憧れを憧れのままにしない!加古拓渡セミナーでニュータイプ・ベリンボロをゲット!!!!!!

まさに待望されていた、GSB加古拓渡選手のセミナー開催が決定しました。

http://ameblo.jp/pogonablog/entry-11429394481.html

しかも初回セミナーは申込の方が初日で10名越え、数日後には定員の30人がいっぱいになるという、凄まじい注目度の高さです。
おかげで記事書くのが追いつきませんでしたよ・・・。
今回追加セミナーが決定したので、やっと書くチャンスを得ました。

それもそのはず今回のセミナーでは、あのベリンボロを初心者からトップ選手にまで役立つように、順をおってやり方を詳しく説明してくれるとの事!!!!!!!111
いやいや、これは垂涎も垂涎!!!!!!!!!!

加古選手が自身のフェイスブック・ページで、セミナーの内容予告を詳細に説明してくれているので、早速見ていきましょう。
http://www.facebook.com/TakutoKako
まずはデラヒーバ・フックから作っていき、逆さになり、相手の足をめくって完成という、もっともベーシックなタイプのベリンボロ。


動画の6分45秒くらいから見てみて下さい。
ベーシックなタイプといってもそこは憧れのベリンボロ、実際やるのは難しいですよね・・・。
なんか上手くめくれなかったり、そもそも回転するまで行かなかったり・・・。
そこは加古選手いわく、「崩し方、回転の仕方、脚の持ち方、帯の持ち方、右足の位置、飛ばすとき両足の使い方」がポイントだそうです・・・。
うおお・・・っ!!!もっと教えてよ!!!て感じですよね。
ご心配なく、まずはノーマル・ベリンボロが出来るようになるコツを、たっぷりこれでもかと教えてくれるそうです!

次はベリンボロからレッグドラッグに起き上がる方法
http://www.facebook.com/photo.php?v=390658777682869&set=vb.100002162493302&type=2&theater

(スマホ等からで動画が見れない方は、加古選手のFacebookページの予告編(2)’動画を参照して下さい!)

もはや現代柔術のド定番、先のデラヒーバ杯でも大塚博明選手が効果的に使っていましたね。

バックを取りに行くよりも手順が少ないため、海外トップの試合でも多用される便利過ぎるテクです。
この狂おしいまでに欲しいテクを、レッグドラッグ全般、そしてバックテイク全般に渡っての説明付きでレッスンしてくれるとの事!
以前も触れましたが、ベリンボロとか以前に加古選手のバック取りは本当に素晴らしいですよね!!
もうこれだけでも聞きに行きたいですよ・・・。

そしてここからが魔界の領域!!!!
ただでさえ防御困難なベリンボロを、更に防御不能なものにモディファイしたベリンボロ・ターボ登場!!!
http://www.facebook.com/photo.php?v=390681137680633&set=vb.100002162493302&type=2&theater

(スマホ等からで動画が見れない方は、加古選手のFacebookページの予告編(3)’動画を参照して下さい!)

これは日本でも猛威を振るった、あのパウロ式ベリンボロと同型!!!!
ワールドワイド・レベルでもまだ詳細が解明されていない新型タイプのベリンボロも、加古選手は既に実用済み!!!!!
ノーマルに少し手を加えるだけで更に残虐性を増すこの改良、ベリンボロ出来る人なら是非是非体験して頂いて、チューンド・ベリンボロを入手するのはいかがでしょうか!!!

しかもこのターボ型からレッグドラッグに起き上がるという、もはや反則級のブースト・バージョンまで伝授!!!!
http://www.facebook.com/photo.php?v=390944330987647&set=vb.100002162493302
(スマホ等からで動画が見れない方は、加古選手のFacebookページの予告編(4)’’動画を参照して下さい!)

質問タイムも豊富に設定!!!!!
ベーシックでもタ-ボでも、分からない事あったら聞きまくりですよ!!!!!!!!!!!1

前回の記事において下・下ポジションの重要性に言及しましたが、下・下ポジションはベリンボロの脅威があってはじめて完成するものだと思います。

そして、例えばどうしてもパスできない、鉄壁を誇るガードがあったとしますよね。
現在はそういうガードに対しては、パスに行くのではなく、下・下で対処するという方法が頻繁に行われています。
グッドなボトムがあったら、モア・ボトムに潜って行ってめくっちゃおうという発想ですね。

世界トップの選手で下・下を行う人はたくさんいますが、そういう人達は別にアタックが苦手だから下・下を選択している訳ではありません。
むしろハファエル・メンデスをはじめとして、世界有数のアタッカーばかりだと思います。

そういう選手達がなぜ下・下を選択するかと言えば、単純にそちらの方が勝率が高いからだと思います。
トップの人もボトムの人も、めくれてしまうからです。

そしてその万能性を支えているのが、防御不能なベリンボロという技術だと思います。

だからアタックが好きな人や得意な人も、「ベリンボロはガードの人の技術」という意識はひとまず置いておいて、非常に勝率の高い選択肢として習得してみるのはいかがでしょうか。

そしてベリンボロに興味がある方、これはもう定員数との勝負ですよ!!!!
初回は速攻で売り切れ・・・。
追加セミナーが決定した今現在でも、どれくらい枠が残っていることやら・・・。

ちなみにこちらが1月13日午後6時30分~午後8時30分までの追加セミナーの問い合わせ先となっております。
主催の金古選手携帯番号・・・090-6006-8711
問い合わせメール先・・・jackdaniels19750224@gmail.com

どうかお早めに!!!!お早めにお申し込み下さい!!!!!