玉木!鈴木!パープル・スタンドアウト!!!・・・2012年コパ・ブルテリア

コパ・ブルテリア、大盛況のうちに無事閉幕しましたね!


ちなみに今大会の記事は、梅沢隆志さんが撮影されたお写真から多くを拝借しています。
どうもありがとうございます!!

大変な参加人数やブルーノ・フラザトの参戦など、話題が多かった今大会ですが、いざ終わってみると試合内容の充実度が個人的に最も印象に残っています。

観衆は熱気ムンムン、それに煽られた選りすぐりの選手達がヒートして激試合・・。
テンションとテクニックがランデヴー!!これがJiu-Jitsuベストなサイクル!!!
こういう機会を増やしていく事が日本の柔術にとってどれだけプラスになる事か!!!!

しかも今大会では嬉しい事に、日本柔術界の先を担う、いわば第7世代とも言うべきニュースター達が誕生したようです。
来ましたよついに日本にもパープルヘイズのウェーブが!!!!
紫帯と言えば、黒帯への修行過程と思いわれがちですが・・・。
ノンノンノン!!!
現在はミヤオ兄弟キーナン・コーネリアスミカエル・リエラ達に代表されるように、才能豊かな選手が「黒帯もかくや」というムーブでファンを魅了し、既に才能を開花させまくってスポンサーもグイグイ引き寄せるという、新世代選手見本市のような帯なのです!
つまり紫にヤバイ選手が居るという事は、その柔術界が元気な証拠!


しかもその選手はただ強いだけではなく、フレッシュな新世代らしく新機軸な何かを持っていなくてはいけません。
そんな貴重な才能を持つ選手達が、日本でもはっきりと自己主張して輝きはじめました!

2012コパ・ブルテリア・アダルト紫帯ペナ級決勝・・・
玉木強(トライフォース青山)vs鈴木恒太(ブルテリア・ボンサイ柔術) 


ボアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!111

しょっぱなから鈴木選手ベリンボロ高速回転始動!
ちょっとでも隙間を見付けたら即回転!!
玉木選手のトレアドール・パスにも即カウンターで合わせて回転!!
断固回転!!!煽る煽る!!!
それを凌いで玉木選手ダブルアンダーに持って行こうとした刹那、鈴木選手がヒップスロー・マウント!!
しかし玉木選手も鈴木選手の足を抱えて即座にリバーサル!
やばいクソ速い展開でエプロン・マットのクレベルもヒートですよ。

リ・スタートから物凄いスピードで引き込む鈴木選手、カウンター・トップ取りでポイントorアドバンを狙う玉木選手。
最新技術を熟知している両者、引き込み合いの駆け引きも魅せてくれてます。
そして鈴木選手、マイケル・ランギくらいでしかお目にかかれない非常に高度なバイセップス・スパイダーからの回転アタック!!!

いやいやこれは凄い!
しかも玉木選手、それにカウンターで合わせてローリング・エスケープ!
返す刀で玉木選手、噛み付きから逆サイ高速TTパスを成功させかけますが、鈴木選手が足を効かせてガードに戻します。
普通そのままガードに戻される所をそこは玉木選手、逆さキープでしつこく潜る潜る!!
この体勢からバック取り貫きますかー!?
鈴木選手思わぬピンチですが、何とかバックは許さず、スタンド・ゲームに戻します。

ハイテクムーブ一進一退過ぎですよこれ!!!本当に日本か???
しかしここは紛う方無き日の本東京浅草、熱気渦巻くリバーサイドで先端柔術バチバチサンダー雷門クラッシュ!!!!

リ・スタートから鈴木選手連続ベリンボロ・アタック!!
しかし玉木選手ローリング・エスケープ!!ついてるついてる!!
しかもラスト、ベリンボロから足の組み替えのみでレッグドラッグ・ポジション奪取ですよ。


現代柔術はライアン・ホールハファエル・メンデスが得意としているように、複雑な足の組み合わせからバックアタックを取る、いわば立体的・展開図的な技術も求められています。
玉木選手は以前ブログでも取り上げたように、この複雑な足の組み合わせからの展開を得意とするいわば3D柔術マスター!!本領発揮!!!


しかしそこは鈴木選手、コブリンヤ的な振り子からローリングしてなんとカウンター・バックアタック!!
両者の激戦にクレベルも更にヒート!!エプロン・サイドでじたばた!

再びリ・スタートから鈴木選手がまたしてもバイセップス・スパイダー・ローリング!!!!
回転が高速過ぎ!
潜りに成功し、そのままリバース・ベリンボロ的ポジションをゲットします。
しかし玉木選手、それを上手く解除するや即パス!
それに合わせて鈴木選手は即回転!
攻防がほぼ同時!!常時死線のオン・ジ・エッジ・ゲームですよ。

ガードの攻防から鈴木選手再びベリンボロ!!!!!
玉木選手耐える!!
退屈とは無縁、常にスペクタクルを求めて動き続ける両者のソウル!
鈴木選手のスパイダー後転スイープを玉木選手がローリングで凌ぐ。
そこから1呼吸も置かずにそのままトレアドール・パアアアアアス!!!!
これが決まる!!!!
鈴木選手がパスを防ごうとタートル・ポジションを選択した瞬間テイクバーーーーック!!!
そしてボウ・アンド・アロウーーーー!!!!!!!
1本!!!!

怒濤!!怒濤!!!
鈴木選手はみなさんもご存じのように、僕がボンサイ道場に練習に行った時、そのあまりの技術レベルにびっくりしてこの記事を書かせてもらい、その後ヒクソン杯覇者にもなっている日本屈指のテクニシャンです。
http://ameblo.jp/busujiujitsu/entry-10771796901.html 
(過去の記事。鈴木選手のインタビュー収録)


最強軍団ボンサイ柔術の一翼を担う精鋭で、今大会でもアブソルート級を見事制しています。

そして玉木選手は、そのテクニカルなインストラクション動画が海外で評判となり、それについて記事を書かせてもらった選手です。
http://ameblo.jp/busujiujitsu/entry-11220083045.html
(インストラクション動画掲載の過去記事)


両選手とも股関節が異常に柔らかそうなムーブが特徴で、特に鈴木選手はちょっと常人には真似出来そうにない動きを頻発し、内回り外回りが自由自在で、しかも他に類を見ない程の、ライアン・ホールが本気出した時レベルの速度で回転できる、日本はもちろん海外でも珍しいくらいのテクニシャンですねー。
現在世界レベルでの紫帯は技術水準が猛烈に上がってしまっていますが、その中でも類希なムーブを見せてくれるファンタジスタ的な存在です。


一方の玉木選手は最新技術を悉知。インストラクション動画の技術「Tバック」で示されたとおり、その組み替えやセットアップがいくら複雑でも、瞬時に仕組みを理解してバックand極めに持って行けるという、まさに現代の立体的な柔術の寵児3D柔術プロフェッサーとも言うべき能力を誇っています。


取材を通して両選手のムーブを知った僕は、この両者が戦ったら絶対噛み合って凄い試合になると確信し、その機会を心待ちにしていたのですが、コパ・ブルテリアの決勝というこれ以上無い舞台で実現!
めでたく最高の試合を堪能する事が出来ました。

柔術ファンとして、フレッシュな才能を目の当たりにできる事は、このうえない喜びですよね。
今大会は他にも、若い選手がナイスムーブをしている試合がたくさんありました。
この両選手に代表されるような、そういった新鮮な才能が今後担っていくであろう日本の柔術、先が楽しみでなりませんよね!!
頑張って欲しいですよねー!!大期待です!!!

 

  

玉木!鈴木!パープル・スタンドアウト!!!・・・2012年コパ・ブルテリア” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >Shrekさん
    多くの人がやってみたいとは思っていても、誰もができる技術では無いですからねー。
    みんな憧れのムーブを自由自在に扱い、これでもかと魅せてくれる選手達に乾杯ですね。

コメントを残す