あのGIが復活!!!関東のプロ柔術大会の底力を見よ!!!!


関西にはMATSURIという素晴らしいプロ柔術大会があります。

僕はMATSURIのDVDが大好きで良く見ているのですが、これが非常に良くまとまっており、MATSURIという大会が非常に楽しく、参加者や観客の方をはじめ関西の柔術シーンの人達が、これをとても楽しみにしているであろう事が手に取るように分かり、そういう素晴らしい大会があることをいつも羨ましく思っていました。

http://shop.fullforce-pro.com/?pid=49200360

今年の10月20日に第5回目の大会があるようで、カードを見てみると遂にGSBの加古拓渡選手や、インパクトBJJのヴァンダレイ高崎選手まで参戦しているではないですか!!

http://jiujitsu-matsuri2013.tumblr.com/

しかも徳島BJJが誇るご存知超絶技巧派橋本知之選手と、UFCにも参戦したあの手塚基伸選手が対戦???
このマッチメイクはヤバくないですか???
アツ過ぎませんかこのカード!!!!

そしてMATSURIは時々匿名で有名選手が参加するのですが、今回は「小金井柔術クラブのタカ先輩」という非常に気になる選手も参加!!!しかも相手は柔専館の伊東元喜選手!!!!
これらのカードからは「見たい」という言葉しか出てきませんね。
関東の人間からするとひたすらジェラシーですよ。

しかし関東の柔術ファンにも朗報ですよ!
遂にあのGIが復活したとなれば、これは期待するなという方が無理ってモンですよ!!!!
http://www.if-pro.com/index.html

素晴らしいカードが揃っていますが、僕が真っ先に目が行ったカードは杉江大輔選手と柿澤剛之選手の対戦!!!

僕はアマゾン選手の試合は、復帰前、修斗参戦時、そして復帰後のものを直接見ていますが、復帰後が一番素晴らしいムーブをしていると個人的には感じます。
アマゾン選手と言うとまずあの素晴らしいフィジカルに話題が行きがちですが、ムーブが本当に凄いです・・・。

http://shop.fullforce-pro.com/?pid=63290921

そしてフィジカル面に関しても、あの肉体ももちろん凄いのですが、それよりも何よりも、動きやパワーを落とさずに大きな減量を成功させている事が本当に賞賛されるべきだと思います。

僕が未だに脳裏に焼きついている場面があります。
それはガロ・カルナヴァル大会後、ブルーノ・マルファシーニとご飯を一緒にする機会があったのですが、その際ブルーノが心から嬉しそうに「これで体重を気にせず食事できる」とか言いながら、ちっこいパン3つくらいとサラダちょっとしか食べていなかった事です。


筋量が多いブルーノ、油断するとすぐに聞き間違いで無ければ146lb(約66キロ)くらいになってしまうそうです。
だから減量時はほとんど何も食べず、普段も最低限の量しか食べない事が多いんだよ、と寂しそうに笑いながら話してくれたのです。

ブルーノ程の超絶的な柔術能力を持つ選手が、限界まで減量を含めた体作りを追求しているのでは、その他の選手が普通の事やってても勝てないじゃん・・・、と強く感じました。

格闘技においては「減量の時点で勝負が決まる」という部分があるのはみなさん非常に良くご存知と思いますが、その点を完璧にこなして、更に上を目指そうとしている杉江選手の姿勢は、まさにお手本となるような素晴らしさであると僕は思います。

そんなアマゾン選手が対戦するのはGOD GUARDER柿澤剛之選手
国内最強硬度を誇る日本のデビアス、ダイヤモンド・ガードの柿澤選手との対戦は、今後の海外強豪との対戦を占う上でアツい!!!!

また柿澤選手も、ベテランといえる年齢に達しながらも、中村大輔選手を退け、今回アマゾン選手まで倒したら、実質的に日本最強選手となりますよね。
両選手ともに、どうしても勝ちたい一戦、これは勝負論満載ですよ!!!!楽しみです!!!!

そしてもう1カード、デラヒーバ・ジャパンの鍵山士門選手と、GROUND COREの世羅智茂選手!!!
これは素晴らしい対戦!!!!!
鍵山選手は関東のファンにはお馴染み、茶までの色帯時代を圧倒的な強さで駆け抜けた選手ですね。