レアンドロ・ロ・ペレイラ・・・レオジーニョ以来の天才アタッカー登場か 

アブダビ・プロ柔術-74キロ級は、波乱が多かった同大会の中でも、最も混迷を極めた階級となりました。

見学に来ていた引退中のコブリンヤが、そのまま普段より上であるこの階級に出場して勝ち続けてしまい、最近ケガで振るわなかったセルソ・ヴィニシウスが無敵の快進撃を続けました。

そして何と言っても最大の衝撃は、3年近く無敗で、優勝候補筆頭であるレーヴィ級最強の選手マイケル・ランギが早い段階で、ある選手にあっさり敗れてしまった事です。

そしてコブリンヤを激戦の末に下して決勝に進出したセルシーニョまで、その選手に完敗してしまいました。

その選手こそがレアンドロ・ロ・ペレイラです。

柔術新聞

まずvsマイケル・ランギを見てみましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=EGzsfKITDgI  (遠め)

http://www.youtube.com/watch?v=2VfXPOuvNaY  (近め)


スパイダーに対するパスのセンスが凄く良い気がします。


基本的にガード片足を地面につけて、そこを乗り越えて、腰切ってサイドに入ろうとする狙いなのですが、足の越え方とかがなんかヒョイヒョイって感じで、力任せでなくどこかリズミカルです。


もちろん力は強そうですし、体力も半端ないんですけど、それだけでなく足越えた後の体の寄せ方とかにもセンスを感じちゃいますね。


そして注目すべきは、ランギがスイープ攻撃に移れていない事です。


そこまで必死に防御という感じではありませんが、レアンドロの攻撃の鋭さのせいか、ガードを強いられる時間が長く、仕掛け始めるのが遅くなっています。


あのマイケル・ランギが下から攻めに転じる事ができないというのは普通ではありません。


後半徐々に攻勢に転じますが、レアンドロは俊敏にベースを取り、自分の体勢を崩すことなく、鋭いパス攻撃を続行します。


そしてラスト、業を煮やしたランギがガードからクォーターポジションを取った所、レアンドロはそれを押しつぶして男のクロスニー・パス一閃!!!


そして獣のように回り続け、なんとあのマイケル・ランギを完パス&完全バック取り!!!

柔術新聞

信じられませんがここでタイムアップ!!!

クラッカーレアンドロ完勝です。


上の動画では、コブリンヤやファビオ・グージェウの「ありゃりゃ・・・」という表情を捉えていますが、誰もがそういう表情を浮かべていたのではないでしょうか。


そして決勝のセルソ・ヴィニシウス戦です。

http://www.youtube.com/watch?v=1pHCygqEqDM

序盤からセルシーニョの猛獣のような担ぎパスが炸裂しています!!

レアンドロ逆さになって痛そう!!

体がヘンな風に曲がります!!首とか腰とか大丈夫なんですかね??

僕ならこの時点でタップアウト!!!


しかしレアンドロは素晴らしい根性で耐え切り、スパイダーに移行します。


徐々にホミーニョのように相手の上腕を上手く捕らえるようになり、そこからスパイダー上腕固め&草刈の合体技のようなスイープが炸裂!!


あのセルシーニョが耐え切れずに倒れる!!


その後も草刈りでセルシーニョのベースを崩しまくり!!


レアンドロ、ガードが強いというよりも、スイープがめちゃ強力です。


長いインターバルの後、上を嫌がったかセルシーニョが引きこみ。

お馴染みの爆裂ハーフが見れるかと思いきや、レアンドロがあっという間に光速パス!!!

この相手がガードする間も無く、新幹線のように通過する様は、あのレオジーニョを彷彿とさせますね。


セルシーニョはガード足を掛ける事すらできないまま、ポイントを防ぐのがやっとこさ!!

プリンスのハーフ・テクを繰り出すヒマも与えてもらえません・・・。


そしてセルシーニョが再び引き込んだ所をレアンドロまたもや完パス!!

あのセルシーニョが信じられません・・・。


そのまま攻めに攻めまくられて試合終了・・・。

レアンドロまたもや完勝です。


調べてみるとレアンドロ、柔術始めたのが2004年との事・・・・。

柔術歴短かっ!!!


ていうか1989年生まれ・・・・。


ちょっと前までジュベニウで試合してたとか。

まじはんぱないです。


シセロ・コスタが主催する、経済的に恵まれない子供向けの柔術プログラムで柔術始めたそうです。

だからムンジアルがアメリカ行ってからは、とても出場できなかったとか。

ブラジルはそういう選手がたくさん居るのでしょうね。


シセロ・コスタと言えばパスの名手をたくさん輩出したバルボーザ門下、本人も強力なクロスニー・パスの使い手として知られていますね。


その弟子であるレアンドロも、閃光のような切れ味のパスを駆使していました。


現在の柔術界はガード技術が異常に発達しており、注目される技術もベリンボロを始めとして、自然とガードの技術が多くなっています。


そしてメジオ以下では、パスだけでお客呼べるような強力なアタッカーというのはマルセロ・ガウッシアくらいでは無いでしょうか。


ハファエル・メンデスもTTパスを駆使して強力なパスを見せますが、手順が複雑ですし、4次元殺法のような体勢が多く、あまりアタッカーという感じはしません。


上!下!という分かりやすい展開から、レオジーニョ系の超ハイスピード・パスを繰り出すレアンドロ、現在の柔術界において貴重な、分かりやすい魅力を備えた選手だと個人的には感じます。


アグレッシブなアタッカー大好きなので、今後も是非活躍して欲しいと思います。

柔術新聞

クロン・グレイシー、ドゥリーニョに1本勝ち!!

先日イタリアのヴィエラで行われた柔術大会から衝撃の情報が流れました。

なんとクロン・グレイシーが、ATOSのジルベルト・ドゥリーニョ・バーンズを極めたというのです。

柔術新聞
ドゥリーニョと言えばレーヴィ級世界最強の一角。

最新技術を自在に駆使する、現在最も脂がのってる強豪ですよね。

そのドゥリーニョが1本負け・・・。

しかもヒクソンの息子である、あのクロン・グレイシーに・・・。

柔術新聞


最初誤報か読み違えだと思いました。

http://www.graciemag.com/en/2011/05/bernardo-and-kron-shine-at-bjj-professional-cup/

この記事に1行くらい、しかも分かりづらい表現で記述があっただけだからです。


扱い小さ過ぎます!!!


海外でも「本当かよ!!」的なファンの声が多数あがりました。

しかしその大会に出場していた人からの証言も出て来て、どうやら本当らしいとの事。


そして試合動画が登場しました。

http://www.youtube.com/watch?v=NzB_TouFlv8


確かに極めてます!!!


まずドゥリーニョが1本背負いを決めて、相変わらずの強さを見せています。

しかし下になったクロンも、得意のシッティングの体勢からドゥリーニョをしつこくかきまわし、後転スイープを決めかけたり負けていません。


立ちパスが上手くいかないと見るやドゥリーニョ、低い姿勢からのパスに攻めを切り替えます。

一時はバック取りかけたり、相変わらずのスピードを見せますが、担ぎの体勢に入った刹那、クロンに仕掛けられています。


これは世界的な柔道寝業師として知られる、フラビオ・カントの得意技だそうです。

柔術新聞

http://www.youtube.com/watch?v=Ltd0WyHl644

この動画の2分や2分30秒くらいでやってるヤツですね。

シッティング・ガードからの展開としてとても使えそうな技ですね。

小手絞りと同様、噛み付きや担ぎ等低い姿勢からのパスへのカウンターとして有用そうです。


この技を解説しているの動画がこちらです。

http://www.youtube.com/watch?v=2jqoCPM7X4E

相手の首に掛けた足を、更に脇に差したりしてて、ややディティールが違いますが、コンセプトは同じですね。

柔術新聞

ちなみにノーギでやるとこうです。ニック・ペイスという人が得意な「ペイス・チョーク」というらしいです。

http://www.youtube.com/watch?v=iRKVROOxHKs


クロンみたいにトラディショナルなスタイルの選手が、ドゥリーニョのように最新技術の選手に1本勝ちするというのは、何ともロマンのある出来事ですね。

柔術新聞