DEEPX-06 明日ですね!

明日10月10日(日)、新木場ファーストリングで開催されるDEEPXの個人的な見所を少し書いていきたいと思います。


ちなみに明日は同じ会場で午後5時30分くらいから確かジュエルスだったと思うのですが、他の大会があるため、DEEPXの試合開始時間は午前11時30分からと早めです。個人的には都合が良くて嬉しいです!!!

ちなみに場所はここです。
大きな地図で見る


有楽町線新木場駅から歩いて5分くらいの、なんか倉庫みたいな所で最初は分かりづらいです。けど近いですよ。


大会最大の見所はやはりATOSの主要メンバーであるジルベルト・ドゥリーニョ・バーンズの登場でしょう。今思えば超先取り企画だった柔術魂4のブラザ・リオクラーロ支部特集で、ブルーノ・フラザトやメンデス兄弟がテクニカルなデモを見せる一方、ドゥリーニョはなんかTD技を見せていて、「パワー系か」とか超浅い先入観を当時は持ったものですが、今やそんな印象を持つ人は居なくなりましたよね。パワー系である事はもちろん間違いないですけど。


ドゥリーニョはギでの活躍ほどには、ノーギの実績はありません。

これは2009年の7月11日NAGA・ノースカロライナ大会アブソルート級に出場したドゥリーニョのノーギ試合です。

ちなみにこの大会でドゥリーニョは見事アブソ級を制しています。


http://www.youtube.com/watch?v=dDYQT8gmPEw

http://www.youtube.com/watch?v=IB84M5nK-tw

両方とも足関節で見事に勝利していますね。ドゥリーニョのギの試合から想像すると、ついついガツガツ系というか、セルシーニョみたいに相手を圧殺するようなグラップリングを見せるのかと思いきや、実際見てみると、あまりノーギに慣れてる感じでなく、やっぱ動きがギっぽいというか、そんな感じです。そしてこの動画だと、ドゥリーニョのパワー以外の魅力であるテクニカルな面がとても良く出ていて興味深いですね。これは1年以上前の映像ですから、今はどういうスタイルになっているんでしょうね。


個人的には、外国人強豪選手が体力とポジショニングの上手さにモノを言わせると、日本人選手は厳しくなると思います。まあ当たり前ですけど・・・。セルシーニョvs杉江選手や、ルーカス・レプリvs 長谷川選手とかですね。アマゾン選手はもちろん体力に優れた選手ですけど、それ以上にやばい、獣人みたいなセルシーニョが相手だと、パワーで優位に立てない上に、バッハ(ホベルト・ゴルド・コヘア)黒帯トップの技術やポジショニングで圧倒されて、打つ手が無くなってしまうという事ですね。しかしライアン・ホールのように、良いポジションにそこまでこだわりが少ないというか、スイープ系の選手が相手だと、一発の切れ味を誇るNTT勢がその一瞬の輝きでもって仕留める事がありますよね。前回は山田崇太郎選手がそれを見せてくれました。


ドゥリーニョはギの試合だと、まさにセルシーニョのように、ATOS印のテクニック+獣人圧力系のムーブを見せるので、非常に厳しい感じしますけど、ノーギの試合だと、古い動画を見る限りですが、ギ程圧倒的なポジショニング維持をしていないので、どうなるか分かりませんよ!と言っても、ノーギの練習をほとんどした事が無かった(本人談)ルーカス・レプリがあの強さでしたから、向こうの強豪のヤバさってこちらが想像している以上のものなのかも知れません。その辺しっかり確かめて来たいと思います!


あと佐々木憂流迦選手VS松本義彦選手も楽しみです。柔術&MMAファンにとって、佐々木の名前は現在HOTですよね。修斗を含め、最近勝ちまくってます。そして松本選手は、アダルト黒帯でパンナムを制した、柔術ファンの密かな期待を一身に受ける隠れアイドル選手です。僕の周囲でも、外国に対抗とかいう話になると、いまだに真っ先に名前が挙がります。できたらギの試合見たいんですけど、贅沢ばかり言っていられませんから、今回はこのファン潜在ニーズナンバーワン同士という、ナイスなマッチアップを楽しみたいと思います。マスター風に言うとHOTなうちにやんなって感じですね。


その佐々木選手の同門であるAB選手と松本崇寿選手の試合も展開が読めないですね。シューターというよりパンクラシストな感じのAB選手ですが、MMAの場において、その強力な足の利きで一度掴んだら離さない的なグラップラーとして知られています。そのAB選手相手に松本崇寿選手が、ノーギでどう戦うのか、楽しみです。


そして関根“シュレック”秀樹選手vsギャングコング・ヨシダ選手も注目ですね。現在ドゥリーニョの所属するATOSは、世界中で猛威を振るっていますが、同じく日本で現在猛威を振るっているのがボンサイ柔術ですよね。先日のアジアオープンでも衝撃の強さでした。そのボンサイ勢の中でも最近勝ちまくっていて、なんとアブダビ・プロ本戦の100キロ超級を制してしまった関根選手にはどうしても注目してしまいます。とにかくパワー面が話題になりますが、柔術魂のアブダビプロ特集のDVDを見ると、非常に柔らかいムーブを見せてて要注目です。イサミ杯無差別級で優勝したヨシダ選手相手に、どのような試合を見せてくれるのでしょうか。楽しみですね。


見る事ができた試合は後日詳細を書くつもりですので、大会に行けない方も楽しみにしてて下さいね!