7月21日(日)灼熱の北関東からパスの爆撃機 襲来!!!

リバースデラヒーバ!デラヒーバからのべリンボロ!50/50!ダブルガードからの攻防!など、現代柔術はボトムからの攻めに進化が特化しているといえますね。

そんな進化したボトムからの攻撃を凌いでパスするのは至難の業ですよね。

今回はそんなガードぶち壊すべく北関東は群馬から「パスの爆撃機」塚田選手が満を持してセミナーを開催します。

セミナー内容はズバリ、塚田選手の代名詞ともいえる「トップからの攻め!!!」

トップからの攻撃が好きな柔術家としては待ちに待ったセミナーですね!!

そんな塚田選手が何故これほどまでにトップからの攻めが強いのか聞いてみちゃいました!

塚田選手も紫帯くらいまではスパイダーにやられたり、勝ったり負けたりを繰り返す「普通の色帯柔術家」だったとのこと。

そんな「普通の色帯柔術家」であった塚田選手は一念発起し強さを求めてブラジルへ渡ります。
期間は24・27・28歳のとき、みっちり3ヶ月ずつとのこと。

しかしすごい行動力と思い切りですね!
ご本人も「社会的地位の全てを捨てて」と言っていた通り、並大抵の気持ちでは実行できません。

修行先はブラジル北東部NATALにある NOVA UNION系列のKIMURA道場というところです。


その道場では当時グレイソン・チバウ(現ATT)やヘナン・バラオン、フォルミーガなど、MMA選手を輩出しています。


道場のカラーはMMAを意識した道場らしく、常にトップから攻めるスタイル


スパーリングではみんなテイクダウン→パスガードということを徹底していたとのこと。

もちろん塚田選手もそこでテイクダウンとパスガードの神髄を体得!!!

そこからの活躍はご存知の通り、直近では七夕のコパ・ブルテリアで加古選手との死闘を見事制して、優勝しました。

柔術新聞-表彰台

僕はこの大会まで、恥ずかしながらパスはノリと勢いと運動神経でするものだと思っていました。

そんな考えだから、パスは得意ではあるけれども伸びしろがなく閉塞感が漂っているなか、

コパ・ブルテリア会場で塚田選手にパスのアドバイスをいただいたところ、

ディテールがハンパない!!!

そして理論的で分かりやすい!!!

柔術新聞-塚田選手説明

ブラジル仕込の驚愕ディテール!!!

なんだかパスというものに対して新たな気持ちで習得したいという気が起こりました!

このような感覚を味わえる、そしてブラジル仕込みの技の数々を学べる2時間は本当に価値があると思います!!!

そしてどの帯の柔術家にも絶対役に立つと思います!!!

上からの攻撃に磨きをかけたい方!

パスの概念を刷新したい方!

ライバルをパスして上から見下ろしたい方は

是非このセミナーを受講してみてください!!!

柔術新聞-ガッツポーズ

セ ミ ナ ー 概 要

日時:7月21日(日)13時より開始

場所:ポゴナ・クラブジム

住所:埼玉県川口市東川口2-22-23

料金:3000円

動画は主催者の方で撮影し後日DVDでお渡し(別料金)する予定ですので個人での撮影はご遠慮願います。
参加希望の方は電話、もしくはメールにてお願いします。
氏名、所属道場、電話番号、DVD希望の方は住