ハファエル18番!デラヒーバ・フックからの外回転バック

先にツイッターで色々書いてみたのですが、分散して見づらいかもなので少しまとめてみます。
お気づきの方も多いと思いますが、若き天才ハファエル・メンデスの必殺技で、最近はハファエルの所属道場であるATOSのチームメイト達もこぞって使うようになってきた技がありますね。
http://www.youtube.com/watch?v=uqojS2A8Hck
これですこれですこの技です!!!
この、デラヒーバ・フックからの外回りバック取りのムーブを紹介したいと思います。
このムーブ、現在の所防御不能で、特にハファエルがこの技を仕掛けるとほぼ100%の割合でバックを取ってしまうという恐ろしいムーブです。
仕組みはこの動画が分かりやすいです。実演はグレイシー・バッハが誇る技巧派世界王者のサミュエル・ブラガです。
http://www.youtube.com/watch?v=iSP9OWPQeOM
別角度から。
http://www.youtube.com/watch?v=G4bJZDgptLs&NR=1
デラヒーバフックをがっちり掛けて、それを維持したまま、相手の帯などを掴んで密着して逆さになって回り込み、自分の頭を相手の両足の外側から出すようにするとアラ不思議、バックが取れるんですね。
知恵の輪みたいな技術です。最初の体勢からはちょっと予想できない結末ですよね。
技術進歩が超超著しい柔術界、今のトップの選手達は、最初の体勢からは想像付かないようなフィニッシュの形になるテクを使いこなしているんです。
展開図とか苦手だった僕なんかは、これらの技術の仕組みが分かるのにとても時間がかかりましたよ・・・。
この技なんかもそうです。なんで?って感じですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=gjF6DV9QfJ0
試合だってこんな感じです。ライアン・ホールとエルメス・フランカのグラップリング試合ですが、2分30秒過ぎからのライアンのムーブを見て下さい。なんで?なんでそうなるの?って感じですよ。
http://www.youtube.com/watch?v=curRC4pAE-w
けどこのムーブだって、ハーフ・ガード→ディープ・ハーフガード→逆50/50→なんか前転してバックという風に、一つ一つの技術がしっかり説明できる(一部出来ていませんが・・・)、個々の柔術技術が組み合わさった物なんです。
つまり柔術はもはやそれ自体で進化を繰り返して、柔術独自の語法に習熟していないと中々通用しない、そういう厳しい競技になっていると思います。
そういう柔術独自の超テクを多数生み出し、最新技術の象徴的存在となっているのが、ハファエル・メンデスも所属するATOSというチームなんです。
この外回りバック取りは、そんなATOSチームに数々の栄光をもたらした、最大のヒット作なんです。
これまでデラヒーバからの外回りというと、こういう感じの、いわゆる「ヘリコプタースイープ」的なムーブが多かったと思います。元祖天才レオジーニョことレオナルド・ヴィエイラの素晴らしいムーブです。
http://www.youtube.com/watch?v=VFXjizzj87A
8分30秒からのムーブがそうですね。
しかし外回り回転は内回りと比べてとっかかり場所が少ないため、そのまま見当違いの場所を回ってしまう事が多いのです。レオジーニョですらそういう事があります。
そしてこの回り方だと、相手が座ったりしてスペースを消してきた時、こじ開けるのが難しいです。
しかしハファエルの使う外回りバックは、これとは少し違っています。
まず、回転はどうでもいいのです。
どうでもいいというと少し言い過ぎですけど、とにかく相手と密着して、逆さになって自分の頭を潜らせればムーブ完成なのです。
元々ハファエルの使う回転は、相手の軸足を派手に周回するのではなく、自分の肩を軸にしてお尻を起こして、地面と垂直に周回させるタイプのものです。

その場で逆さになって、横にコロンと転がる感じですね。
①や②の動画の回り方もそうですよね。
今はこの軌道の小さい回り方がナウイです。
そしてこのムーブの場合、回転するというよりも、逆さになって潜って行き、相手の足を束ねて自分の頭を差し込むのが主目的です。だから回る軌道は小さく必要最小限なので、すっぽ抜けが少ないのです。
http://www.youtube.com/watch?v=QhOU2um5MEA
ハファエルのVSテオドール・カナル戦ですが、もはや回転すらしていません。
逆さで潜って→足を束ねて→頭を出す、これでバックに回れるんですね。
大きく回転する必要が無いので、スペースも必要としません。
http://www.youtube.com/watch?v=L-dk33dB21w
この動画なんて見てくださいよ。AXISの片庭選手が完全にスペース消しまくってるのに、かまわずずんずん潜っていってバック取れてますね。
防御不能ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=M0ZhzMWi9VI
アブダビ・プロ柔術2009決勝戦ですが、あのコブリンヤですら喰らってます。
そしてハファエルのチームメイト達もこぞってこの技を使うようになりました。
http://www.youtube.com/watch?v=bjG1v49R3CA

白い道着がATOSのアリ・ファリアス、ちなみに黒帯初大会なのですが、開始から大喜びでこの技を繰り出していますね。
とにかくデラヒーバフック維持して、帯掴んで回転すればバックだぜ!!みたいな勢いが凄いです。
ちなみに相手はガロ級世界最強のブルーノ・マルファシーニです。
http://www.youtube.com/watch?v=qxKMJ4QBCuI
ハファエルの兄弟ギリェルミ・メンデスもオモプラッタからこの技に移行していますね。
http://www.youtube.com/watch?v=ejxzDhKxPLI
ロイド・アーヴィン所属の新鋭JTことジョナサン・トレスですが、3分30秒くらいから同じ発想のバック取りをしていますね。
JTはハファエル達とダチらしいので、教えて貰ったのかもしれませんね。
いかがでしたでしょうか。
外回りは内回りと比べて、防御側としてはブロックが難しいので、入り込みやすいんですね。
ただいくら入り込みやすいと言っても、デラヒーバ・フックを維持しながら外回り回転をするのはやはり難しいです。
しかし出来たらこれほど格好良い技も無いですよね。
デラヒーバ・フックを深くかける事ができる人は、チャレンジしてみる価値があるのではないでしょうか。

ハファエル18番!デラヒーバ・フックからの外回転バック” への2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    いつも
    技術解説ありがとうございます。
    ブスさんには感謝してもしきれません
    ||・ω・`)
    もしブスさんがセミナー開いたら
    4万までなら余裕で出せます☆☆☆
    マジですよ(=゚ω゚)ノ
    ところでこの形のデラヒーバの場合
    トップ選手がよくやる
    やられた相手が足を伸ばして座り込みスペースを潰すのではなく
    完全に相手が正座のように
    座り込んだ場合はどう侵入するのでしょうか?
    真似事程度ですが
    足を伸ばされたら
    グイグイいけるのですが
    正座みたいに座り込まれたら
    どうしよーもありません。
    それとも
    やっぱりハファエルは
    相手の足を引き出して
    回り込みやすい
    状態を作っているのですか?
    教えていただけたら
    ありがたいです
    (*'ω'*)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >初心者さん
    いつも読んで頂いてどうもありがとうございます。
    正座で防御ですか。
    それはデラヒーバ・フックを掛ける前でしょうか後でしょうか。
    もし前なら、ATOSの人達なら回転したりして相手のベースを崩しながら続行するのかもしれませんが、ちょっと難易度高すぎる気がしますので、違う技仕掛けながらフックのスペース開くのを待ってみてはいかがでしょうか。
    フック後に座られるという事ですと、もしかしたらフックの深さと、煽りが足りないのかもしれません。デラヒーバフックがっちり入ってきっちり煽られると、正座だとベース取りづらい気がします。相手の横に密着して煽り倒すか、あともっと普通のデラヒーババックを狙えるのではないでしょうか。
    もしかしたら仰ってる形と僕の理解が違うかもしれません。

コメントを残す