IBJJF新ルール・・・デラヒーバ・ガードからのアンダーフックについて

新ルールについては、以前こちらで特集しましたが、個人的にいまいち腑に落ちない点があります。

デラヒーバ・ガードからのアンダーフックについてです。

この体勢になったら即失格なのでしょうか?

ヨーロピアン選手権では、多くのベリンボラーが順手に切り替えて事無きを得ていました。

しかし記事中でも指摘した通り、ミヤオは一瞬逆手に切り替えたりしています。
この点について、海外の掲示板でも議論が交わされていたようです。

http://www.mixedmartialarts.com/mma.cfm?go=forum.posts&forum=11&thread=1946236&page=4

http://www.sherdog.net/forums/f12/ibjjf-rules-x-guard-2022935/

これらの中で、ヒラリー・ウィリアムスは今回のルール変更の趣旨について「特に白・青帯の部において、ベリンボロ等を仕掛けられてもつれた結果、ヒザを痛める事態が増えている。」と述べています。

そして肝心のアンダーフックについては「確実な事は私も分からない。大きな大会の前にはルール・ミーティングが必ずあるからそれにちゃんと出席して欲しい。」との事です。

なるほどやっぱり解釈が難しいんですね。

そしてヨーロピアン選手権に出場し、この点について審判に聞いたという人の話によると、「オーバーフック&アンダーフックは関係ない。外側から足をロックされてヒザに圧力が掛かっている時に、上半身を固められて、体をターンして防ぐことが出来ない場合に失格となる。」だそうです。

うーんなるほど分かるような分からないような・・・。


この見本画像みると、確かに遠いサイドのフック足をかけられて、身動き取れないままにヒザを捻られていますね。

こういう事なんでしょうか?

この審判に聞いたという人も、説明するのがなかなか難しいと言っています。

これらの議論は1月末に行われたものなので、既に新事実が明らかになっていて僕が知らないだけの可能性もあるので、その場合はどうか僕に是非教えて下さい。

もしデラヒーバからのアンダーフックのみで失格になるのだったら、パン選手権開催の前にはっきりさせないと色々やりにくくて仕方ないと思うので・・・。
ちなみに1レッグXガードも、遠いサイドの足を、相手のお尻にかけたままならば、反則にならなそうです。

通常のXガードはもちろんOKです。

50/50ガードも、ベーシックな外側ロック・タイプならばOKの模様です。

しかし本当に絶対絶対そういうルール適用なのかは、僕には分かりません。

ご存じの方いらっしゃいましたらご指摘宜しくお願いします。