ボンサイ柔術浜松道場part1

近年国内においてトップクラスの成績を誇り、日本最強の道場の一つであるボンサイ柔術。


柔術新聞

主力選手であるマルキーニョス・ソウザ選手ホベルト・サトシ選手は間違いなく国内ベストファイター候補の筆頭。

クレベル・コイケ選手やみなさんご存知のシュレック関根秀樹選手もとび抜けた実績を誇ってますよね。


どの選手も強くて、対戦相手が「ボンサイ柔術所属」だといやな感じする方も多いのではないでしょうか。

強い道場にありがちな「この人本当に青?」「これで紫かよ・・・」的な選手が多い印象を受けます。


しかしそのファイトスタイルはまごうかたなきブラジリアンスタイル

いかにも強そうな人達ばかりなのに、多くの選手が流線型のムーブを身上としており、力押しの戦い方を好みません。


そして最新のムーブを躊躇無く取り入れて、試合でバシバシ使っています。


普段一体どんな練習をしているのか・・・。

僕はずっと取材とか見学とかしてみたく思ってました。


しかしあまりに猛者揃いチームなため、健康面でだいぶ不安がある僕だと生還できない恐れがあるので、今までずっと取材欲を控えてきました。


しかし先頃のヒクソン杯において、サトシ選手は当然の事、クレベル選手、関根選手、そして後で触れる事になる今回のお目当ての一人である鈴木選手のムーブを見るにつけて、こういう動きを道場ぐるみでやっている様をどうしても見たくなり、今回清水の舞台から飛び降りる覚悟で取材に行く決心をしました。


ボンサイ道場は普段出稽古等を受け付けていないそうなのですが、他の用事があったので、そのついでという事で本当に特別に少し練習に参加させてもらう事ができるようになりました。


ただしマルキーニョス選手やサトシ選手等の主力メンバーが道場に居るのは15日土曜日の午後3時まで。


一生懸命スケジュール調整したはずも、そういう日に限って仕事が大トラブルで、終わったのが当日午前9時過ぎ・・・。別に夜勤してた訳じゃないんですけどね。危うく行けない所でした・・・。

人生なんてそんなもんさと言ってしまえばそれまでですけど、出発前にも予定変更が相次ぎバッタバタ。


前回のDEEPXでもそうでしたが、格闘技のイベント前ってなんかいつもこういう感じなんですよね・・・。


そんなに日頃の行いが悪いかなとか思いながらかろうじて新幹線に乗り込み爆睡!!

寝過ごす事無くなんとか浜松に着きました。

柔術新聞

うおおお浜松!!!

しかし時間は既に午後1時30分過ぎ!!


なんか駅ビル内が凄い清潔なんですけど!!

柔術新聞


遠州鉄道の乗り場が分からなくてグルグルしている際に駅チカを探検。

柔術新聞
駅チカのビルにルイ・ヴィトンとかたくさん入ってて超ビビリました!!

普通だと書店とかヨーカドーとかパルコですよね!!!


遠州鉄道から浜松城とか見えて感動している内に、目的地である積志駅に到着。


しかしもうすぐクラスが終わっちゃう・・・。

超ダッシュで移動するも絶賛迷い中なうなうなうって感じで、見つけたスーパー「コスギ」の店員さんに道を教えてもらった所、ついにありました!!!

柔術新聞

これがあのブルテリア格闘技ジム・ボンサイ柔術浜松道場です!!!


中に入るとジムの中がキッズとご家族の方でごったがえしていました。

なにかのお祭りなのかなと思いましたが、普段からこういう感じとの事。


これは凄い。


しかし早くしないとクラスが終わっちゃうので、ままよとばかりそのまま準備運動ゼロで飛び込み!!


ちなみに体力に自信はありません!!


親切にも関根選手とブルテリアの坂本社長が練習に加われるように色々して下さり、ラストのスパーに参加できました。


空いてる人を探すと、どうもホベルト・サトシ選手が空いています・・・。

柔術新聞

見てない振りをしようと思ったのですが、残念ながら眼が合ってしまった模様!!!

これはマズイ・・・。一発目でサトシ選手とか・・・。

あのシュレック関根選手をして「サトシはいつもガチ」といわしめる程の猛者中の猛者。自分の帯も失くしてしまった程練習から遠ざかってる僕がやったら一体どうなるのでしょうか。


しかしサトシ選手となんて東京に居たら今後二度と無いかもしれないプラチナスパー!!!お値段プライスレスもいいとこです!!!


近しい人には一応お別れの言葉を言っておいてあったので、あとは生命保険の払い戻し事由とかこの場合何になるのかな?とか走馬灯のように思いが駆け巡っているうちにスパー開始・・・。

そしたらなんとあのサトシ選手が手加減してくれてます!!


弱そうなルックスが幸いしたのでしょう。それとも開始前の精一杯の笑顔が良かったのかな?

自分のフレンドリーさに自信を深めていた所でサトシ選手の伝家の宝刀三角が炸裂!!「これがサトシ選手の三角か・・・」とかうっとり臨死体験を繰り返してスパー終了。優しくやってくれていたのに練習台にもなれずにすみませんでした・・・。


サトシ選手とやって半死半生、とりあえず休憩をと思いフラフラしていた所に運悪くクレベル・コイケ選手と遭遇!!!

内回りスパイラル→三角のコンビネーションで嫌という程取られまくった所で目がチカチカしてきて動けなくなりました。急に動くと貧血になっちゃうんです・・・。スパーというより介護になってしまい、クレベル選手の優しさに触れた所でスパー終了。僕は一体何をしに来ているのでしょうか。とにかく控え室に逃げ込もうとした所で間違えて坂本社長の前に来てしまいました。方向音痴が恨めしいです。ボンサイ柔術の紫帯ストライプ4本、メンデス着に身を包んだ坂本社長にたっぷり絞められまくってスパー終了!!!


その後トイレの住人となっていた所で「マルキーニョスの相手が空いているから記念にやらないか」と声を掛けて頂きました。


柔術新聞
確かに一生に一度あるかないかの機会です。勇気を振り絞ってマルキーニョス・ソウザを体験してきましたよ。めちゃくちゃ優しくやってくれましたが、巴→十字のフライングコンビネーションで死亡、絞めでも腕の当て方の精度とかはんぱじゃなくて、形に入る前から気が遠くなってましたね。

冗談でなく本当に動けなくなってマルキーニョス先生が心配してくれた所でスパー終了。


思えばこのボンサイ柔術フルコース、残り時間少ないけれども、せっかく遠くから来たのだからと特別に手配して頂いたのでは無いかと思います。サトシ選手→クレベル選手→坂本社長→マルキーニョス先生の4連スパーを体験できて本当に幸運でした。まさかトップ選手全員と練習できるなんて・・・。

思い残す事もう無いです。しかもみんなめちゃくちゃ優しいし・・・。

途中から参加させて頂いて本当にどうもありがとうございました。

Muito Obrigado Proffesor Marquinhos !!


しかし体調を崩してしまい、道場の師範の方に薬を買ってきてもらう始末・・・。

申し訳無くて恐縮していると、関根選手が「みんな家族ですから」と一言。


改めて道場の中を見回してみると、確かにマットを中心に、みなさん思い思いに大はしゃぎしながら楽しんでます。キッズクラスが始まると、試合前であるはずのマルキーニョス先生&クレベル選手や坂本社長が、最後まで付きっ切りで指導しています。

柔術新聞

柔術新聞
その様子はボンサイ道場浜松支部のブログに詳しく出ていますがhttp://btgym.hamazo.tv/e2441583.html

技をちょっと教えてあとは監視とかで無く、もう最初から最後まで完全に体張って子供達と付き合っています。マットに隣接したジムスペースでは、他のたくさんの子供達がそのご家族や選手と一緒になってお弁当を食べています。ここでは柔術を中心に、全員がお互いが出来る事をお互いにしあって、協力しながら常に一緒に居るんです。それはトップ選手と言えども例外ではなく、しかも強制されているものではありません。みんな自然と一緒に集まって、普通の家族のように、お互い助け合う、やれる事はやる、柔術の道場というだけではなくお互いの生活の楽しい一部として場が成り立っていました。

キッズクラスが終わるや否や、マルキーニョス先生やクレベル選手が子供達とともにターゲットの大人の先生を襲撃!!

柔術新聞


他の選手も参加しての多角絞め!!脱出不可能過ぎます!!!
柔術新聞


しかし猛烈な逆襲を喰らってあえなく悶絶のクレベル選手!!

柔術新聞
柔術を中心として、性別も年齢も立場も超えた場の温かさに触れて、僕もリラックスした良い気分になってしまい、体調が回復しました!


ボンサイ道場の楽しさを知る事ができたので、あとはその強さの秘密も探らないといけませんよね。

このままではボンサイ道場に介抱されに来たようなもんですからね・・・。

今度は入念に柔軟&アップをし、呼吸を整え、午後5時からフリースパーに備えます。


果たして僕はボンサイ柔術の強さの秘訣を探る事ができるのでしょうか?

そしてVSシュレック関根選手は実現するのでしょうか?

お目当てのあの選手には会えたのでしょうか?

ていうか無事に帰れるんでしょうか?????

パート2に続きます!!!

ボンサイ柔術浜松道場part1” への4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    うおおおおおおおおおおお!!!!
    ボンサイ兄弟とスパーとか凄いですね~
    昨日のリアルキングトーナメントのサトシの高速三角とか凄かったですよ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >BTTさん
    BTTさんも出場お疲れ様でした!!
    スパーは非常に貴重な体験でした・・・。
    ただマルキーニョス先生やサトシ選手の強さを実感するというのは、やっぱりこちらも有る程度の力量が無いとできないんだな、というのが正直な印象です。
    強さを実感するどころか、その4㎞手前くらいで散ってしまう、これが現実でしたね。もう何がなんだか分からなかったです。
    普通に対峙してて、なんか視界から消えたなと思ったらもう極まってるんですよ。極めが速いってこういう事なんだって思いました。サトシ選手の三角も喰らいましたよ。良い記念でしたけど、いつ入ったのか全然分からなかったですねー。ていうか技の体勢にすらなってなかったのになんで???なんか急に首もとでマフラーみたいなのがモゾモゾしてるな?と思ったらもう落ちる寸前でした・・・。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >タッキーさん
    それはお疲れ様でした!
    仕事で観に行けなかったんですよね・・・。
    クレベル選手vs佐々木選手とかも超観たかったです・・・。
    パート2もひたすら僕がやられてる場面ばかりですけど、良かったら読んで下さい!

コメントを残す