柔術お宅訪問 全日本王者チャールズ・ガスパーとImpacto安城道場

コパ・ブルテリアと・JBJJF・JJFJの全日本選手権という真夏の3大ビッグイベントが終了しましたね。

参加された選手の皆様お疲れ様でした!

大きな大会が終わり、ホッとしたところで箸休め的に、、、忘れたころにやってくる柔術お宅訪問vol.2です。

今回の主役は先日のJBJJF全日本選手権において黒帯1年生にして戴冠した「美猛虎」チャールズ・ガスパーです。

そんなチャールズと過ごした名古屋柔術訪問も2日目です。

1日目は観光もせず、Impacto 刈谷道場への出稽古にしか行けてませんが、

慣れない環境のせいもあり大変疲労があったのでお昼近くまで熟睡。。。zzz

ちなみに宿泊先はホテル。。。、ではなくチャールズの彼女(現奥さん)である松子さん宅です。

松子さんご両親と松子さん、松子さん弟、犬の「ハチ」そしてチャールズが暮らす中、

ご好意に甘えて最終日以外全てと泊めていただきました。。。!!!

 

遅めの朝ご飯をチャールズ、バイトを終えた松子さんとで食べていると、

チャールズがこんなことを言いました。

「お昼はブラジル料理食べちゃおう!!!」


ももクロなみにビシっと言いましたが、

お昼ご飯と兼用でもいいくらいの時間に朝ご飯を食べていたのに、

昼ご飯の提案!しかもガッツリブラジル料理!!!

さすが全日本王者チャールズ、言うことが突然で、しかもハンパないですね。

さて、善は急げと車を走らせること約30分強、

Impactoに来る日本人をほぼ必ず連れてくるという噂のブラジル料理屋さんへ到着。

柔術新聞

待ちきれないチャールズ

「おーい、早く入ろうよ~」

みたいなことを言っていた気がします。

こういうところはかわいすぎますねwww

ブラジル料理はぼぼ初体験。

なんでも取り放題のビュッフェ形式で胃袋破裂。
フェイジョアーダなど食べ放題!

その上店員さんがシュハスコをガンガン持ってきます。。。

柔術新聞

ブラジル人もビックリするくらいのひどい寝ぐせで外食し、もうライトフェザーには戻れないだろうってくらい食べました。。。

しかし隣でチャールズはまだガンガン食べてる。。。

こやつフェザー級に留まるつもりないな。。。?

いっぱい食べた帰りには腹ごなしで名古屋の格闘技ショップへ。

かなり遠くの駐車場に止めたチャールズ、最初は一緒に来た僕や松子さん、松子ママと話しながらショップに向かって歩いていました。

しかし。。。チャールズの歩調がだんだん速くなり、松子さん親子を大幅に引離すという事態に。。。

柔術新聞

この安城道場のクラスは柔軟、チャールズがいくつかのテクニックを教えてからのスパーリングでした。

刈谷道場ではチャールズとスパーリングできなかったので早速挑んでみました!!!

フルボッコですね。

当たり前ですが黒帯との差がここまであるか!と愕然としたスパーでありました。

スパーの最初から僕の引き込み際を狙ってパス、そして逃げられそうにもないシングルバックの際のキープ。。。

成す術なしでした。。。

特筆すべきは4:35くらいのチャールズのベースでしょう。

もちろん僕の技術の未熟さは前提としてありますが、スパイラルから攻撃を仕掛けようとしても全くビクともしません。。。

チャールズは普段からベースの重要性を常に説きます。

そしてベースを作るとともに相手にプレッシャーをかけ、常に相手に痛みを与えるんだという教えが僕の耳に今も残って、パスのときにはいつも心がけるようにしてます。

普段は俺様でテキトーな感じですが、柔術となるとディテールにこだわり、相手に分かりやすく説明できるところは指導者としても向いてますね!

そんなこんなで名古屋二日目は言動が破天荒なチャールズと、柔術に対しては真剣に取り組むチャールズの素晴らしい姿勢という二面性が垣間見れた1日でした。

次回の柔術お宅訪問vol.3はチャールズ・加古選手、夢のスパー、怒涛のGSB出稽古編です。

(文・岩井英治)