“小さな巨人”カイオ・テハ、アブソルート級試合動画

ここ最近、その度重なるアブソルート級での奮闘でもって、ニュースの少ないこの時期の柔術界を盛り上げているカイオ・テハ!

柔術新聞

先日行われたカイオのアメリカン・ナショナルズにおけるアブソルート級決勝戦の試合動画が入ってきました!

http://www.youtube.com/watch?v=1VHVbpG-AyA

対戦相手はみなさんお馴染み、2010年ムンジアル・スペルペサード級3位のブルーノ・バストスです。


ていうかカイオはこの大会にはガロ級で出場しています。

えーと何階級差ですかね・・・。


ていうかブルーノは普通に重量級の強豪ですよね・・・。

カイオはこのアブソルート級においてこの試合まで、1回戦不戦勝、2回戦ホドリゴ・シモエス(グレイシー・バッハ、普段レーヴィ級くらい)に膝十字で1本勝ち、3回戦マルセロ・マルファ(チェックマット、普段レーヴィ級くらい)に6-2のポイント勝利で勝ち上がってきました。


試合を見てみると、まずバストスが上で、カイオの左側を圧しながら進んで行きます。

強引にカイオのガード足を押しつぶして、噛み付きとか狙いそうな雰囲気ですが、警戒してイマイチ躊躇しているように見えます。そしてゆっくりとハーフに持っていくのですが、ここでのカイオの防御に注目です。

何が何でも首に腕を回させません!!

柔術新聞

サウロ・ヒベイロが自身のDVDの中で、「スパーでも試合でも、今まで首に腕を回された事は一度も無い」と自慢していましたが、同じようにカイオもハーフガード防御の基本を忠実に遂行しており、腕を首に回される事だけは必死で防いでいます。

そしてその状態を続けて3分くらいからです。バストスがアタックするために少し動いたのに合わせて、カイオ必殺のハーフからの三角!!!

いつハーフ足を引き抜いて相手の肩口に持っていったんですかね???

マジ見えないって!!!!!!!!!!1なんというフレキシビリティ!!!!1

この異常な足の効きをなんとなく察知したから、バストスもガードから動けなかったんですかね!!!

足を掛けられたてバストスが「ヤベッ!」って顔で防御したら、カイオは即座にオモプラッタに移行!!

柔術新聞

はえー!!!!!!!

バストスはそれをなんとか振り落として防御しますが、再びハーフガードからカイオの徹底首防御です。

バストスの腕と肩口を制しながら、ちょっとでもスペース空いたらまた足をすっ飛ばして三角狙い!!!

結局クローズドに戻します。


「パスする際にまたなんかやられたら嫌だなあ」って感じのバストス、めちゃくちゃ丁寧にパス作業にかかりますが、超イヤイヤっぽいです!

すっかりカイオの仕掛けにおっかなびっくりのバストス、持ち上げたりなんかしますが、膠着の注意を受けてしまいます!

あわててカイオを持ち上げるバストス、しかしそのキワでまたもやカイオのオモプラッタを喰らいかけます!!


「だからイヤだって言ったんだよ」って感じであわてて座り込むバストス、もはや打つ手なしです。


そして三度持ち上げたその刹那、またもやオモプラッタを喰らってしまいます!!!

カイオの仕掛けがPANEEEEEEEEEE速い!!!!!

バストスが立とうとして、上体を前傾させた瞬間に仕掛けてます。

確かにそうすれば足掛けやすいかもですが、普通そんなに速く足動かせません。


そして体勢が崩れても絶対に首に腕を回させず、足関節狙いも交えてナイスガード!バストスのパスを許しません。


最後バストスが猛然とパスを仕掛けても落ち着いたもので、ラストはバストスを持ち上げてスイープしかけた所でタイムアップ、見事に勝利を収めています。


なんか動画だけ見てると、一瞬簡単に出来そうな感じしちゃいますけど、まあ普通無理ですよね。

ちなみに僕も普段ガロとプルーマの間くらいなんですが、試合でブルーノ・バストスと当たったら走って逃げます。当たり前ですよそんなの。


以前紹介したプロフェッサー・ヒリオンのインタビューに、「試合中ガードの中の相手に、ずっとサブミッションの恐怖を味わわせるのだ」とありましたが、まさにこれではないでしょうか。ブルーノ・バストスを、試合中常に1本の恐怖でおびえさせて試合を有利に進める、ホジャー・グレイシーがやるのなら話は分かるんですけど、ガロ級のカイオ・テハがやってしまうという・・・。

技のキレは階級を超えるんでしょうか。

それにしても超え過ぎでハンパないです・・・。


試合後のバストス、「カイオを押し潰そうとしたんだけどさ、めっちゃ足が飛んできまくって参ったよ(笑)。カイオはラスベガスでもアブソで優勝して、今回もだよね。俺ももっと小さなヤツと練習しないとな(笑)。カイオの柔軟性にはやられたよ。パスしようと頑張ったけど、できなかったね。」

そしてカイオもバストスの試合中におけるマナーやスポーツマンシップを称えており、お互い「もう二度と試合したくない(笑)」と言い合ったそうです。

柔術新聞