今日の柔術いい話 ホベルト・サトシ

今日の柔術いい話は、先日のDEEP-X06で凄まじいムーブを見せて圧勝したホベルト・サトシ選手のインタビューを紹介したいと思います。

http://www.graciemag.com/en/2010/10/find-out-about-roberto-satoshi-making-waves-in-japanese-jiu-jitsu/


この勝利は海外のサイトでも大きく紹介され、いよいよその名が広く知れ渡ってきた感じです。


思えばサトシ選手の周辺では、既にその実力は非常に高く評価されていましたが、今年のムンジアル茶帯の部において、あの茶帯三羽烏の一人であるザック・マックスウェルを下して優勝した事は、世界中の柔術ファンの間で、かつてのライアン・ホールやハファエル・メンデスのようにサトシ選手が注目すべきファイターである事を不動の事実にしたと言って良いのではないでしょうか。

柔術新聞

そういう意味でサトシ選手にとって今年は、飛躍の年だったのではと思います。

そしてミーハーな僕もその流れにのって(笑)、これからちゃんとチェックしないといけないと思うようになりました。


DEEP-Xへの参戦について聞かせて下さい。

「神様のおかげで、僕のDEEP-Xへの参戦は完璧なものとなったよ。僕は全試合2分以内で1本勝ちする事ができたんだ。アジア・オープンのためにハードな練習をしてきたし、そのペースを落とさないようにしたので、全て上手く行ったんだ。」


あなたの一族について教えて下さい。どうして日本に行こうと思ったのですか?

「僕達のファミリーは、父親であり我らが師であるアジウソン・アントニオ・デ・ソウザによって柔術から始まったんだよ。5人兄弟で、マウリシオ・ダイ・ソウザ、マルコス・ヨシオ・デ・ソウザ(マルキーニョス)、クリスチァン・ユカリ・デ・ソウザは全員黒帯さ。僕が茶帯で、一番下のムリーロは黄色帯なんだ。

柔術新聞

戦わないのはお母さんだけだよ。けどお母さんは警察官でね、だから柔術を使っても対処できない事が起こったらお母さんを呼ぶよ(笑)!!

ブラジルでは、僕達は本当に強いチームを持っていた。けど僕達はたくさんの大会に出場したかったし、現在多くのチャンピオンシップはブラジルの外で開催されているだろ。だからスポンサーシップの欠如で、海外の大会に出場する事が難しい場合がでてきたんだ。2006年のムンジアルで優勝した後、僕は2年間ムンジアルに出場できなかった。ムンジアルがアメリカに行ってしまったからね。経済的な援助をしてくれるスポンサーが全然居無かったんだ。けど今は、神様のおかげで日本に居る事が出来て、柔術を教えて生計を立てる事が出来ている。ブルテリアとDRAGAOの援助のおかげで2009年と2010年のムンジアルに出場する事ができ、優勝したんだ。」


日本の柔術はどうですか?進化し続けて、近い将来、強い黒帯選手が出るようになると感じていますか?

「日本には、非常にテクニカルで良い選手が青・紫・茶帯にたくさん居るんだ。けどみんながみんな海外で試合しようとしている訳じゃないんだ。僕はこの2年の間に、今まで知られていなかった驚くような黒帯選手が登場すると思っているよ。それに現在も日本の選手は既にパンナムやムンジアルで、多くの強い選手を驚かせるような活躍をしているよ。」


あなたの柔術での目標は何ですか?日本の外で試合する予定はありますか?

「今の僕の目標は、パン選手権とヨーロピアン選手権だよ。二つともまだ参戦した事が無いんだ。僕はいつもその辺りの時期は、試合勘を鈍らせないように大会に出場しているし、ムンジアルとアブダビ・プロはいつも出場しているからね。来年は、その二つの大会に加えて、もっとたくさんの大会に出場するつもりだよ。」


将来の目標は?それとMMAの試合をするつもりはありますか?

「柔術を教える事を続けたいし、その仕事への理解をもっと深めたい。そして良いファイターであり続けたいんだ。

日本のMMA団体からのオファーはいくつかあるよ。今はまだ何も分からないけど、まあそのうちやる事になるんじゃないかな・・・。けど今は、ムンジアルの黒帯の部で優勝する事が最大の目標だよ。僕は様々な困難を克服しながら、青でも紫でも茶でも、ムンジアルで優勝してきた。けど今は黒帯の部の優勝、これが俺の全てだよ。僕は100%柔術人間なんだ(笑)。」


最後に何か言いたい事はありますか?

「僕を支えてくれてきた人、僕にインスピレーションをくれた人、僕の幸運を祈るメッセージをくれた人全員に感謝したい。本当に嬉しいよ。みんな最高で、僕の元気の素さ!!みんなありがとう!!」


なんというか、インタビュアーの質問が、日本の柔術界や選手ってあまり知られてないのかなと心配になっちゃうような内容でしたが、サトシ選手の発言は非常に興味深いものでした。


ソウザ一族の、簡単ですが略歴とか分かって有意義でしたし、サトシ選手の柔術に対する謙虚な人柄も伝わってきて嬉しいです。

グッドなルックスに、物凄い実力、家族の事情を抱えながらも乱れなかった精神力、そして試合における礼儀正しさ、その様を目の当たりにした観客から「この人悪い所あるのか?」という声すら上がっていたサトシ選手、これからの活躍に期待したいですね。