カイオとジェフが大げんか!!しかしそこには・・・

カイオ・テハジェフ・グローバーがフェイス・ブック上で深刻な論争を繰り広げています。

柔術新聞
発端はこの記事です。

カイオが今年たくさんのケガに打ち克って、ノーギ・ワールズ他を制したという内容です。

http://www.graciemag.com/en/2011/11/caio-terra-makes-history/

「カイオは今年、体でケガをしていない部位が無いくらいケガだらけだった。

ノーギ・ワールズを制した時も、彼の両手は皮膚がひどい損傷を受けており、肩は筋断裂、膝とふくらはぎも痛めており、1年を通して60日しか練習できていなかったのだ。」


この記事を受けて、カイオは高らかにこう宣言します。

柔術新聞

http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=298735133478467&id=100000849611971

I competed this whole year with injuries that most people that had it gave up of jiu-jitsu or thought of given up.
I competed without been able to training.
I competed because I am not ashamed of losing even though I always want to win.
I competed to prove to myself and the ones who follows me that my believes in technique seems to be correct and even though ANY MAN CAN BE DEFEATED, THERE SHOULD BE NO POWER, STRENGTH OR PHYSICAL ABILITY TO STOP TECHNIQUE.
Develop your technique, because your physical abilities won’t last forever.

The ones who have competed without training or have a major injury like me should know how hard it is. One day might be good to be remembered by that but…
I don’t want any credit, give it all to Jiu-Jitsu.

「俺は今年1年を通して、普通の人なら柔術辞めちゃうくらいのケガを抱えながら戦い抜いた。

ほとんど練習できなくても試合に出た。

勝ちたい気持ちは人一倍持っているけれども、負ける事を恥とは思っていないから、試合に出続けた。

正しい技術があればどんな相手でも倒せる、正しい技術を止める事ができるパワーや強靱さ、身体能力など無いという自分の信念と、それを応援してくれるファンの意志が正しい事を証明するために、試合に出た。

技術を磨け!

身体能力を永遠に保ち続ける事などできないのだから・・・。

俺のようにケガに苦しんで練習できない競技者は、これがイバラの道である事は良く知っておいた方が良いと思う。

けど、正しい方向を進んでいれば、、いつかきっと良い思い出になると思う。

俺はカネなんて要らない。全て柔術に捧げる!」


非常に感動的な宣言ですが、ここでジェフ・グローバーが噛み付きます。

柔術新聞
Lol Yo, ciao terra, welcome to the club baby, I’ve never been injury free. Your not the only one player. Props on the style and skill, just stop whining lol you repeating parrot lol"

「へーいカイオちゃんよ、俺もケガ無かった時なんてねーんだけど?柔術テクは結構イイもん持ってるんだから、グチグチ言うのいい加減止めたら?いっつも同じ事言ってオウムみてーだよ?」


これにカイオが激怒!!

柔術新聞
Thanks buddy, maybe that’s why you NEVER compete or when you do so, don’t win =(
And taking steroids should be easier to recover your body no?!
http://www.nhbgear.com/forum/i ​ndex.php/topic,89215.75.html
Don’t say you haven’t, I got your own words there 😉
Is that why you are been a hater?

Am I wrong? Should I hide all my injuries and pretend I was training and everything was fine? What you guys think?

「いやーアドバイスありがとう。その理由はさ、多分あんたが試合に出た事ないか、出ても負けてばっかだからじゃないかなー?あとさ、ケガの回復の為にステやってるからだと思うよ。やって無いなんて言うなよ-?ここにあんたの書き込みあるんだから。ステ派だから俺の事嫌ってるのかな?なあみんな、俺はケガなんて全くしてない、練習もバキバキやったって装っていれば良かったって言うのかな?どう思うよ?」

うわー怒ってます・・・。


ちなみにジェフの書き込みというのはこれです。

http://www.nhbgear.com/forum/index.php/topic,89215.75.html

下から3段目の、「ThePipeLayer」というのがジェフだそうです。

該当箇所の発言だけだと、ジェフがイカれてるだけという風になってしまいますので、やり取り全体を軽く訳してみます。

I dont feel like anyone should ever try to cover up or hide or lie about thier roids use. i did a cycle a year and a half ago, got me kinda chubie. When ppl would ask me wahts going /on, why are you getting so big? i would say: "IM on steroids" I just dont care if ppl lose respect for me or what ever. it helped me in so many ways.

ジェフ「みんなステ使ってる事隠したりしなくて良いんじゃないかなー。俺も1年半くらい前サイクル作って打ってったよ。体デカくなった。もしみんなが『どうしてそんなにデカくなった?』って聞いたら、『ステロイド打ってるんだよ』ってちゃんと答えてたぜ。みんなが俺にガッカリするだろうなんて気にもしなかったよ。だってスゲー役立ったからね。」

ファン「うわあ」

ジェフ「うわあじゃねーよ。オレたちゃ戦ってるんだぜ?クスリ使ってるヤツ居るって聞いてマジでビビったの?オレにとっちゃ普通の事だけどな。むしろみんなサイクル組めばいいのにってマジ思うぜ。」

ファン「いや、僕も長くこの世界に居るから、そういう事はたくさん見たり聞いたりしたから、それだけじゃ驚かないけど、あなたのような人が認めたって事に驚いているんだ・・・。こんな事言っちゃっていいの?」

ジェフ「そんな事気にしねーよ。たーくさんのヤツがたーくさんのクスリやってるぜ?ステロイドにペインキラーに・・・、マジなんでもアリだよ。」

ジェフ「オレは嘘言えねーんだ。だから人気あるんだろうけどな。」

ジェフ「凄い効いたよ。それに他にもイイ効果あったんだ。打ってた時オレ超セクシーになっちゃったんだ。あれはUFCのトレーニングキャンプに参加してた時かな。何かの大会に出てた訳じゃ無かった。ダチの試合をサポートしてたんだ。全く後悔してないよ。8年間柔術やってきたけど、自分の体にやってきた事の中で一番良かった事だと思ってるよ。オレ腰が本当に信じられないくらいヤバくてさ。ずっと痛かったんだ。けどそれも治っちまったよ!これは2年くらい前の話かな。」

柔術新聞

ていうかジェフ・グローバーが打ってたなんて知らなかったのでショックなんですけど・・・。

マリファナ好きなのは知ってましたが・・・。

だって細いし、当たりというかキワの攻防というか、そういうの凄い弱いイメージあったので。

というか普通キワの攻防になる所を、意味不明なテク繰り出して避けるのがジェフ・スタイルですよね。

見かけやファイト・スタイルだけでは本当に分からないものなんですねー。


柔術新聞

それと軟体選手の代表のようなジェフが、そんなに腰痛に苦しんでいたなんて知らなかったです。カイオもそんなケガだらけだったなんて・・・。

ああいう体柔らかい人はケガと無縁だと思っていました。

やっぱ歴戦の有名選手ともなるとダメージの蓄積がはんぱないんですね。

厳しい世界ですね。


ジェフの聖人君子面してないあけっぴろげなな態度はなんかかわいいですけど、それにしても物凄いぶっちゃけてます・・・。

ステロイドと一番縁遠そうだったのに。

ちょっと前には、エディ・ブラボーのマリファナ使用推奨発言に関して、ホドリゴ・コンプリードが激怒したりしていましたね。

柔術新聞
http://www.youtube.com/watch?v=Nxfxg_H5eAU

「今日はドラッグについて言いたい事がある。カイオ・テハやフェリペ・コスタらもステロイド撲滅に取り組んでくれているけど、最近マリファナやりながら練習すると良いなんて抜かしてるヤツが居るね。簡単な話さ。エディ・ブラボーは馬鹿なんだよ。いいかい、そんな事やっても自分のパフォーマンスは上がらない。自分に自信を付けたいのなら、スポーツをやるんだ。格闘技をやるんだ。けどクスリは絶対やってはいけない。僕はシカゴで、薬物中毒と戦っているファイターをずっと支援してきた。だから格闘技を教える身でありながら、『マリファナは柔術に良い。』なんて言える人間が居ることを恥ずかしく思う。クソだよ。柔術で良い成績を収めたいのなら練習するんだ。試合に出るんだ。ハードにトレーニングするんだ。クスリやるなんてクソだ!!」

KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE


しかしこちらも、コンプリードが以前からエディの技術に否定的である事、マリファナの効能に関して色々意見が別れている事などから、ファン側としても議論がこじれて感情的になっている人も多いようです。


カイオとジェフもただのネット喧嘩なら別に問題無いと思うのですが、背景に根深い柔術薬物事情があるのが残念ですね・・・。


確かに体悪いと、何でもやりたくなります。

僕も腰が終わってるので、痛み止めとしてステロイド含有のものを処方され、服用してた時があります。

痛み止めとしては凄く効きました。

筋肉とかは別に付かなかったですけど・・・。


もちろんこんなパンピーレベルの話では無いでしょうし、ジェフが体大きくする&トレーニング効果UP目的で使用していたのか、それとも治療目的で使用していたのかは、我々外部の人間からははっきりとは分かりません。(ざっと読んだ印象ですが、多分両方では)


ただ、試合で相手ぶっこわす目的で使用している人がたくさん居るんだろうなー、と改めて実感してしまったので、なんか嫌な気分ですね。


個人的には、なんでもかんでも正直に話しちゃうジェフよりも、素知らぬ顔で打ってる人の方が怖いです。

カイオ・テハだって本当は後者の方が嫌いだと思います。

ジェフは試合で使った訳では無さそうですからね。

だから両者にはヘンな揉め方しないで欲しいですねー。

両方とも好きな選手なので、ファンとしては困ってしまいますね。

ちなみにジェフの奥さんだかガールフレンドだか分からないですけどヤバイ美人です。

新世代未来戦士・・・加古拓渡選手 先端技術集団GSB編

柔術新聞
前回まで、いかに加古選手の先進性が際立っていて、その技術が優れたものであるかを力説してきました。

しかしここで疑問ですよ。なんで加古選手はあんなに強いんですかね・・・。

加古選手だけが突然変異的に強いのでしょうか。

個人能力が突出している感じで・・・。

もちろんそういう部分もあると思います。

しかししかしかかししかかしかし!!!!!

ちょっと違いましたよマジで。

これ見てください。

これは加古選手のチームメイトである、紫帯ペナ級全日本王者の高橋選手の試合です。

http://www.youtube.com/watch?v=sOttDW8htOg&feature=channel_video_title
TUEEEEEEEEEEEEEEEEE

ATOSフィリピンの選手相手にベリンボロ戦????

50/50にカウンター・ベリンボロ????

これはどういう事なんですかね?

しかも試合終盤の上取り合いをガチ制して、ロブ・ハルフォードの裏声みたいな声で「アイラブジャパン!!!!!」????

http://www.youtube.com/watch?v=8e09IG2GK_E&feature=channel_video_title

腰が柔らかく、お尻も高くあがっていて体の力も強そうですし、長い手足を活かしたスパイダーグリップも強力にドしつこいですねー。

そして50/50スパイダー????
ランギ???


もはや愛知県のGSBという道場でヤバイ何かが起こっているとしか思えませんよ!!!!


そしてGSBに近しい人から、衝撃の情報を得ました!!!!


いわく「あの道場は、黒帯の加藤哲人先生が以前から超攻撃的かつ特殊なハーフ下の技術をやったりしていて、技術傾向がどの道場とも違う。非常に個性的。」との事。

おお、先端の由来を発見した気分です・・・。

ちなみに加藤先生がギでツイスターの基本をレクチャーしている動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=XAn2cmtY9kY


うおおおお僕が知らなかっただけで、元々日本のシリコンバレー道場的な先端性をひそかに誇っていたようです。

ヤバイヤバイ僕とか東京に居ますから、「東京から遠いと情報が入らなくて大変だろうな~」とか時代錯誤な超のん気な事思ってますから、加古選手とかGSBとか本当カウンターパンチです。

いきなりベリンボログルングルンですよ?


そもそも「東京に居るから情報入る」とか、意味分かんないですよね。

だって今ネットとBudovideos ありますもん。

ブラジリアン柔術の先端技術からは、もはや日本全国どこも等距離ですよ。

道場の数とか、練習環境の違いはもちろんありますけど。

少なくとも日本でブラジルに一番近い場所って、別に東京とかに限らないですよねもはや。

今更な話ですみませんけど!

単純に競技的な意味で言えば、本間選手が居る北海道がブラジル最短地区ですよね。

ムンジアル最高到達地点ですもん。

(本間選手の練習状況良く知らないので、事実に違いがあったらすみません。確か北海道で工夫しながら練習されてると雑誌で読みましたよ。)

ルテリア・ボンサイ道場も近そうですよねー。


そして愛知県のGSB、そして半田柔術、ヤケドしそうなくらい近いですよ!!!

トガってます!!!


「中部地区はとても大会数が多いです。愛知県での大会は半田の青山武道館でやることが多いのですが、日系ブラジル人のチームがたくさん出てるので、参加人数も多いです。私は出れる大会はなるべく全部出るようにしてるので、中部だけでも年間5大会ぐらいは出てます。」

「中部にも強い選手が結構いるので、機会があれば是非中部の大会も観戦していただければと思います。ちょっと遠いですが…。 関西より西や、北関東より北でやられてる方は、それこそ試合数が少ないので、中部はむしろ恵まれてると思います。距離的にも、東京でやる大きな大会にも比較的参加しやすいですし、出場可能な大会数という意味では、関東より下手したら多いぐらいではないでしょうか。逆に東京の選手はあまり地方の大会に出ないので。」

確かにいっつもドゥマウとかやってるイメージあります・・・。

結果歴戦の選手が多くなり、日系ブラジル人の選手とかもたくさんなのでレベル高そう・・・。

「私は出れる大会はなるべく全部出るようにしてるので、中部だけでも年間5大会ぐらいは出てます。4日の日曜日には岐阜でやる大会に出場します。私は関東の試合にも年2~3回出場してますので、日本人の茶帯ではかなり試合に出てる方だと思います。試合数こなしてる経験値はかなりプラスになってると思います。特に試合当日の集中力の持っていき方は、周囲もドン引きするほどです。」 「これは根拠ないですが、集中力を高めることによりアドレナリンが分泌されて、火事場の馬鹿力が出せると思ってます。試合数の多少に関わらず、翌日はいつも酷い筋肉痛になってますから、普段ではあり得ない出力をしてることは確かだと思います。あとは、アブソで剛力のデカいブラジル人と何度も試合してるので、単に力が強い選手と戦っても今更ビックリしなくなりました。」
加古選手の、試合出場に関する意識の高さが頼もしいですね。


海外のトップ選手も、口を揃えて「試合には出続けた方が良い。」と言ってますよね。

ムンジアルやアブダビ・プロ等大きな大会も、もちろん目標であることは確かなのでしょうけど、カレンダー的に言えば彼らにとっては所詮1スケジュールに過ぎないかのように、ビッグな大会終わっても速攻で別の大会に出場してますよね。

実際、ガウッシアやホジャー等を除けば、ムンジアル好成績の選手で大会ジャンキーでない選手の方が珍しいです。

上位の選手は本当しょっちゅうアチコチで名前を見かけます。

「競技者としての目標は、中部の一員として、中部の大会を盛り上げたいというのが一つです。ソウザ兄弟などは、中部の大会にもレギュラー参戦して、大会としての質を高めてくれていると思います。そんな彼らを尊敬してますので、私もそんな選手の一人になりたいと思っています。また、中部の選手として東京の大きな大会に勝つことで、中部を盛り上げたいとも思っています。勿論、一個人としてもですが。」

優れた選手が地元に愛着を持ち、貢献していく。

結果その地域の柔術が盛り上がってレベルも高くなる・・・。

Jiu-Jitsu良い循環来てますね-。

規模の大小はあれど、同じ現象が全国各地でたくさん起こって欲しいですよね。



思えばATOSもリオ・クラーロの小さな道場から始まりましたが、そこが秘密基地のようになって様々な技術革新が行われ、結果柔術の技術体系を変更する程の影響力を持つようになりました。

現在、特にMMA等では、いわゆるメガジムの利点が声高に語られており、僕もそれには全く同感ですが、やたらめったら環境を変える前に、やれる事があるのでは無いかと、加古選手やGSBの活躍を見て思うようになりました。

元々GSBが持っていた革新の気風に加え、加古選手の情報収集能力&分析力、そこから得られた良い方向性をハードな練習で実現する精神力、まあこれらは言ってみれば柔術への欲求の強さだと思いますが、それらがあの強烈な完成度を形作っているのではないでしょうか。
個人で掘り下げられる事は、まだまだたくさんあるんだと教えられた気分です。

まあどっちにしろ僕には全く真似出来ませんけど・・・。

これを読んで下さっている本気組の方々がいらっしゃったら、良ければ参考にしてみてはいかがでしょうか!

次回はいよいよ最終回、図々しくも加古選手に練習方法とか聞いちゃったので書いてみます。

僕のような冗談組の人達にもタメになるように書くつもりなので、楽しみにして下さい!!