンクラス:階級別参加費+2,000円
【イベント】大塚博明セミナー(3時間を予定)
【セミナー費】3,000円(大会参加者は2,000円)※当日払いとなります

 

是非この機会に岩手の、北東北の、地方の柔術界を盛り上げていきましょう!!!

(文・岩井英治)