2月13日の柔術ニュース②・・・ヒューストン・オープン、ライアン・ホールの試合で物議

ヒューストン・オープン試合動画がアップロードされてきている模様です。
ライアン・ホール(マルセロ・ガウッシア道場)vsブルーノ・エンリケ(グレイシーバッハ・ベロリゾンチ)

 

ライアン・ホール相変わらず逆さ全開で頑張ってますね!
インバーテッド・ガードと、それを攻略しようと低い姿勢で粘るブルーノ、もう絵面は完全にピーピング・プレイですが問題は終了間際、ライアンがスペクタクルなローリング・サンダー・バックアタック!!
これが見事に決まりバック取りですが、ポイントならず・・・。
ホールド足をクロスしてたからみたいですね。
そういうルールってどうなの?という議論が盛んになっています。

ギリェルミ・メンデス(ATOS)vsパブロ・シウバ(グレイシーバッハ・ベロリゾンチ)

 

ギリェルミ、パスが強いですねー。
あのパブロ・シウバのガードを完全に攻略し切っていて、勝負になっていません・・・。
これはどういう事なのでしょうか・・・。

ハファエルメンデス(ATOS)vsアンドレ・モンテイロ(カーウソン・グレイシー)

 

ついついド派手な試合を期待してしまうハファエルですが、今回はハーフ上から足も抜かずチョーク勝ちという、サウロ・ヒベイロのような勝利の仕方です。

アブソ決勝、僕はJTとジミー・ハービソンのロイド・アーヴィン同士で対戦回避したのかと思ったのですが、普通に試合していたようです。

 
JTの動きが良いです。
動画1分過ぎのパスとか超かっこいいですね。ラストは足関節でしょうか。
重量級のジミー相手に一方的な試合内容を見せています。
JTvsマルセロ・サラザール(BTT)

 
この試合でも、JTはアタックで素晴らしい動きを見せていますねー。
4分過ぎあたりの、TTパスを狙えるポジションから一気に順方向へのパス!

握力の物凄い強さと、ロイド・アーヴィン・システムで有名になったJTことジョナサン・トレスですが、もはやそういう話題は抜きで、1人の強豪柔術家としてどんどん成長しているようで頑張って欲しいですね。

2月13日の柔術ニュース②・・・ヒューストン・オープン、ライアン・ホールの試合で物議” への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    足をクロスしてバックを取ると、相手に内ヒールみたいな関節技くらっちゃう可能性が出てきますよね。
    柔術ルールではヒールは禁止ですが、やはり柔術が護身術等の要素を兼ね備えていることを考えると、ヒールを喰らいやすいバックの取り方はどうかなと思います。
    むしろ、足をクロスしていたらポイントにならないというのは、ヒール禁止による安全性と、武道性を両立させたいいルールだと思います。あと個人的にはシングルバックをポイントにしてはどういかとは思います。

コメントを残す