はじめてのムフフ・・・クローズド・ガード編

以前この記事 において、ハーフガードの基本的な対処法を書いてみました。

今回はそこからガードに戻せたという前提で、クローズド・ガードにおける基本戦略を考えてみたいと思います。

と言ってもそんなの膨大なバリエーションがあるでしょうから、ここではクローズドガードからの絞めに照準を絞って、DVDの紹介とかに逃げつつ簡単に書いていこうと思います。


その前にハーフガード編の補足を。

ハーフガードからガードに戻す動きと併せて、三角絞めを狙う事ができます。

http://www.youtube.com/watch?v=BsCCMJrFOi0

こういう動きです。

非常に基本的なムーブで、腰逃がす動作はガードに戻す動きと併せて使えるので、是非両方ドリルって下さい!


実際試合で使うとこんな感じです。

http://www.youtube.com/watch?v=-bCx1egxOSE

この動画では、腰蹴ってませんし、ハーフというよりもほぼクローズドからのオープンで取ってるので、デティールは一部異なりますが、相手の襟を引いて頭を下げさせ、腕を取りながら、腰を逃がしてキャッチ、重要な部分では基本的に同じだと思いますので参考にしてみて下さい。

こういうタイミングで取る訳ですね。


ハーフガードで防御だけだと消耗してしまいますし、長い時間をハーフガード防御のみで耐えられる鉄壁さというのは、そう簡単には身に付かないというか、ほぼ無理です。


だからそこから展開を変えられる技を持っていた方が良いです。

それはもちろんハーフガードスイープでも良いのですが、それの多くはまず筋力が無いと無理なので、始めたばかりの人にとってはハードルが高いと個人的には思います。

ちなみに僕も体を壊してからは、ハーフから相手の体重を乗っけてスイープする技は怖くて仕方ありません。


だからそういうハーフ技を習得するのと並行して、よりベーシックなムーブを使い、しかも1本が取れるこの三角絞めを練習してみるのも良いのではと思う訳です。

それに1本の危険があると、相手も踏み込むのに躊躇してきます。

クロスニー等のパス対策というのは、まずその形に入らせない事が重要ですので、その意味でも1本を匂わせて進入を躊躇させる事は有効だと思います。


基本的なハーフガードの防御で凌ぎながら、相手を進入させず(相手があまり上の方にくると、防御やこの三角絞めがやりにくくなります。後転マスターになるまではなるべく自分の体より下げるようにしましょう。)、タイミング見ながら腰を逃がしてガード&三角、という戦略ですね。


次にクローズドガード内での戦略です。

1本に直結しやすいのは、やはりクローズドガード内での仕掛けです。重要ですね。

三角&十字に関しては、正しい方法でドリルを繰り返すのがやはり一番効果的だと思います。

十字に関して、自宅等でフォームを確認するには、このDVDが素晴らしいです。

柔術新聞


クローズドガードからの十字の正式なフォームが、座りと立ちと2種類入っており、非常に分かりやすく解説されています。

何回も反復して手順を正確に覚え、スパーで淀みなく使えるようにしましょう。


クローズドからの十字はスパー等において、失敗してポジション取られる事をおそれる事なく、もう何が何でも仕掛け続けるのが上達の早道です。もうパスされようが1本取られようが何でもいいから、後先考えず、アホみたいに仕掛けて十字マシーンになって下さい。段々コツが掴めますよ。個人的にはハイガードにして、足を振り子のようにすると取りやすいですが、これは人によると思いますので参考程度に聞いといて下さい。


そして絞めに関してですが、いわゆるクロスチョーク小手絞り及びそのバリエーション、そしてエゼキエルのコンビネーションを覚えましょう。


ガードからのクロスチョークに関しても、上記のDVDにお手本が収録されています。是非見て練習してみて下さい。

それにクロスチョークの相手の襟取って頭を下げるのは、絞めだけでなく、十字や三角を仕掛けるセットアップとしても有効な動作です。連携させましょう。


そしてその襟を取った手をキープしつつ、もう片方の腕を相手の頭の後ろに回すと、いわゆる小手絞りになりますね。こういう感じですね。

http://www.youtube.com/watch?v=ua4COqSf2_o

ねわざワールドの大賀氏が非常に分かりやすく解説しています。是非見てみて下さい。

クローズドガード内から仕掛けるとこんな感じです。

http://www.youtube.com/watch?v=DSx4RPHUl2w

見ると分かりますけど、ハーフ防御としても使えますよね。

実際試合で使うとこんな感じです。

http://www.youtube.com/watch?v=iz359_JQOxM

襟を引き付けて相手を逃がさず、小手で絞って足も使って押さえ込んで締めをキツくしてます。それにしてもおっそろしい極め力ですね。


この連携に長けたクロン・グレイシーのハーフ防御です。冒頭の攻防を見てください。クロスチョークや小手絞り的な動作を繰り返しながら、相手の頭を下げて、シッティングを交えながら進入を防いでいます。上手ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=RiC3co9BwEU


この動画では3分10秒あたりで、襟掴んで小手絞り狙いながら相手のベースを崩しつつ、押さえ込みに使った足をそのまま流して十字決めてます。

http://www.youtube.com/watch?v=m-mbhx_Auks

相手の襟を引きまわしてベースを崩すので、そこからこんなスイープも決められます。

http://www.youtube.com/watch?v=ueO2bDXdD18


この小手絞りをやったまま、相手の頭を抑えている腕を枕にして、襟掴んでる腕を離すとエゼキエルになりますね。

このクロスチョーク→小手絞り→エゼキエルという連携は、非常に効率的に繋げられるので、是非ドリル等に活用してみて下さい。


いかがでしたでしょうか。

全てのムーブに共通する、襟掴んで相手の頭を下げてベース崩す動作は、ジョナサン・トーレスのガード等を見ても分かるように、はっきりいって腕力が強ければ強い程良いと思います。


道場に行けない日でも、ギを掴んだり引っ張ったりして、握力と引く力を養ってみると、これらの技術もより使いやすくなると思います。

良かったらこれらを参考にして頑張ってみて下さい。

はじめてのムフフ・・・クローズド・ガード編” への16件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    お疲れさまです!
    感謝感激雨あられですよぉぉ!!
    これほど的確なお言葉を頂戴できるとは…。
    ブスさん=神ですね…。
    もしいつか試合に勝つことがあれば、
    その勝利をブス尊師に捧げます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ブ~ス、ブ~ス、ブスブスブ~ス♪(ブス尊師のテーマ)
    「フィジカルもなくガードが苦手でいつもパスされまくっていました。周りに比べて上達しないので柔術をやめようと思っていたんですよ。色んな教材にも手を出しましたが全然ダメ。ところがこれならばボクにもできそうな気がして尊師に言われたとおりやってみたところ、ライバルから次々と一本が取れました!周りからは「どうやって強くなった?」ってしつこく聞かれますが絶対に秘密です(笑)(浜松市 S 37歳)」
    「柔術始めて二年の初心者です。今までできもしないのに難解なムーブばかり挑戦してきました。クローズからチョーク。おかげで試合で初勝利。諦めていたジムのマドンナ的存在の彼女からも告白され、今では毎晩彼女のクローズガードにはまっています。ブス先生、ありがとうございます!!(B柔術 S.S)」
       
    といった感謝のメールが全国から届いております。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >zattyさん
    とんでもない、僕は元々ある技を紹介しただけです。
    全ては柔術の神様があらかじめ決めて下さっていたものばかりですから、僕は汁男優みたいなモンですね。
    勝利の暁にはzatty さんの大事なモノを僕に捧げて下さい。
    なに、痛いのは最初だけですよ。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >Shrekさん
    トルマリンプレス効果ですね。
    しかし昼のスパーはスローモーなのに、夜のスパーは神速フィニッシュという症状には効果無いようです。
    厚めのギを着たり、途中で相手のクローズドから脱出したり、色々頑張っているんですけど絞めで秒殺ばかりですね。
    1つウエノ男になりたいです。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。いつも記事楽しみにしています。
    ノリ違い(笑)かも知れませんが質問させてください。
    脚、特に脛が長くないんで三角締めにかなり苦手意識があり、その影響で下になってもシッティングガードからフックスイープ、脇差して立ち上がる、シングルでリバーサル、足関あたりに頼りっぱなしで、クローズドガードをかなりおろそかにしてきました。
    そんななかこの記事を読んで、これではいかんと思いクローズドを丁寧にやってみようとおもいました。
    手足短いけどガードがうまく、参考にできる選手が思い当たったら教えてください。
    今まではガウッシアの動画を見まくっていたのですが、一つ一つのムーブや極めが破壊力高すぎて(笑)ちょっと参考にしずらかったりします。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    kkさん、
    俺も手足短いんで憧れの三角締め、あきらめていました。
    でも今年になってやっぱりあきらめきれないんで三角の練習を続けていたら
    いつしかできるようになっていました。
    まだまだ下手ですが、試合でも極められるようになりましたよ。
    俺の感覚で言うと、腕十字と同じで技に入るときの相手と自分の角度が大事です。
    足が短いと技に入りにくいですが、クラッチさえ組んでしまえば逆に足が長い人よりもタイトに極まりますよ。
    ・・・たぶん。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >KKさん
    こんにちは!
    足長系じゃない人のガードって、やっぱ仰るような感じのスタイルが多いですよね。
    そういう人でガード上手い人は、仰るようにガウッシアとかたくさん居ますけど、クローズドガードが上手となると、そもそもクローズド一辺倒という人がやっぱあまり居ないのでどうしてもオープンやフックとの連携を使いながらという感じになると思いますが、ちょっと探してみますね。
    あと日本の選手でクローズドから三角や十字が上手な選手居ますけど、そういう人達も足長い選手ばかりではないと思うので、参考になるかもしれません。
    ちなみに僕は足短いのに、足腰弱いのでフックとか出来ず、足長系のムーブばかりやってよく失敗してます・・・。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >Shrekさん
    アドバイスありがとうございます!
    誰からでも上取れるようなShrekさんが日々研鑽を重ねているのに(もちろんガードもスゴイことは承知です)、ちょっと脚が短いくらいであきらめちゃダメですよね。
    どうも真正面から三角に入ってしまう癖があるので、角度を意識してトライしまくってみます。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    >ブスさん
    アドバイスありがとうございます!
    やっぱり一辺倒は良くないんですね。
    エディブラボーも、クローズドで極められないならフックでスイープだ、スイープのプレッシャーで腕を床に着いたらまたクローズド、それでもダメならハーフ…  ってな感じで流れるように切り替えられなきゃダメとサブ魂でいってました。
    クローズドばかりやる、というよりもフックにこだわり過ぎないって感じでやろうかと思ってます。
    クローズドで一息つけばいいのに無理に得意な形にもっていこうとしてパスされることも多いので…
    三角はバレット吉田選手を目指して(目標高すぎですね…)打ち込みがんばります!
     

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >KKさん
    クローズドを強化したい時期は、あえてクローズドやりまくるのも手かもしれませんね。
    クローズドガードの時間が長い選手って、やはり手足長い事が多いと思いますし、その中でも名手はその上オープンもバリバリな事が多いですから、両方バランス良く出来るのが理想ですよね。
    そして仰るように、クローズドって結構忘れちゃいがちになるというか、「オープンやらなきゃダメ」みたいな強迫観念に捉われる事って僕も良くあるので、オープンガードと対等な選択肢としてクローズドガードを意識したいと思ってます。
    だから「フックにこだわり過ぎない」という結論は、すごく良いのではないでしょうか。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    >KKさん
    そんなに手足長い訳じゃないクローズドも良くやる名手と言いますと、ホブソン・モウラが真っ先に思い浮かびます。
    http://www.youtube.com/watch?v=pki2-uXHnzM
    フックガードやヒザ入れハーフ防御等を、柔軟性高くこなしながらも、クローズドガードにはめて体勢立て直したりして、この凄まじい猛攻を凌いでいます。
    http://www.youtube.com/watch?v=cL9LO6xS7nk
    クローズドから、オモプラッタや十字を取りやすいポジションへの移行を説明してくれています。
    そのまま真似できるかどうかは別問題ですが、色々工夫しているというのが分かって刺激になりますね。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >KKさん
    あと足長系とは思えないレオジーニョも、実はクラシックなガードの名手です。
    http://www.youtube.com/watch?v=YFyXmeHmGMk
    この選手の場合、下になる事がほとんど無いのでガードの場面が少ないのですが、いざやるとこの試合のようにクローズドから物凄いスピードでビュンビュン技繰り出してきます。
    あとこの流れで名前出すのは失礼かもですが、日本の小野瀬選手も三角が物凄い上手ですよね。めちゃ速いです。
    スパイダーからの取り方も凄いですし、ガードから取るのも凄く上手ですよね。
    http://www.youtube.com/watch?v=z4KyfeAs9m4
    この動画ではガードからの三角のコツを教えてくれてます。
    http://www.youtube.com/watch?v=fU6dufUAHLA
    この動画の4分過ぎくらい、ジリジリとハイガードにして行き、その後一瞬で肩口に足掛けて三角ロック成功させてます。凄いですね。
    柔術魂でも確か技術特集で三角技見せてたと思うので参考にしてみてはいかがでしょうか。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    >KKさん
    シュレックさんの仰るような、角度の問題って良くありますよね!
    僕も真正面から入っちゃって、例え三角取れてもロック固める前に上手く防御されちゃったりします。
    流れの中で取る時は上手く横から入れたりするのですが・・・。修行が足りてませんね・・・。
    お互い「いつかバレット選手」を合言葉に頑張りましょう。

  14. SECRET: 0
    PASS:
    修行するぞ
    修行するぞ
    修行するぞ
    (某ロシアマフィアがバックの新興宗教風に)
    下からの仕掛けとは関係ありませんが
    私が参考になったDVDは
    技の攻めよりも防ぎ方を教えてくれる
    グスタボマシャード先生のDVDですかね
    あと柔術のDVDとは違いますが中井さんの関節技の防ぎ方DVD2枚
    他にも未見ですがダニエルモラエスも防ぎ方 逃げ方をDVDで教えているのだとか
    私のような独学中心だと攻めは覚えられても逃げ方は自分で考えないといけないのが多いですからねぇ

  15. SECRET: 0
    PASS:
    >NダDサクさん
    エスケープ良いですねー!
    僕もエスケープ大好きです。
    性格的に攻撃するよりも攻撃される方が好きなんですよね・・・。
    グスタボ・マシャードのヤツは欲しいなと思ってたんですよ。
    良いんですか。
    お金が出来たら購入しないと・・・。
    エスケープは、エドゥアルド・テレスを好きになったり、早川氏の「はじめてのブラジリアン柔術」に載ってた技に超感心したりする中でどんどん好きになって行きました。
    なんか奥深くて好きです。

コメントを残す