2月27日の柔術ニュース・・・セルシーニョ、Ultimate Absolute2 を制覇!

先週末に行われた注目のUltimate Absolute2軽量級トーナメント、セルソ・ヴィニシウスが決勝でジャスティン・レイダーを12-0で破って優勝しました。 

最近黄昏れた話題しかなかったセルシーニョですが、昨年のアブダビ・プロでの大活躍に今回のUltimate Absolute2 と、ここにきて次々とインパクトを残していて凄いです。
試合を見ながら、大会の概要を追ってみましょう。

まず1回戦、ウィルソン・ヘイスvsデニー・プロコポス(10thプラネット)です。

 

エディ・ブラボーの黒帯として注目されるデニーですが、躍動するウィルソン・ヘイスにこれ以上ないくらいボコられています・・・。
24-2でヘイスが2回戦進出。

ライアン・ホール(マルセロ・ガウッシア)vsラモン・フロアーズ(Kioto Bjj)

 

これは恐ろしい!!
50/50ヒールフック!!!
インバーテッド・ガートから50/50へ見事な移行を見せたと思ったらコレですよ。
鬼のライアン来ましたね。

ヘナン・ボウジェス(BTT)vsブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)

 

BTTの柔術隊長ヘナン・ボウジェス、最初から凄い勢いですねー。
ガロから果敢に挑戦したマルファシーニを完パスで撃退!!

サミュエル・ブラガ(グレイシー・バッハ)vsジョエル・チュ-ダー(BJJレボリューション)

 

ギ有りでの希代のテクニシャンであるブラガ、注目のノーギ戦です。
ブラガのノーギはあまり見た事無いですねー。
対するはカリスマ・イケメンサーファーのジョエル・チューダー!!

のっけから逆さ全開のブラガ!!
ベリンボロよりも内回り「キス・オブ・ザ・ドラゴン」優先という、現代柔術のノーギ戦略として定番になりつつある方法をブラガも踏襲し、連発しています。

凄テクを次々繰り出していても、どこか「のらりくらり感」が漂うブラガ、ジョエルも非常にやりにくそう!

かと思いきやシッティングからいきなりTDをカマしたり、とにかく読めないブラガのスタイル。
6-4でブラガ危なげなく勝利です。

セルソ・ヴィニシウス(ハイアン・グレイシー)vsマーク・レイモス

 

ノーギだとその狂獣ぶりが一層際立つセルシーニョ、ブルドーザーと化して新鋭マーク・レイモスを撃破!!
6分過ぎの、逆さガード破りとか物凄いですね・・・。

5年半で黒帯を取得したマークに、ブラックベルトの恐ろしさをたたき込んだ模様です。

その他ではジャスティン・レイダーマイク・ファウラーが1回戦を勝ち上がりました。
以降の試合はパート2で速報します。

2月27日の柔術ニュース・・・セルシーニョ、Ultimate Absolute2 を制覇!” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    いつも楽しみながら拝見させて頂いてます。ブスさんのアンテナに引っかかるかわかりませんが、細野官房長官と茶帯のサダヨシ、クリモリ選手は似てると思いませんか?なんかスッキリです笑

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >練習生さん
    いつも読んで頂いてありがとうございます!
    茶帯の方はこれから頑張ってもらいたいですねー。
    結構黒帯に昇格した方が多いので、これからもドンドン盛り上げてもらいたいですね!

コメントを残す