7月5月のデイリーニュース・・・メンデス道場問題が地元紙に取り上げられる!

メンデス道場問題が、コスタ・メサ周辺の地元紙に取り上げられた模様です。

http://articles.dailypilot.com/2012-07-03/sports/tn-dpt-0704-spfogolin-20120703_1_grand-opening-jiu-jitsu-academy-mendes-bros 

「Daily Pilot」紙という地元紙が、「フォゴーリンはメンデス兄弟道場を歓迎していない」と題する記事の中で、フォゴーリン本人やその他の当事者の談話を掲載しています。
ちなみに「Daily Pilot」紙は、メンデス道場のオープニングも記事として報じています。

「俺は柔術道場が柔術道場の隣に引っ越してきて、そのうえ既にビーチピット・レストランが使っている駐車場を使用するなんて、市が営業許可出さないと思ってたんだよ。けど許可が出ちゃったんだ。格闘技道場が隣同士で、駐車場も同じだなんて、とてもやり辛いよ。もちろん起業は自由さ。けど俺は業や因果応報というものを信じている。これは彼らにとって良くない業だと思うし、彼らのした事には不快感を持っているよ。」


師匠のクレベル・ルシアーノが真っ先にトサカにきて声明を出していて、当事者であるフェリペ・フォゴーリンの反応がまだ伝わっていませんでしたが、ここに来てやっとフォゴーリン本人のコメントが聞けたという感じですね。
まあやっぱ怒ってますねー。
営業許可出ないと思っていたんですね。
州とかの法律や条令を知らないので何とも言えませんが、確かにこういう場合、営業許可出ないという事も有り得るでしょうね。

「Daily Pilot」紙はRVCAのルカ・テノールにも取材を敢行。
ルカもコスタ・メサ在住なんですね。
しかしルカは立地に関してのコメントを拒否。「ウチの並びに住んでる女性から権利を得た」とだけ述べ、フォゴーリンのこれからの幸運と、メンデス道場と競合する事によってコスタ・メサ・トレーニングセンターのビジネスがもっと進歩する事を祈っていると付け加えたそうです。 

「Daily Pilot」紙はコスタ・メサ・トレーニングセンターの大家さんにまで取材しますが、大家さんもこの件についてコメントを拒否。
大家さんはなんでもパットと仲が良いそうで、メンデス道場のオープニングにも参加していたとか!!

フォゴーリンはもちろんオープニングに参加せず、苦虫を噛みつぶしたような顔でオープニングにやってきたお客達を眺めていたそうです。
そして「Daily Pilot」紙は最後にこう書き加えています。
「柔術コミュニティとは「お互い様」で共存している小さな共同体であるが、その一方で、柔術とは、困難から逃げずに立ち向かう強い人間を魅了して止まない競争的なスポーツなのだ。」

確かに柔術は競技ですから、優勝劣敗、弱肉強食の側面も持っていますよね。
しかし人情というものもやはりありますので、コスタ・メサ・トレーニングセンターに肩入れする人が多めというのが現状のようです。

フォゴーリンさんにだって家族が居る訳ですから、しゃれになっていないでしょうしね。


フォゴーリンさんの娘さんだそうです。
かわいいですねー。

やっぱり両道場ともに繁盛するのが一番ですから、フォゴーリンさん頑張って欲しいですね!


7月5月のデイリーニュース・・・メンデス道場問題が地元紙に取り上げられる!” への7件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。
    今までずっとLOM専で楽しませて頂いた者です。
    自分は去年から総合のジムでノーギの練習を始めました。
    それでなんとなくハーフガードが好きになってずっとエディブラボーのラバーガードを読んで勉強してきたんですが、最近別の教則も見てみたいという気持ちがわいてきました。
    ジェフグローバーやカイオテハなどがハーフの教則出してますが、ブスさんのおすすめはありますが?自分はギ有りはやらないので、出来ればノーギに応用の効くものが良いんですが・・・
    突然の質問で申し訳ないですが、お答えいただけたら嬉しいです!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >うめめさん
    どうもこんにちは!
    いつも読んで頂いてありがとうございます。
    ハーフの教則となると、カイオ・テハの「111」が素晴らしく良いですよ。
    ノーギに応用効くモノも多いです。
    そしてずばりノーギ・テクという事になると、ホブソン・モウラのこれが素晴らしいと思います。
    http://www.groundfighter.com/Robson-Moura-Super-NoGi-BJJ/
    これはノーギ専用のDVDで、ハーフにも1巻割いています。
    内容も包括的で、オススメです!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます!
    ホブソン・モウラのは全く知りませんでした。
    リンク先見ましたがすごいボリュームですね・・・
    欲しいです笑
    自分はとにかく体が小さくて軽いので、
    ほとんど下からのフルガードかハーフになってしまいます。
    カイオのは下からのテクニック集なんでしょうか?
    またもしそういった「下から」の教則で、
    おすすめのものありましたら重ねて伺いたいです!
    度々すみません(>_<)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    アメリカ カリフォルニアの柔術道場飽和状態
    北海道のラーメン通りみたいに
    柔術ストリートをカリフォルニア名物として作ったらどうでしょうか?
    有名選手の道場なら海外から留学する人もいるだろうからそういう街づくりは経済の活性化にも繋がると思うんですれどね
    ノーギじゃないけど最近シャンジの教則に関心が向いてます
    ベースとかマウントのキープとかガードの基本とか
    改めてわかってないことだらけだたんで‥(汗)

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >うめめさん
    カイオのはほとんど全て、下からのハーフガード特集DVDです。
    ホブソン・モウラのは量がたくさんですけど、色々な所で高評価なので、機会があったら是非一度見て頂きたいですね!
    ジェフ・グローバーのDVDは、ハーフでもいわゆる「ディ-プ・ハーフガード」に特化したもので、ギ有りの映像ですが、本人が主にノーギで使いまくっているように、ほぼ全てノーギに変換可能なものです。
    ジェフも体格的に細くて小さいので、参考になるかもです。
    ちなみにホビーニョは小さいですが、ヘラクレスみたいな体つきです。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >ブスさん
    ガード技術が体系的に網羅されているのは、パブロ・ポポビッチの「ノーギ・ガード・シークレット」http://www.groundfighter.com/Pablo-Popovitch-NoGi-Guard-Secrets/
    本人は細くて軽い体格とは無縁の体つきですが、基本的なムーブが数多く収録されているので使いやすいです。
    それとホブソン・モウラのDVDです。
    ジェフ・グローバーやカイオ・テハのDVDはもう少し範囲を特化した作品という感じです。
    目的に合わせて選んでみてはいかがでしょうか?
    あとやや入手が面倒なのですが、マルセロ・ガウッシアのノーギ教則DVDは評価が高いです。
    しかしノーギのヤツは僕が持って居ないので、詳しくお伝えできず済みません。
    参考にして見て下さい!

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >NダDサクさん
    シャンジやサウロの教則は、やっぱりイイですよねー。
    シャンジは教え方がサウロに比べてそっけなく、あまり評判になっていませんが、かなり膨大な種類の技を収録していて素晴らしいです。
    特にウマイタ必殺のエスケープのストックは人に教えたくないほど良い方法がたくさん載っていて最高ですよね!

コメントを残す