サミュエル・ブラガとBerimbolo

先日紹介したBerimbolo、どうもなんか引っ掛かってたんですけど分かりました。
2008年ムンジアル・プルーマ級決勝戦におけるサミュエル・ブラガvs吉岡大選手の一戦中の事でした。
悲願の日本人ムンジアル初制覇の期待がかかるこの試合、この場面までは吉岡選手が必殺の鉄壁ディフェンス力でサミュエルの猛攻パスを全部凌ぎまくり、サミュエルのベースを崩したりして、かなり押せ押せだったんです!!!
しかしこの1発で試合の流れが変わってしまいました・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=RNI3CrcPIFg

まごうかたなきBerimboloですね。
ここで失ったアドバン差を吉岡選手はついに取り返せず、惜しくも敗れてしまいました。
まさに一撃必殺の切れ味ですね。
そして2007年同じくムンジアル・プルーマ級決勝、サミュエル・ブラガはホビーニョことホブソン・モウラに対しても試合開始早々にBerimboloを仕掛けていました。
http://www.youtube.com/watch?v=NlkTl773wVo
この階級世界最強と言われ続け、長期のブランクを経てこの年のムンジアルに復活したホビーニョにあえなくフックを切られてしまっていますが、この技の防御としては、やはりフックのベースをそもそも取らせない事が重要ですね。
形を作られてしまった後ですと、良いように煽られて
しまいます。
それにしてもATOSのハファエル・メンデスが多用した事でやっとこさ僕が気付いたこの技、実はサミュエル・ブラガの得意技でもあったんですね。
$柔術新聞
技自体は多分50・50みたいに前からあったのかもしれませんが、
それにしてもさすがグレイシー・バッハですね。

ガード技術に関しては常に最先端を走って譲らないです。
現在マイケル・ランギアブマー・バルボーザが得意とする、スパイダーから回転するスタイルもチンギーニャが祖ですし、例のインバーテッドガード・逆さ回転だって、そもそもはあのホレッタが元祖のような存在なんだという意見をある選手から聞いた事があります。
$柔術新聞
どういう経路を辿ったのかは分かりませんが、こういった優れた必殺技が様々な人の手を経て、ボコンと現世に出てくる場に立ち会えるのも柔術ファンの醍醐味ですよね。