6月26日の柔術ニュース・・・Zガードを打ち破れ!!

最近記事が色々前後してしまってすみません。

今日は唐突ですが、Zガードのパス・ガードに関する良い動画がUPされたのでご紹介します。

その前にZガードって何?って感じですが、これはどの道場でも良く見られる、ヒザで防御するあのハーフ・ガードの事です。

他にも
カイオ・テハ(byカイオ・テハ)
ニー・シールド・ガード
93ガード(byホブソン・モウラ)
シャロウ・ハーフ(byパラゴン柔術)

等の別称があるようです。
リバース・デラヒーバ並にたくさんありますね。
デティールに差はあれ、どれもほぼ同じ体勢を指していると考えて良いでしょう。
まあZガードは相手のお尻あたりをガード、93ガードはヒザをかなり立てて相手の顔やワキ近くを脅かすのが本来だそうですが。
ちなみに「Zガード」ライアン・ホール呼称であるとか。
定かではありませんが・・・。

この立てヒザハーフに対するパスを、動画インストラクターとしてお馴染みのジェイソン・スカリーが素晴らしい方法で教えてくれています。

レッグ・ドラッグを非常に効果的に使ったZガード破り、これはイイ!!
いまやどんな体勢からでもレッグ・ドラッグに持って行けるスキルが必要とされる時代ですから、是非真似したいですねー!

ちなみにレッグウィーブ・パスへ持って行く方法も定番ですね。
御大サウロ・ヒベイロが教授してくれています。

また93ガードのご本尊であるホブソン・モウラもパス方法を教えてくれています。


中央に持っていてガードを緩める方法は多くの人に共通ですが、1分25秒くらいでそこからの腰切りパスに行くやり方を教えてくれています。
もの凄い切れ味ですねー!!
飛んでる飛んでる!

こちらはカショハオンことヒカルド・アルメイダ、シンプルなZガード破りを教えてくれています。

シンプルな方法なので、熟練度を高めてスピーディにやりたいですね。

あの秋山選手に三角締めで勝利した事でも知られるクリス・レーベン、青帯に昇格だそうです。

普通に帯叩きやってますねー。
僕だったらこんな人おっかなくって叩けませんけど・・・。

度々の言及になりますが、海外ではジョルジュ・サンピエール、ディエゴ・サンチェズ、アラン・ベルチャーやフランキー・エドガー、そしてベン・ヘンダーソンのように、例えMMA等でめっちゃくちゃ寝技が強くても、柔術的に見合った帯を与えられるのが主流となっています。

以前ギの練習をしていないラシャド・エヴァンスホーレス・グレイシーから黒帯を与えられたり、ジョシュ・バーネットエリック・パーソンから黒帯を与えられたりした事で議論が起きましたね。

帯の授与に関してはその人の勝手ですから、他人が口を挟む筋合いは無いと思います。
ただ、帯の昇格には色々な考査基準があると思いますが、単純な強さを基準にするとしても、海外のレベルは非常に非常に高いと言わざるを得ないと思います。