2013ムンジアル展望・・・黒帯ガロ&プルーマ級と澤田選手・吉岡選手・加古選手の対戦相手

黒帯ルースター級(総勢20名)
ブルーノ・マルファシーニ (アリアンシ)
カイオ・テハ (ブラザ)
フェリペ・コスタ(ブラザ)
ブランドン・ミュリンス(グレイシー・バッハ)
ファビオ・アレンカー(アリアンシ)
イヴァニエル・オリヴェイラ(チェッキ・マット)
イゴール・サントス(チェッキ・マット)
澤田真琴(ドラゴンズ・デン)
芝本幸司(トライフォース)
吉岡崇人(徳島BJJ)

ライトフェザーでエントリーし、フェイントをかましてたカイオでしたが、結局ブラフでしたね。
その理由で、大盛況だったアジアセミナー・ツアーをダシに使っちゃうのはどうかという気がしますが、まあそれくらいKYでないと強くなれないのかもしれません。
ブルーノと相変わらずのトップ争いとなるでしょう!!

注目はそれ以外の選手。

ベウナウド・ピテウやフェリペ・コスタに勝利した事のある、エスキジート的なかっ飛びファイト・スタイルが心地よいイヴァニエル、ヒカジーニョの愛弟子イゴールのチェッキ・マット若手軍団は活躍できるのでしょうか?

ノーギの世界では早くから人気トップ選手でしたが、ヨーロピアンを制してギ有りでも強豪となったブランドン、アリアンシの精鋭アレンカー、この辺りのグループがどこまでトップに食い込めるのか。

そして日本人選手にとって鬼門だった今年のヨーロピアンで貴重な勝利を上げた吉岡選手。
フェリペ・アレンカー・ブランドンらに総リベンジして戴冠を目指す芝本選手。
ドラゴンズ・デンというチームを強豪に仕立て上げた名将澤田選手。
注目です!!!!!

初戦の相手
澤田選手・・・ホルヘ・アゼヴェド(GFチーム)


2013ブラジレイロ、マスター黒帯ルースター級2位
2012年インターナショナル・マスシニ、マスター黒帯ルースター級3位

吉岡選手・・・イヴァニエル・オリヴェイラ(チェッキ・マット)


おそらくこの人だと思うのですが。
2010年からATOSに在籍していたようですが、チェッキ・マットに移籍した模様。
2013ブラジレイロ・アダルト黒帯ルースター級優勝。

vsベウナウド・ピテウ



vsフェリペ・コスタ

ご覧のように不意打ちレベルで最初からかっ飛んでくるので、要注意ですね。

そして芝本選手はシード。
吉岡選手と芝本選手は同ブロックに。
是非準々決勝を日本人対決にして欲しいですね!!!


黒帯ライトフェザー級(総勢33名)
ギリェルミ・メンデス(ATOS)
サミュエル・ブラガ(グレイシー・バッハ)
ラエルシオ・フェルナンデス(アリアンシ)
アリ・ファリアス(ATOS)
ホナウド・キャンディド(ATOS)
トーマス・リズボア(アリアンシ)
サミール・シャントレ(カイオ・テハ)
カーロス・エスキジート・ヴィエイラ(チェッキ・マット)
ガブリエル・モラエス(チェッキ・マット)
ダニエル・ベレーザ(SAS)
ベウナウド・ピテウ(ノヴァ・ウニオン)
マーク・レイモス(ヒカルド・ディオゴ柔術)
吉岡大(東京イエローマンズ)
松本義彦(GRABAKA柔術クラブ)
佐々幸範(パラエストラ東京)
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)
平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
木内康(ジェントルアーツ名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
加古拓渡(GSB)

ハファエル程は安定感のないギリェルミ、良く分からないアリ、安定して準優勝のラエルシオ、ベリンボロの創始も最近のより発達した下下戦に苦労しているブラガ・・・。

絶対王者が居ないだけに混乱ぶりが増す!!!

ここでギリェルミが優勝すると、1度1回戦負けしただけでずっと言われている「勝負弱さ」のレッテルをはがし、晴れて絶対王者の誕生となるでしょう。
リズボア、キャンディドらの強力な若手陣も楽しみ。

そして日本勢はすさまじい総力戦!!!!!!!
この厚い陣容は海外でも話題に!!!!!!!
1階級落として久しぶりの復帰戦に挑む佐々選手、同じく階級を落としてチャレンジする新世代未来戦士!!加古選手!!!
2009年パンナム王者の松本選手!!
2008年ムンジアル準優勝の吉岡選手!!
そして悲願の勝利を目指すシュラプネル・ガード!!!
LAはハイテクの故郷だ俺の土地!!!
待ってろポール・ギルバート!!!!!!
日本プルーマの皇帝金古選手が日本の技術をIT’S SHOW TIME!!!!!

初戦の相手

吉岡選手はカーロス・エスキジート

松本選手はアリ・ファリアス
金古選手はへナート・タバレス
山田選手はダニエル・ベレーザ

加古選手・・・パウロ・サンタナ(グレイシー・ウマイタ)

2012ブラジリア・インターナショナル(ブラジレイロではない別の大会)アダルト黒帯フェザー級優勝
2012リオ・インターナショナル、アダルト黒帯ライトフェザー級入賞ならず


おっとまさかのベリンボリスト???

こちらの固いクロスの選手と同一人物でしょうか。
上の選手はパッチがウマイタですけど、こちらはなんか黒いパッチですね。
顔とかは似てる気がしますが。

どちらにせよベリンボロの打ち合いなら、加古選手が負けるはずありません。
加古選手はこれに勝利したら、二回戦はサミュエル・ブラガとの新旧ベリンボロ対決!!!!!

2013ムンジアル展望・・・黒帯ガロ&プルーマ級と澤田選手・吉岡選手・加古選手の対戦相手” への2件のコメント

コメントを残す