セルジーニョ1本負けの衝撃!ワールドリーグ・プロ柔術

先ほど開催されたワールドリーグ・プロ柔術において、ガウッシアと共にメジオ最強の名をほしいままにしていたアリアンシのセルジオ・モラエスが、メイオペサード級においてですがなんと1本負けを喫していたとの報せがありました!!

http://www.graciemag.com/en/2010/12/watch-santoro-vs-sergio-moraes-in-sao-paulo/


セルジーニョを破ったのはポルトゲーズの愛称で知られるエドゥアルド・サントロです。

柔術新聞

現在はクレベル柔術所属となっていますが、以前はシア・パウリスタ名義だった気が!

セコンドのTシャツもシア・パウリスタです。別名とかなんでしょうか?


柔術新聞

セルジーニョは黒帯になってからほとんど負け知らずで、その負けもムンジアルで「二年連続アリアンシの同門優勝を避けるための政策的判定by Marcelo Garcia」によって負けにさせられたような微妙な敗戦ですが、1本負けは黒帯になってから初ではないでしょうか・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=9dXfpLhxpR0

試合はまずセルジーニョの素晴らしいTDポイントから始まります。

下になったサントロ、ハーフ防御の形ですね。


ここで注目なのは、サントロが相手の進入してくる方の腕を殺しきっている部分ですね。

以前紹介したカイオ・テハのハーフガードは首抱えられないように腕をストップして、ガードヒザを相手に当てていましたが、サントロはヒザ当てをしない分、カイオ以上に全力で腕を殺し切っています。そこから機を見てキムラを狙えるくらい執拗にセルジーニョの腕を取っています。

これと似た感じですね。

http://www.youtube.com/watch?v=zMe55C0FBiY


これは参考になるムーブですね・・・。

そしてもう一つ大事なのは上半身を殺されないように、半身をキープしている所ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=Jr5trs6FuHM

これは2009のアブダビ・プロで、サントロがセルジーニョの同門ガウッシアと対戦した動画ですが、全く同じようなハーフガードの体勢になってます。

しかしこちらはガウッシアに上めのポジションを取られ、、首も抱えられ、最終的には上半身を潰されてしまっています。この轍は踏まなかった訳ですね。

キムラ&モンジバカの圧力を加えて、セルジーニョの体を上がらせず、ガードしきっています。

これは非常に参考になりますね。早速パクりますよ。


上半身を殺せていないから、セルジーニョもクロスニーパスを使いません。

その状態でもレオジーニョみたいにサーっとやる人も居ますけど、相手の各所を潰せていないで、特に上半身を殺せていない状態でクロスニーパスをやっても、上手な人はガードに戻してしまいますからね

セルジーニョもレッグウィーブ・パスからハーフ足を抜こうと試みますが、サントロの腕殺しはここでも健在!セルジーニョの袖をガッチリキャッチです。

バランスは取りづらいし、三角も怖いセルジーニョ、進入しあぐねている所にサントロのガードが襲い掛かります!!

片巻きスパイダーのような形から超強力そうな片襟片袖ガードへ!

引きちぎろうとするセルジーニョですがサントロのグリップが凄まじい!!

袖が餅のように伸びても離しません!!!

セルジーニョのポスチャーを崩してガード地獄に引きずり込むと恐ろしい勢いで三角ロック→オモプラッタ!!!マリオ・ヘイスみたい!!!

セルジーニョ必死の防御でガードに戻しますがもうサントロはノリノリで止まりません!!揺すぶりまくって普通にガード下から十字!!

セルジーニョがこんなシンプルな技でキャッチされるなんて!!!

そこからきっちりひっくり返してクラッチ切り!!

セコンドに残り時間を確認してから、クラッチ腕をパーンと払いのけて十字一閃!!!かっちょいい!!!

会場も大爆発!!!渋い選手が今をときめくセルジーニョを破って大金星ですね。

柔術新聞

セルジーニョ1本負けの衝撃!ワールドリーグ・プロ柔術” への10件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    いつも面白いネタをありがとうございます。
    ハーフガードの攻防超参考になります!!
    そしてサントロのオープンガードにするやいなやの怒涛の攻め………
    サントロかっこよすぎる!!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    衝撃的な試合でした・・・。
    いつも上半身を殺されまくっている自分には
    参考になりまくりです!
    半身キープと相手の腕殺しが大事なんですね・・・。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    サントーロといえば
    ゴドイとマカコが分裂して因縁対決が行われた時に
    マルセリーニョと試合していた選手じゃないですか!
    しばらく見ない間にここまで強くなってたんですねぇ
    技の入り方はヒクソン式腕ひしぎと同じですねぇ
    ただヒクソンの場合は腰とか一切蹴らずにやってるんですが…
    あとクロンやホジャーと同じミスをサントーロが行っているので極めきれず途中でヤスケビッチ式に切り替えましたね
    毎回勉強になりますね
    この柔術新聞は

  4. SECRET: 0
    PASS:
    勝ったエドゥアルド・サントロ選手もすごいですが負けたセルジオ・モラエス選手も試合後に正座して(ただ疲れていただけかもしれませんが)見えにくいのですが十字を切っているようで渋いですね。
    (クリスチャンの人がよくやる動作)
    また新たな試練を与えてくれた神に感謝しているのでしょうか。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >namakebitoさん
    いつも読んで頂いてどうもありがとうございます。
    サントロ凄いですよね。
    セルジーニョが完全に振られてどうしようもなくなってるなんて初めて見ましたよ・・・。
    シンプルかつ効果的なハーフガードですよね!
    中・重量級の良い選手って、ムーブが細か過ぎにならないでかつ効果的な場合が多いので、参考になりますよね。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >zattyさん
    ここまで腕を殺せると動けないんですねー。
    僕はビビリなのでヒザ当てにこだわってましたが、今度は腕を捻り切るくらいの勢いで試してみたいです。腕取れないと始まらないですけどね・・・。
    ガウッシアはパスの名手で、サイドチェンジや足さばきとかももちろん凄いんですけど、下の人間の上半身潰すのが物凄く強いんですよ!
    ルーカス・レイチとか、どんなにハーフガードが強い選手も、ジリジリと時間かけながらいつのまにか背中つけちゃうんです。そして足をスポンと抜いちゃうんですね。
    サントロも上半身潰されちゃうと、なす術無しって感じですよね。
    パスする時は上半身を潰す、ガードする時は上半身を潰されない、それぞれ工夫したいですね!

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >NダDサクさん
    サントロってスカート付きならぬニックネーム付きなのにいまいち目立たず、強豪に負けてる感じの印象持っちゃってましたが、今回はやりましたねー!
    物凄い強さですね。
    アレッシャンドリ・セコーニ、クラウディオ・カラザンス、ジョアオ・アジス等、大物に勝って名を挙げて、その後の活躍に繋げた選手のようになって欲しいですね。
    勉強になるというか動画やコメント欄を通して僕がちゃっかり勉強させてもらう、もしくは技パクるためのブログですよ。
    柔術ホイホイって感じです。
    何か含みのある言い方ですが、十字苦手な上にヒクソン式十字とか全然分からないです。
    セミナーの受講者でないと分からないとかなんですかねー?
    誰か親切な人が教えてくれると嬉しいですねー。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >通りすがりさん
    十字切ってるように見えますね。
    本人もかなりショックだったでしょうに、渋いですねー。
    試合後の表彰写真も、メンデス兄弟のようにブスっとしてないで、ナイスなスマイル見せてていい感じですね!

  9. SECRET: 0
    PASS:
    すんません
    サントーロの腕ひしぎですが相手に対して○○になっておらず○○の○○になっているのでヒクソン式の原理からは外れてますね…
    あんましネタバレすると後が怖い
    クロンやホジャーがミスを犯しているというのは
    私のような素人青帯が気付いたことではなく
    セミナーでヒクソン自身がその腕ひしぎと同じやり方を駄目だと言い黒帯含め全員にやり直し 修正させたからです
    確かにあのやり方だと防ぐのは難しいんですよね
    http://www.youtube.com/watch?v=NaOGpaFWSqE
    セミナーのものとは違いますが原理は同じです
    一見ただのショートカットされた腕ひしぎですが…

コメントを残す