今年の茶帯ペナ級大一番!高橋健太vs大塚博明!!・・・2012年アジア・オープン特集②


近年世界の柔術界は、ヤングな天才達が完全に従来の技術体系を変更し、新しい段階に突入して活気づいています。
今回来日して多くの柔術家にショックを与えたミヤオ兄弟も、そういう新勢力の最右翼ですよね。

そして気がつくと、日本柔術界もその流れに乗って、フレッシュな技術コンセプトを持ったニュースター達がシーンを活性化させているという状況になってきました。

これは素晴らしい事ですよ!!!
若武者抗争、注目している方も多いと思います。
今一番面白いストーリーですよね。

アジア・オープンは、そんな若猛虎たちの、今年最後の決戦の場でもありました。

タレントひしめくアダルト茶帯ペナ級!
きましたよ初戦から!!!!!!!!!!!!!!!!!!111
2012年ヨーロピアン・アダルト紫帯ペナ級2位!新世代愛の戦士GSB高橋健太選手と、全日本選手権茶帯ペナ級2位、そしてあのコパブルテリア・アダルト茶帯完全制覇!戦うネクスト・キャビネット、次世代リーダー大塚博明選手がクラッシュ!!!!!

アダルト茶帯ペナ級・・・
高橋健太(グラップリングシュートボクサーズ)vs大塚博明(GRABAKA柔術クラブ)

初戦から各所に緊張感を走らせた大一番でした。
確かにこれはぱねえハイレベル・・・。
冒頭から大塚選手引き込みキワのTD!
少しのスキも見逃しませんね。


そして高橋選手も三角ロックから腕十字で応酬、素晴らしいですねー。
高橋選手は他の試合でも三角決めてますが、本当に足の上がりが速いです・・・。

1分20秒過ぎ、大塚選手が足流しレッグドラッグ・パスで攻め込むと、高橋選手は余った足を中に入れて防御!レベル高!!


その後
50/50戦に突入!!
これが駆け引きのある50/50戦で、見どころです!

お互いを立たせまいとして、必死のポイント攻防を展開。
両陣営のセコンド指示と併せて視聴すると、それぞれの思惑が浮き彫りとなり、より楽しめるのではないでしょうか。

50/50戦を余り好きでない方は、まだいらっしゃるかもしれません。
確かにムンジアル決勝とかで良く見られる、アドバン1差で逃げ切り目的の50/50戦は中々キツイですけど、こういう切迫した場面での取りに行く50/50戦は面白いと思います。

そして最近は海外でも段々そういう潮流になってきましたが、トップ日本人選手の50/50戦はあからさまな時間伸ばしが少なく、ポイント取りに行く選手が多いので手に汗握ります。
チェックしてみて下さい!

またそこまでハイレベルな話でなくても、いわゆる武道的観点から「競技柔術独特の動き」みたいに揶揄される事の多い50/50テクですが、このガードは技術や力で劣る人も、ハマれば強者を足止めできる優れたガードだと思います。
また序盤でいまいちバタついてしまった時などは、50/50に入って落ち着きを取り戻すという事もできます。

意外と入れるチャンスが多くて、フォームが簡単な割に最新の気分を満喫でき、しかも確実に相手が嫌がるという優れもののテク50/50、ヒザ絡むのでそこだけ注意しながら、良かったらどんどんチャレンジしてみて下さい!!!

そんな50/50戦ですが、グラバカ仕込みの強固なベース・キープを持ちながら、引き込み合いも当然のように熟知している大塚選手、あの高橋選手相手に序盤の50/50戦を有利に進めます。
4分10秒過ぎの見事なバック狙いムーブなどは、大変参考になる50/50ベーシック・ムーブですよね。大塚選手がやると強力ですねー。
ピンチの高橋選手ですが、持ち前の逆さ能力で耐えます!
バックに引き込む大塚選手と、膝十字などで回避を図る高橋選手、熱い攻防!!!


しかしそこから大塚選手、なんと逆に潜っていって後転気味にスイープ!!!


これはファンタスティックなムーブ。
50/50戦でまさかの劣勢を強いられた高橋選手ですが、そこは先端技術集団GSBの貴公子、再び50/50戦が始まった6分過ぎ、50/50のままナイス回転して一気に形成を有利に持って行きます!
GSBの回転力恐るべし・・・。
戦況を一発で逆転する力を持っていますね・・・。

しかし大塚選手も反撃!!
7分20秒過ぎ、魂のアームドラッグ!!!
見事に決まるも高橋選手なんとこれを逆さで耐える!!!
そのまま膝十字ポジションで上を奪取!!
このスーパーなムーブでポイントを上回ると、一気にバックを伺うまでに攻め立ててそのまま試合終了!

いやいや、大変な接戦の上に、非常にテクニカルで面白い試合でしたね。
両選手ともベーシックから最新テクまで、全てを駆使して魅せてくれました。
そしてこの大一番を制した高橋選手はその後も1本などで順調に勝ち上がり、決勝に進出します。

ちなみにもう一方のブロックは、なんといっても美猛虎チャールズ・ガスパー選手が本命でした。


しかしどうも体調悪そう・・・。
普段の躍動感溢れる猛虎ムーブは影を潜め、スタミナも早々に切れていた気がします。
そこへ一部で微妙に警戒されていたハフ