柔道固技教本 小室宏二選手

コムロックでお馴染みの小室宏二選手が著した「柔道固技教本」が発売されました!
$柔術新聞
僕は個人的にですが、この教則本が出るのをとても楽しみにしていました。
なぜかと言うと、柔道系の人の手の内を知るためです。
どういう事かと言いますと、柔術経験は少ないけど柔道経験は豊富だったり、また柔道長くやってて小室選手のスタイルを参考にしている人、良く見かけますよね。
そういう人とスパーで当たると、どうもいつもと勝手が違って、調子狂っちゃう事が多かったんです。

なんかボーっとしてたらコムロックの形に入ってたり・・・。
僕の他にもそういう経験ある方いるんじゃないでしょうか。
フフフ、もうそういう事は起きません。
そういう人達が良くやるムーブ、ほぼ全部この本に載ってます。
むしろ僕がやり返してやりますよ。

けどそれよりも何よりも、この教則本は基本ムーブに関する解説が非常に詳しく載っているのが素晴らしいです。
この本は「柔道の寝技」のために著されたそうですが、柔術の基本をちゃんとやりたい人にこそ読んで欲しいと思います。

僕は個人的にですが、見も蓋も無い話になっちゃいますけど、強さだけに限って言えば、ある程度のレベルまでは筋トレとドリルが一番大事だと思っています(そればっかだと練習がつまんなくなっちゃいがちなので、あまり言わないですけど・・・)。
そしてドリルも基本動作であればある程応用が効き、有用だと思っています。
この本で紹介されている基本動作は、どれも効くヤツばかりです。道場に行けない日も、床で一人反復すれば、次道場行った時キレが違いますよ。

やり方が詳しく出てるので、柔術始めたばかりで、こっそり影錬やって早く上達して道場の人を驚かせたい、けど何やれば良いか分からない・・・、という人に超オススメです。この本の1章「寝技基本運動」と2章のスイッチバック、そしてそれがある程度こなせるようになったら3章の「寝技世界一周」、これをドリルっていればはんぱなく効きますよ。
これと腕立てやりまくれば、きっと先輩もビビって「あいつツエーよ」ってなリますよ。


また袖車絞め(エゼキエル)のやり方に関して、非常に詳細に記されているので、エゼキエル強化したい人読んでみて下さい。
とても細かく出ています。
個人的にはコムロックからの突込み絞めや、ハーフからサイドチェンジ(Change the base・腰切りパス)の方法で、相手の腕制しながらやるのが基本になっている所が新鮮でした。
柔道の寝技用だそうですが、そういうの関係無く(柔道の寝技は僕も良く分かりません)、柔術の基礎を強化したい人に強くオススメしたいです。
http://www.b-j-j.com/143_6256.html
http://blog.livedoor.jp/tokyoisami/archives/1564113.html

柔道固技教本 小室宏二選手” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ブスさんがこの教則を紹介されるのは意外でした!
    確かに柔道経験者とはやりにくいですね・・・。
    体重が同じでもスピード&パワーが桁違いというか・・・。個人的な印象としてはトレアナパスの勢いがゴイスーですね!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >zattyさん
    柔術経験が少なくても、柔道長くやってた人はやっぱり色々な部分で強いですよね。
    けどこちらもある程度体力付いてきて、かつ柔術に慣れてくると、そういった力以外の部分で対抗できるようになってくるので、そこが嬉しいですよね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    自分は総合やってまして寝技強化の為に柔術を最近習い始めました。
    エビなんですがこの本に載っている古室さんのやり方を参考にしてたんですが半身になって師匠に足を引き付ける時は床すれすれを動かす様に指摘されました。(早川さんが出されているはじめてのブラジリアン柔術に紹介されているエビの動き)
    古室さんは、半身になりながら足を床から浮かして胸に引き付けるとゆう動きでやってますが自分の師匠はまず胸に引き付ける側の足を伸ばしたままお尻を引き半身になりその姿勢から足を胸側に引き付けて膝蹴りの様に足を前に出して仰向けになるって感じです。どちらががいいのですかね?ちゃんと覚えたいのでもし宜しければお教え下さい。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >道着初心者さん
    初めまして!
    どうも返信遅くなってしまいすみません。
    もしかしたらお師匠さんは、分かりやすく分割して強調してくれたのかもしれませんね。
    エビの動作は、分断してやると、まず腰をグーっと引いて→それから足を引きつけて→それから仰向け、って感じだと思います。
    一連の動作でやろうとすると、小室氏や早川先生のように、最初から足を引きつけ気味になるかもです(僕もそうです。)
    サウロ・ヒベイロもエビ動作の説明する時は、腰を引く動作をすごく大げさにやりますが、実演ではサッサとやってます。
    ただエビ動作の大きな目的は腰を逃がす事ですが、腰を引く動作を大げさなくらい気をつけてやると、その腰を逃がす距離を稼げるんです。だからその辺りの目分量は、ご自分で試しながら決めていってはいかがでしょうか。
    ちなみに文章からの理解なので、もしかしたら見当違いの事言ってるかもです。そしたらすみません!
    頑張って下さいね!!

コメントを残す