6月29日の柔術ニュース・・・ジャパンで練習するには?

海外の掲示板で、「俺こんどトーキョーやオーサカにいくんだけど、どこか柔術練習できるトコある?」という質問があり、様々な回答が寄せられています。
http://www.sherdog.net/forums/f12/brazilian-jiu-jitsu-gyms-japan-2117411/ 

「チームメイトがジャパンに行ったときトライフォースで練習したけど、COOLだったってさ。」
「トーキョーのどこかにヒールフックやってくるヤツが居るから気を付けろよ」
「トーキョーならアクシスとトライフォースがガイジンに親切だよ」
「ガイジンに親切ってどういうこと?そうじゃない所もあるの?」
「日本人はガイジン怖がるからな」
「俺はそんな経験無いぜ。言葉が通じないからそう思うだけさ。俺はアクシスで練習したがインストラクターのタカ・ワタナベは三カ国語を操っていて素晴らしかった。柔術への情熱は言葉の壁なんて越えちまうよ。」
「俺はジャパンからステイトにやって来たワジュツケイシュウカイのヤツラとスパーしたけど、みんな強くてビックリしたぜ・・・」
「俺はコージ・シバモトのファンだから、次日本に行くときは トライフォースで練習するぜ!」

等々、色々な意見があります。
意外と日本の事知られているんですねー!
国境を越えて仲良くできるのは素敵ですよね。

ヒクソン・グレイシーに関する長編ドキュメント動画が公開されています。

伝説の中井戦でシメのようですね。
舞台裏も色々収録されているようで興味深い動画ですね。

以前もツイッターか何かで取り上げたかもしれませんが、グレイシー・バッハの名将ドラクリーノが、三角絞めの基本をレクチャーしてくれています。

素晴らしいインストラクションですね!

先日クリス・リーベンの青帯昇格を報じましたが、その師匠であるシドニー・シウバさん及びヒクソンの黒帯であるホムロ・バロスさんがそれに関して興味深いコメントを寄せています。

http://www.graciemag.com/2012/06/i-convinced-chris-leben-that-jiu-jitsus-essence-is-in-the-gi/ 


「クリスはグラウンドで素晴らしい動きができるし、基本技術の概念も理解している。今は試合から遠ざかっているけど、その間彼はグラウンドの練習に取り組んでいて、とりわけギ有りの練習を重視しているんだ。」

「私はクリスにやっとのことで、柔術の真髄はギ有りにある事を分からせたんだ。ゴチャゴチャ言う人が居るけど、ギ有りの練習は、MMAやグラップリングにおいても、タイトさや精密さを養ううえで欠かせないものなんだ。」

「彼はギにハマってしまって、他の生徒達にも良い影響を与えるくらいだったよ。」


「彼はUFCファイターで、アキヤマを極めるくらいの実力なんだから、もっと上の帯を与えるべきだと言う人も居たが、僕はこう言ったんだ。『クリスが練習に来たとき、謙遜して何帯から始めたら良いか聞いてきたよ。だから僕は白帯からだよと言った。彼は驚いたみたいだったけど、MMAやグラップリングの寝技は、柔術とは違う事を説明したら、納得してくれたよ』ってね。」

実際違う競技ですから、それに応じて競技の枠を尊重する事が、結局はどちらの競技にとってもレベルアップに繋がるのではないかな、と個人的には思います。