3月1日の柔術ニュース・・・Ultimate Absolute2 決勝ラウンド

 いよいよ決勝ラウンドです!

BTTの若きイケメンホープ、ヘナン・ボウジェスvs元レーヴィ級絶対王者セルソ・ヴィニシウス、
そして若きアキバ系グラップラージャスティン・レイダーと、現プルーマ級最強の1人サミュエル・ブラガの対戦という、とても興味深いマッチアップ!!!
まずはこちらから!

セルソ・ヴィニシウス(ハイアン・グレイシー)vsヘナン・ボウジェス(BTT)

 

今大会ノリにのってるヘナン、開始早々ディープ・ハーフからのXアタック!!

これが見事成功し、セルシーニョの片足担いでスイープ完成を狙います。

しかしセルシーニョそこから耐えまくって、しばらくそのままの体勢!これが長時間続きます。

その後ヘナンが三角クラッチを決めた所で、セルシーニョがリフトしてスラミング!!!!
ヘナン猛抗議!!
けどルールはスラム有り!!
勘違いしたままチョーク喰らってヘナン敗戦です。
 
展開はかなり押せ押せだったので、かわいそうな事はかわいそうですが、まあこれはヘナンが悪いですねー。
プンプンにふてくされまくるヘナンをセルシーニョが慰めます。

ジャスティン・レイダー(ハファエル・ロバトJr)vsサミュエル・ブラガ(グレイシー・バッハ)

 

のっけからブラガがテクニカルな入りの腕十字!!
ジャスティン耐えますが、結構入ってる気が。
ライアンのヒールもそうでしたが、ここも腕が逆に曲がってるのにジャスティン痛くないんですかね!!

そして今度は3分過ぎ、ジャスティンが股裂けポジションから、カーフ・スライサー!!

ゴアアアアアアアアアア!!!!!1
ブラガ超痛そう!!!
メッチャ耐えるブラガ!!こんな痛そうなブラガは初めてみました!

しかしブラガ逆襲!!
両者こんがらがりながらも再度十字アタック!!
しかしジャスティンは平気そう!
技仕掛けながらも痛そうなブラガがたまらず十字を放棄。
ポジションを変えようとするもジャスティンは譲らず!
イタイイタイ!!!!!1

結構な時間過ぎた後、やっとブラガは解放されますが、どう考えてもダメージ大きそう。
自分を奮起させるブラガ、その後も鉄壁のガードを続けます。

8分50秒過ぎ、ジャスティンは両足担ぎをゆーっくり行い、ブラガのカウンターを封じた所でまたしても股裂きっぽいシングルバック・ポジションを奪取!
再びカーフスライサーの体勢へ。
青くなったブラガは必死でエスケープ!

「ザ・ガマン」のような試合は延長に突入です。

パート2
  

不死身のジャスティン、いつまで経っても元気ですね。
中央に戻る際などハツラツとしてます。

一方ブラガは結構ヘロってて、半分嫌になってる感じですねー。

延長8分50秒過ぎ、バテてるっぽく見えてもチャンスで急襲してくるのがブラガ流。

しかしブラガのTDをジャスティンは跳ね返してそのまま抑え込み!
ジャスティン、本当にキワが強いですね。
そして放送席を破壊しながらも、なんとブラガを完パス!!!!

そのままジャスティン勝利!決勝進出です。
2011ノーギ・ワールズ王者はダテじゃないですね。

そしてブラガはどうも3位決定戦を行うことが出来なかったらしく、ヘナン・ボウジェスが見事3位入賞です。
ポカはしましたが、この結果にブスタマンチ総帥も喜んでいるのではないでしょうか。

 

決勝戦
セルソ・ヴィニシウス(ハイアン・グレイシー)vsジャスティン・レイダー(ハファエル・ロバトJr)
パート1



のっけからセルシーニョが負傷して、治療している場面がほとんどです。
パート2



スタンドでの攻防が続きますが3分30秒過ぎ、セルシーニョのブルドーザーTDが炸裂!!
あのジャスティンをTDしてマウント&バックの大量得点!!!

パート3



なんか中断している場面の多い試合ですが、途中からヒート!!
セルシーニョが張り手気味にプッシュしたり、喧嘩のような雰囲気に。
両者ともに猛攻タイプなので、グルグルに攻め合います。
しかしタイムアップでセルシーニョ勝利!!
見事優勝を飾ります。

セルシーニョはこの勝利で以前言及していた引退を撤回し、アブダビプロ・グラマド予選に出場する意向を示しました。
まだまだ活躍して欲しいですね。

敗れ
たジャスティンも大活躍で、大会を盛り上げました。
見た目は不審者風ですけどとても強いので、これからビッグネームの仲間入りが出来るように、頑張って欲しいですね