柔術お宅訪問 ヒクソン・グレイシー杯 ~遠征試合なんていかがでしょう

今年もヒクソン・グレイシーが来る!
しかも今回はメンデス兄弟も来る!
新旧伝説揃い踏み!!!

これは行くしかないでしょう!ってことで軽〜くエントリーしちゃいました!

「ヒクソン・グレイシー杯国際柔術大会2013」

ヒクソン杯
ん?会場はどこだ!?

浅草?駒沢?錦糸町?

いやいやいやいや、愛知県は名古屋市の愛知県武道館!!!

げげっ!関東じゃないのか。。。

ヤバい!どうやって行こう。。。
新幹線もお金かかるし。
そんなときImpacto BJJの選手が関東に来るときを思い出しました。
車でいっぱい人を乗せて来るじゃないか!今回それで行こう!

ということで知り合いに声を掛けたところ、なんとかかんとか2人捕まえました。

リバーサルジム新宿Me Weの岡市さんストライプル早稲田ヒルマ道場の白帯べリンボラーの野上さんです。

本当はもう1人いると車の座席に余りがないので良いのですが、なかなか遠征する人は少ないですね〜。

さていざ出発は11月16(土)日各々仕事終了後です。自分たちが出場するカテゴリーの前夜ですね。 

そんなこんなで出発です!
地元のローソン集合で、さながら東海道五十三次です。
東海道
こんな感じは学生以来ですね!

ワックワクで車でGO!!!

3人いれば交代で車を運転できるのも強みですね!
まずは足柄サービスエリアで一休み。。。
足柄

夜のサービスエリア。。。
雰囲気ありますよね・・・

そしてざっと4時間程の運転で当日の宿に到着!
会場から車で10分のカプセルホテル!!!
自分、カプセルホテルなんか初めてでした!
ホントに必要最低限の宿って感じです。

しかし大浴場にサウナが付いていたのは減量者にとっては良いですね!
価格も1人2460円と衝撃のコストパフォーマンス!!!
カプセル カプセル2

ちょっと怖いけど、安ければ無問題!
完全に学生ノリ!!!

そんなこんなで夜を過ごし、いざ会場へ!
愛知県武道館
ドーーーーーン!と愛知県武道館

集合写真
壮観ですね。
さすが日本最大規模を誇ります。
盛り上がりもハンパない!!!

そこには生ける伝説ヒクソン、そしてクロンの衝撃親子!
そして現役にして伝説を現在進行形で作っているメンデス兄弟!!!

伝説揃い踏み!
ヒクソン親子とメンデス兄弟
しかしメンデス兄弟、浮かれてるのかファンサービスなのか、そのハチマキから見てとれる通り、だいぶ日本を楽しんでますね。。。

今回のメンデス兄弟は見ての通りかなりのリラックスモード。
リラックスメンデス
完全に外国人観光客!!!(笑)
しかしリラックスモードでもそこは絶賛伝説継続中。
最高のパフォーマンスを魅せてくれましたね。

その生ける伝説に対抗するは日本精鋭陣!塚田選手・加古選手・細川選手・奥田選手など!
メンデスパス2
今回のメンデスは極められる場面でも極めにいかず、大量得点を取ったあとに極めにいってましたね。

プロモーション動画のためか、原因はわかりませんが、おかげでメンデスの技が余すところなく見れました。

魅せ技、最新の技からベーシックな技まですべてをメンデススペシャル仕様にして相手を凌駕していましたね。

特に目についたのがパスのときに腰に手を置き、相手の脇に隙ができたら即脇を指してパスをしていたことです。

ベーシックな技のようですが、プレッシャーのかけかた、腰に手を置くときの抑えかた、日本の精鋭陣がガードできないほどの威力でしたね。

メンデスは自分のテクニックをとても丁寧に実践してくれます。
ハファ
こちらの作品内のスパーでメンデスがTTパスを鮮やかに、とても分かりやすく魅せてくれたときは衝撃でしたね。
今回も日本精鋭陣を相手に猛威を振るっていました!
メンデス兄弟
さて、僕は体重もバッチリ!

体調は。。。車の運転で腰がミリミリ。。。

まぁそんなの関係ないと試合をしたら、この大会を紫帯最後の大会となったALIVEの方に大量失点し負けました。。。

負けましたが3位!(笑)負けメダルをもらって微妙な感じ。
岡市岩井

試合が終わったからには大会会場を観光!
僕はJJFJの大会独特のブラジリアンな雰囲気大好きです!

物販ブースも美味しくて最高!!!
物販アサイー アサイー 物販

会場をみんなで楽しく過ごして、夜に東京へ向けて出発!!!

付近の名古屋名物料理屋さんなんて全くリサーチしてない僕らはサービスエリアで味噌カツなどを食べて、夜遅くに帰宅!

遠征費は交通費・宿代すべて合わせて1人約1万円!
最高ですね!今回高速は全て夜だったんで、ほぼ半額で行けたのが大きかったです!

今回は関東以外でのの大会出場のすすめをご紹介いたしました。所謂遠征試合というやつですね!

去年「DUMAU SOUTH JAPAN」が 九州で実施されたことや、「Jiu Jitsu Priest Cup in TOKUSHIMA」が徳島で実施されたことは記憶にも新しいですね。

九州でのDUMAUには招待選手として塚田市太郎選手(ダムファイト・ジャパン)や関根秀樹選手(ボンサイ柔術)が招待選手として遠征試合をしました。

しかし僕のような一般の柔術する人間でも遠征をバンバンしても良いんだ!と今回感じました。

楽しみ方は人それぞれですが、旅行8:試合2くらいの感覚だと肩ひじ張らずに行けますよね!

今はLCCなどの格安航空券もありますし、どんどん旅行がてらに柔術の大会に出て、それぞれの地方の大会が、ガンガン盛り上がっていくといいですね!!!

ただ移動の際には事故などには充分気を付けてくださいね!!!

(文:岩井英治)

コメントを残す