柔術お宅訪問 武芸のるつぼ信濃国に飛翔塾あり!

さて今回は「信濃の国」長野県へお伺いいたしました。

長野に来たからには是非行きたかった「飛翔塾」

僕の会社で柔術をやってる茶帯の先輩が、「長野にヤバい強い先生がいる道場があるぞ」と言ってたのがキッカケです。

ふぅん、まじか。と軽く聞き流して忘れていましたが、いざ長野行きが決定したときに思い出しました。 

長野はほぼ行ったことがなく、あまり詳しくありませんが、ある歌の歌詞ではスキーをするところだと聞いてました。

長野県といえば、古くは信濃の国と呼ばれていましたよね。

信濃国と聞いてまず思い出されるのが武田信玄!!!!!

信玄 PNG 
そして真田昌幸・幸村ら、名将を輩出し続ける土地柄。

sanadajpg

更に飛翔塾の地は、あの川中島にほど近いまさに武の結地線!!!

PNGPNG
長尾景虎、武田信玄、そして北条氏康ら戦国最強諸侯達が奪い合い、
それによって様々な文化が入り乱れた要衝の地です。

柔術においてもまさにまさに、日本⇔ブラジルの技術精髄が融合し、独自の輝きを放つ場所となっていました。

 

長野駅からタクシーを走らすこと10分ばかり、住宅地にある飛翔塾に到着!

PNG 11

いやーしかし、初めて行く道場というものはワクワクするものですね!

中に入ってみると、

PNG 22

  PNG 33

道場独特の雰囲気で何故か安心しました!

僕がお伺いしたのは、仕事終わりに新幹線に飛び乗って行ったので、最終の9時半クラスですね。

 

ご挨拶を済ませてクラスに入ると前のクラスからの続きのスパーリングが行われてました。

僕も体を温めてからスパーに混ぜていだだきます。

PNG 44

皆さん強い強い!

かなりBINBIN系の方が多く、試合前の僕には良い刺激でした!

そして念願の小林先生とのスパー。。。

何もできませんでした。。。

ハンパじゃない体の使い方、潰し方、さばき方。

バルボーザ先生直伝のパスを心ゆくまで堪能できました!

しかし動画も撮ってなかったので、実際にどんなことをされたか全然分からず。。。

PNG 66

 この写真だけでパスがヤバいのは見てとれますが、

調べてみると2009年からサンパウロ選手権(パウリスタ)3年連続優勝という

偉業を成しています。。。

これはヤバい!!!!!

もちろんそんな日本人聞いたことがありません!!!

 

これは興味を持たないわけにはいきません!!!

小林先生に色々お話を伺ってきました。

 

岩井(以下:い):飛翔塾はいつ頃創立されたのですか?

小林先生:空手道場の飛翔塾としては約20年前からありましたが、柔術でこの場所をお借りしたのが、2012年2月からですね。

い : 柔術道場としては何気に最近なのですね!ブラジルからはいつ頃帰国されたんですか?

小林先生 : 2011年12月の終わり頃です。4年間のブラジル滞在を終えて帰ってきました。

い : あちらではバルボーザ先生の道場にいらっしゃったのですか?

小林先生: はい。ムリーロ・サンタナ、チアゴ・アウベス、シセロ・コスタ、アドリアーノ・シウバなどがいました。ミヤオ兄弟も最初はバルボーザ道場でしたね。

い : 重要人物が多い。。。

小林先生 : そこから「99道場(旧T T)と一緒になって「B9(ビーナイン)道場」としてやっていました。

い : そ、そんなことがあったんですか!バルボーザ道場とあの伝説の元TT道場。。。すごすぎますね。。。

小林先生 : 道場はサンパウロにあったんで、大会なども近くで開かれてましたね。ミヤオも道場に来てましたが練習量がすごかったです。強くなるべくして強くなったと思います。

い : やはりあのミヤオ兄弟は練習量がハンパじゃなかったんですね。。。

 

い : ところで先日のノーギ・ワールズで優勝したムリーロ・サンタナはどんな方でしたか?

小林先生 : ムリーロはバルボーザ道場で毎日一緒に稽古してました。

 バルボーザ先生とムリーロは自分が最も影響を受けた選手で師匠だと思っています。

 600人近く道場にいましたが、ムリーロは道場最強で性格などは浮いた存在でしたが、稽古に対する姿勢や集中力は本当にすごいものがありましたね。

 ムリーロとエジソン・オリヴェイラ(茶帯ブラジレイロ王者)とは技の打ち込みを毎日やってました。

い : う~ん。あのムリーロ・サンタナとずっと練習を。。。小林先生が強いわけだ。

 

いやー、しかしすごい内容でした。。。

「柔術界の裏番」的存在のムリーロ・サンタナは、まだ日本ではあまり知られていませんので、

柔術動画をこちらに載せておきたいと思います。

相手はレアンドロ・ロのライバル、フェリペ・ペナ

しょっぱなからのハンパじゃないプレッシャー!!!

そしてなぜか道着のお尻が汚い!そして審判の時計はどう見てもアナログ時計!

突っ込みところが満載ながらも超強敵相手に何もさせず1本勝ち!

「裏番長」の実力恐るべし。。。 

しかしひょんな機会にお伺いした長野にこんな素晴らしい道場があったとは。

そして先生の小林さんが柔術界のキーパーソンと普通に練習をして、パウリスタに優勝していたなんて。。。

日本柔術の歴史の重要な一部に触れられた感じがしてとても興奮しました。

 

小林先生をはじめとてもよくしてくださった飛翔塾のみなさま本当にありがとうございました。

またホテルまで帰る術を完全に見失っていた僕を快く送ってくれた太田さん、ありがとうございました! 

PNG 55

 (取材&文章:岩井英治 // 戦国部分:岩井洋一 )