2012年アブダビ・プロ本戦・・・ホドウフォ・ヴィエイラ

ホドウフォ・ヴィエイラ(GFチーム)vsマルセロ・ベルナルド(ブラジリアン・パワー・チーム)

ホドウフォの階級別かアブソか分かりませんがおそらく初戦くらいです。

やや流している感じですが、相手のマルセロ選手は超ガチ、しかもなかなかのムーブを見せるので危うくパスされかけてます。
しかし優しめにTDを決めると、グリップはそのままでパス&フィニッシュ、圧倒的なアタック能力を見せつけます。
ガード時との落差が激し過ぎですね。

アブソルート級・・・ホドウフォ・ヴィエイラ(GFチーム)vs?

ホドウフォ、これがアブソ初戦の模様。
相手知り合いか?ってくらいリラックスしたムーブを見せていますね。
ノリが完全にスパーのそれで、ベリンボロを狙い、キス・オブ・ザ・ドラゴンを成功させる等、ホドウフォの柔軟なガード・ワークが楽しめる試合となっています。

ホドウフォ・ヴィエイラ(GFチーム)vsホベルト・トゥサ(グレイシー・バッハ)

バッハの強豪トゥサ、スタンドでかなり食い下がっていてさすが!という所を見せます。
しかし最後は投げられてしまい万事休す。
ホドウフォに上取られたらもうどうしようもありませんね・・・。
マウントから腕十字への移行が非常に柔らかくスムージーで美しいです。

アブソルート級準決勝・・・
ホドウフォ・ヴィエイラ(GFチーム)vsベルナルド・ファリア(アリアンシ)

まったく勝てそうな見込みが無いまま罰ゲームのように何回もホドウフォと対戦させられる悲劇のファリア、漢を見せたい所です。

しかし見事にTDされてしまうと、後はいつもと同じ展開、ホドウフォの上を返せる気配がありません。

ファリアも必死で足にしがみついたり、なんとか打開しようとしますが、ホドウフォはトップ・ポジションで体重差等を使って優位に立っているのではなく、単純にスピードと技術で相当勝っているからなので、惜しい場面があってもことごとくホドウフォにかわされて、良いポジションを取られ続けてしまいます。

ファリアまたしても後略の糸口を掴めぬまま一方的に完敗。
頑張れファリア!

アブソルート級決勝・・・
ホドウフォ・ヴィエイラ(GFチーム)vsアンドレ・ガウバォン(ATOS)

これは非常に重要な試合ですね!!
ガウバォンは2011年ADCCを完全制覇し、打倒ホドウフォの有力候補に挙げられています。

ATOS首領の超バキ・ボディと超テクが、どこまでホドウフォに迫れるのか、注目ですよ。

開始当初から、ガウバォンが物凄いブン投げられてますね。
ホドウフォのこのスタンド・アクションを止める事が出来ないと本当に厳しいですね。
かえすがえすも恐ろしいホドウフォのJUDO・・・。
さすがUGFの血を引くGFチームのレペゼン。
謎の多いUGFやGFチームの特集をいつかやりたいですねー。

しかしいまやフィジカル・モンスターと化しているガウバォン、抑え込むのにさすがのホドウフォも必死です。

しかしガウバォン、ディープハーフに持ち込むとそこから粘ってスイープ成功!!
これは凄い。
強くなってからのホドウフォがスイープされたのって余り見た事ありません。
ベルナルド・ファリアが流れでなんとか上取るくらいがせいぜいでしたよね。

しかしホドウフォもハーフから立ち上がりでスイープ仕返し!
そこからはホドウフォのパス・ムーブ独壇場!
6分42秒のパスとか物凄いですね・・・。
ガウバォンが粘りまくって完パスだけは避ける場面もアツいです。


しかし結果的にホドウフォの完勝です。

ガウバォン、特にスイープでホドウフォをかなり揺さぶっており、今までのホドウフォ対戦相手中で、最も肉薄したと言っても良いくらい健闘した内容だったと思います。

ただ、それでもだいぶ差がある感じがしますので、今後ガウバォンの巻き返しなるかどうか、微妙な所だと思います。
ガウバォンはシャンジへのリベンジを果たすなど、非常に充実した練習環境が窺われますので、期待できるかもしれません。

それにしても今大会、やはりホドウフォの圧倒的な強さが「いつものように」際立った大会だったと言えるのではないでしょうか。

思えばホジャーが君臨し、「史上最高の王者」と呼ばれた事が今は昔のように思えます。

そんな以前の事では無いんですけどね・・・。
ここまで動けて、立ちもバカ強の重量級とか反則ですよ。
しかも重量級とは言っても、そんな背高くないですし、階級だって今回はシャンジより下ですからねー。
ムーブがとにかく凄いです。
全編フライング系ムービーですよ。

ホミーニョはどうもヒザがだいぶ悪いようですので、今年はvsシャンジが柔術界最強決定戦の山場になる
のではないでしょうか。
とにかく膠着しても良いから絶対スタンドで上回らないとシャンジも厳しいと思います。
サウロや柔道メダリストと共に、立ち技術を更に磨いて欲しいですねー!

強過ぎる王者を巡ってのムンジアルが非常に楽しみです。

 

2012年アブダビ・プロ本戦・・・ホドウフォ・ヴィエイラ” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ガウヴァオまで、1・2の3でブン投げてしまうのには驚きました。何回も見てしまいます。3が来る前にガウヴァオが何か一瞬やるべきことが分からなくて止まっているようにも見えます。ホドゥフォは元柔道選手なのですか?ぜひ特集されて教えてください。柔道の立ち技って柔術ルールでは上手く使えないものが多いようですし、引き込む相手も多いので、余り時間と体力使って習う価値がないのかなと考えていたのですが(出来たら良いに違いないのは分かっていますが)、一番強い人が柔道強くて、それ故に勝ちまくってるってことですと、私のような素人はすぐに影響されます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >柔術素人さん
    ホドウフォは元柔道選手では無いと思います。
    詳細には分かりませんが。
    ホドウフォの所属チームは元々UGFと言って、フラビオ・カントも所属していた柔道&柔術チームを持つ大学なんです。
    ブルーノ・マルファシーニもUGF出身です。
    大学のクラブなのか、そこから独立したのか調べてないので分かりませんが、大学としてのHPもあったはずです。
    ホドウフォが良くやる、姿勢を低くして肩に相手乗せる投げは、同型かどうか分かりませんが、シャンジ・ヒベイロも似たヤツを良くやっていて、非常に有効なのではないでしょうか。
    シャンジが2008年ムンジアル・アブソ決勝でホジャーを2回投げたヤツです。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございました。シャンジも立ち技上手いですよね。でも最近の試合だと、不用意に寝転んでる(ように見える)ので、何でかなと思ったりしています。記事に書かれていましたように、下も当然問題なしということなのかもしれませんが、実際パスされそうなったりしていいところなく負けてるような気がして、もったいない、もっと立ち技で有利になればいいのにと思いました。
    シャンジとホジャーの2008は見つけられませんでした。それにしても、誰が何年に誰をこうした技とかそういうことを覚えていらっしゃるのが脅威的です(笑)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >柔術素人さん
    シャンジは恐らく誰よりも「上も下も強い、柔術の強さを体現する」事に自負があり、「下になると不利だから上取る」みたいな戦略は、vsホジャー以外考えていないのでしょう。
    そもそもガウバォンやファリア相手にガードで失敗する事を特に想定していなかったと思います。
    vsホジャーは、僕がシャンジはファンなのでたまたま覚えていました。
    それに昔の試合って、今の物より覚えて居やすい気がします。
    今の試合は半分くらい引き込み合いのアドバン攻防とかが多くて、細かい部分まで覚えていられない感じですね。

コメントを残す