デスマッチ続報!ハファvsコブは無期延期!「他にもプランはある。けど俺も忙しくて・・・」

どうも最近あまり更新できなくてすみません!

以前言ったとおり、回復に向けてリハビリに一層励んでるのと、プライベートの用事で忙しくって・・・。


http://www.graciemag.com/en/2010/08/so-what’s-keeping-the-no-time-limit-match-from-happening/

以前からお伝えしているハファエル・メンデスvsコブリンヤの無制限1本デスマッチですが、現在の所実現の目処が立っていないようです。


というか今の所、ダメっぽいです・・・。


投資グループのスポークスマンであるブレイ・デボアスさんが色々語ってくれていますが、そもそもまず、ブレイさん自身が我々の多くと同じようにフルタイム仕事の合間をぬって道場に行くライフスタイルで、今回の計画も、その延長線上のもので、なんとブレイさんが思いついたこのアイデアを練習仲間のビジネスマンに話して、資金を募っていたようです。


これはご苦労様ですね・・・。


だから出資者グループ自体がこの件にあまり多くの時間を割けず、資金もあまり無いそうです。


ブレイさん自身も、昔は資産家だったけど、現在は色々あって再起中との事です。

「私はインターネット上で、多くの柔術インストラクター達が『二人に相応のお金が支払われるのでなければ、この試合はやるべきではない』的な事を言っているのを見たよ。けど今回の計画における収支を予想できていた人は誰も居なかった。けど我々はその辺りの事を把握している。他のビジネスモデルだとはっきり言ってちょっと無理なんだよね・・・。」との事です。


「賞金額UPも当然考えたが、そもそも利益が出るかどうかも分からないので、うかつな事はちょっとできないんだ・・・。」

なるほど色々大変ですね。


ただし出資者達は依然としてこの試合形式にこだわりを持っていて、そして何よりもコブリンヤが大乗り気だそうで、大会開催の可能性はまだあるそうです。

そして現在は、クロン・グレイシーvsセルジオ・モラエス、

マルセロ・ガウッシアvsパブロ・ポポビッチ、

なぜかフェルナンド・テレレvsカイロン・グレイシー、

そしてなんとホイラー・グレイシーvsフーベンス“コブリンヤ”シャーレス

のマッチアップが未確定ながら計画されているようです


「我々はホイラーが競技に復帰するのを是非見たいんだよ。けど彼を引退状態から引っ張りだすのに十分な金額がいくらかまだ分からないのからね。」


今回の計画、実際の所は意外にも「柔術ファン」って感じのノリでの、こぢんまりしたものであるようです。

色々な部分で調整を付けて、なんとか実現して欲しいですねー。

デスマッチ続報!ハファvsコブは無期延期!「他にもプランはある。けど俺も忙しくて・・・」” への36件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >YANOさん
    そのカードはまさに幻カードですね。
    死ぬまで一度見てみたいです。
    状況はどうも三すくみみたいな感じですねー。
    そこまでお金を出せない主催者、あまり割りに合わないトップ選手、しかし一人元気なコブリンヤ、みたいな(笑)。
    ブレイさんも「トップ選手のセミナー活動を邪魔するつもりはないし、手ぶらで準備期間をすごさせるのも良くないと思ってる。けど柔術においてワンマッチで獲得できる賞金としては最高額だろうという事は理解して欲しい」と言ってますけど、やっぱこれが柔術界の現状って感じしますねー。
    (報道で判断する限りですが)それぞれの善意が、経済的な要因で、残念ながらうまく噛み合わないという・・・。
    ハファvsコブに関しては、ブレイさんは「まだどうなるか分からない」と言ってますが、現実としてハファエルが「これでいいや」と思うか、ブレイさんの事業が突然大成功でもしない限り、難しいようです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    柔術のみで生計を立てることの大変さはほとんどの人が知っているはず。たぶん。
    でも、柔術で生計を立てることはできる。生計を立てるのに必要な金額さえ集めることができればいいから。ある人は20万必要でそれだけ集めれば食っていける、40万あれば食っていけるという人はそれが可能ならOk。
    でも柔術で「稼ぎたい」、金持ちになりたい、そこまでいかなくとも老後の心配をしなくていいくらいまでは柔術「のみ」で稼ぎたい、と考えるのであれば、
    そういう考え方の選手は、他の(たぶん多数の)選手とニーズや目的が合わないのではないでしょうか。
    そしてファンとも。
    交渉する側もそれを承知でないと厳しいでしょうね。
    柔術で「ファイトマネー」という言葉を聞くこと自体そう多くはないですからね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >NMDさん
    ただ報道されている事実から判断するならば、ハファエルがそんなに法外な要求をしているようにも思えないんですよね。
    言を左右にしてはぐらかしたりとか、そういう事はせず、自分の今年度における収支具合まで明らかにしながら、「その金額では困る」とはっきり言っている訳ですからね。
    ハファエルも当然お金の入り具合から逆算して大体の生活予定を立てているでしょうし、もしかしたら彼女に指輪買う予定があったり、お母さんに車買ってあげる計画があるかもです。
    そういうのを含めた生活設計が狂うのは困る、という事なんじゃないでしょうか。
    実際計画があるかどうかは知らないですけどね。
    そしてそういう部分が破壊されるようなタイプの「献身」は拒否する、という事なんじゃないですかね。
    柔術への献身は競技の上で、誰よりも多大にやってる、僕より練習している選手が居たら連れてきてみてよ、というのが主張なんじゃないですかね。
    具体的な要求内容とか分からないとアレなので、まあこの辺の真実は当事者にしか分からないでしょうねー。
    ちなみにハファエルは「そんな大それた額を要求している訳じゃない」
    コブリンヤは「最初から大それた額を要求したってしょうがないじゃないか」
    と意見が分かれてますね(笑)。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >NHBさん
    お金の話だけはどうにもなりませんよねー。
    僕なんて年中再起中みたいな感じですし・・・。
    年と体重だけが増えていくって感じで・・・。
    お金が余るなんていう珍事はあったためしがないという役立たずですよ。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    オファーを受けることを「献身」=サービスと考えているとしたら、本当にそうなら、「考え方が違う柔術家」という理解が必要ですよね、やはり。
    商業柔術家、ですよね。
    べつにそれはそれでありだから、ただそれを承知の上でオファーを出さないと、擦れ違いばかりになると思います。
    全人生であろうが、指輪であろうが、その皮算用が、たった一試合のファイトマネーでは左右されないでしょう。修正可能でしょう。
    例えば11/1までに2万ドル必要としていた場合、10月にこの試合の負けも想定しておいて、それで修正できませんか。8月半ばのいまから。
    まあ、時期も額も仮定ですが、この試合のファイトマネーが人生設計に影響するとは思えません。
    影響があるとすれば「相手の言い値で試合を受けた」という事実が残ることではないでしょうか。
    直接的に国内外問わず、第一線級の選手と親しいという方、いらっしゃると思います。
    わたしの知り合いも「○○さんとなら試合してみてもいいなー」とか口にするときあります。
    そういう試合が、金額が折り合って行われれば、それでいいんじゃないかと思います。
    折り合わなきゃしょうがないということで。
    日本人的感覚ですかね。
    長文、駄文失礼

  6. SECRET: 0
    PASS:
    わたしは日曜以外毎日やっている道場に通っていました。
    わたしが通っていた数年間、毎回定時にクラスが始まっていました。
    鍵は代表が毎回開けていて、それを全く怠らないのはすごい、とわたしは思っていたのですが、
    まわりはみんな笑って言ってましたよ。
    「それが仕事なんだからあたりまえじゃん。仕事に遅れるやつなんてそうそういないでしょ」
    >柔術への献身は競技の上で、誰よりも多大にやってる、僕より練習している選手が居たら連れてきてみてよ、というのが主張なんじゃないですかね。
    本人がほんとにそういっているならナンセンスだと思います。
    練習しててあたりまえでしょ。
    週5仕事して、週7練習してるやつだってざらにいますよね。
    昼柔来てる人なんか、ついさっきまで火災現場で死を覚悟したり、一晩中救急救命して、それでそんなこと一言も言わずに練習して、そのあと打ち込みする人もいて、帰りに筋トレ行って、夜練習行ってとかいますよね。
    勝ちたい奴はそれぞれの環境でのMAXの練習をしてますよ。そんなの当り前。
    連れてこいって、連れてこれるわけがない、練習してるんだから。
    「俺は誰よりも練習した」という自負と同時に、
    「でも対戦相手はもっとしているかもしれない。もっと効率のいいやり方で??」という謙虚さ。
    強い選手はその両方を持っているを持っている
    orそれさえ気にせず練習している、と思います。
    ところで、例えば今年のムンジァル。
    各階級の覇者はその階級で一番練習した人だったんですかね。
    ホジャーに質問してみたいです。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    >NMDさん
    そういう感じの意見に対してのアンサーが、ハファエルのインタビュー内容だと思うんです。
    良かったら1回目の報道と、それに対するグレイシーマガジン上のコメントやネット上での論調、そしてそれに対するハファエルの回答をチェックしてみて下さい。
    >>全人生であろうが、指輪であろうが、その皮算用が、たった一試合のファイトマネーでは左右されないでしょう。修正可能でしょう。
    いやいやそれは人によると思いますよ。
    僕は年収で100万狂ったら、その年度の計画はとても修正できません。
    それに試合までロハで準備して、試合終わっても無報酬だったら、その間生活ヤバイと思うんですよ。
    しかもハファエルは既に決定しているセミナーもキャンセルしなきゃいけない訳ですからね。
    そういう事情を全無視して突撃する選手は、もちろんかっこいいですが、ハファエルはそういうノリは嫌だと言っている訳です。
    それは柔術界の為にもならないと言っている訳です。
    どちらが正しいかという判断は僕にはできませんが、少なくともハファエルの言っている事に対しても非常に共感できますし、商業的柔術家とかとも思いません。
    お金にうるさいのは悪い事でも格闘技精神にもとる事とも思いません。
    むしろその辺の事も存分にこだわって欲しいですね。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >Nさんhttp://www.graciemag.com/en/2010/07/rafa-says-he%e2%80%99s-ready-for-no-time-limit-but-demands-bigger-purse/
    こういう感じの一連のやりとりですね。
    他にも記事が出た分だけ同じようなやりとりがあったのでチェックしてみて下さい。
    ハファエルが賞金増額を要求して、それに対して「この銭ゲバ、逃げてないで柔術界に貢献しろ」的な意見が出た事に対して、ハファエルは「自分は誰よりも柔術に人生を捧げている」と主張して反論した訳です。
    考えてみれば、アブダビ・プロ2連覇、ムンジアル優勝、コブリンヤを3度撃破、そしてそもそも、こういう話が来るようになった事自体がハファエルの功績と言って良いでしょうし、そういう人に対して
    「黙って柔術に貢献しろ」と言うのは、ハファエルが「誰に言ってんの?」と返すのも無理ない事と思います。
    かのパブロ・ポポビッチ様も「この試合形態はアスリートにとって負担が大き過ぎる」と意見を表明しておられますが、選手がファンの要望に沿わないからと言って、その選手の考え方や事情を理解しようとしないで色々言うのはおかしいと思います。

  9. SECRET: 0
    PASS:
    ブスさん、おへんじありがとうございます。
    グレーシーマガジンについては、意訳とブスさんの訳で拝見しています。
    結局のところ、
    >、選手がファンの要望に沿わないからと言って、その選手の考え方や事情を理解しようとしないで色々言うのはおかしいと思います。
    というお言葉に尽きると思います。
    ハファの考えや柔術に対する姿勢を理解することなく、交渉はできないということです。
    日本語は難しいですね。
    「お金にうるさい」のと「お金にこだわる」ではちがいますしね(笑
    (おそらく)柔術で稼いでいこうとするのは商業柔術家=プロ柔術家で何か問題ありますか?
    ----------—-
    わたしのスタンスですが、ハファがお金を要求した時点で、試合はどちらでもよくなっています。
    <9>の最後で書いた考え方です。
    そのうえで、今後ハファと交渉するときは彼の考えを理解しないとね、というものです。
    ----------—-
    試合エントリーが「柔術への貢献」というのはそういう考え方もあるでしょうが、ハファ自身が一番貢献していると主張しているわけではないですよね?まあ、そこまで傲慢でも構わないとも思いますけどね。
    例えば「その傲慢さとか例えば負けた選手への冒涜行為」と「お金の稼ぎ方」は別に評価されるべきだと思います。
    でも!そんなのも含めて「ちょい悪」キャラでもいい…でも若いから、あまり強いキャラづけも…ですかね。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >NMDさん
    試合エントリーに関しては、まずコブリンヤがほぼ「柔術界への献身」的な考え方を持っている事が、コメントから伺えると思います。
    そこからは、ただ単純に100万円という金額に満足して、それが欲しくて試合を受けるという感じはしません。
    コブリンヤは「たとえ十分な金額ではなくとも、これまでの常識からすれば新しい次元の金額だ。まず誰かがやらなければならない。俺がやってやる。」と言い、「セミナー他色々な事がキャンセルになって迷惑掛けるけど、みんな俺のファンだから分かってくれるさ」と言い放ちます。
    つまり損害・マイナス面は十分承知していると思います。
    しかしハファエルは、そこで犠牲を強いられるのは嫌だと言っている訳ですね。
    やるなら相応の金額を用意して、という事です。
    これがハファエル1回目のコメントです。
    そこでファンに「銭ゲバ」「柔術界の役に立てよ」と罵られます。そこで2回目のコメントを出して「I’m an extremely dedicated person and I train A LOT, really A LOT, 」と言っている訳です。
    「一体誰に言っているんだ」と言う訳ですね。
    「僕はめちゃくちゃ柔術に人生を賭けて貢献してるでしょ?」というニュアンスですが、誰かと比較して「僕が一番偉くて一番柔術界に貢献している!」という感じではありません。
    やや外野にキレ気味に自身の価値を主張していて、そしてそういう献身を、一般社会的な尺度からも評価されたい、それなりに扱って欲しい、という主張ですね。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    >NMDさん
    以降ファン周辺でも、正直に事情を話したハファエル側に理解を示す意見が多くなり、競技で生計を立てているような人達からは、「もっともな事」と支持されるようになりました。
    で、主催者側って一体どんな人達なの?もっと金出せば?という事になって今回のインタビューになった訳ですね。
    ハファエルは「Fight for fighter's sake」的な考え方のみで批判されるのはおかしいと言っている訳です。
    それは「考え方が違う柔術家」だとは思えません。
    そして商業柔術家という事がそういう意味であるのならば、それはコブリンヤだって同じだと思います。
    柔術で生計立てている訳ですからね。
    そしてみんながより柔術で生計を立てやすくする為なら、自分の犠牲はいとわないという事で、オファーを受けたのですから、ハファエルが「商業的柔術家で考え方が違う」というのではなく、「コブリンヤもハファエルも商業的柔術家だけど、考え方は違う」という事だと思います。
    どっちが正しいとか無いと思います。
    ハファエルが大きく儲けようとして今回のオファーを断ったのならば、それは嫌な感じですけど、報道から判断する限りでは、普通に生活に支障が出るからという理由ですので、仕方ないと思います。
    それにハファエルが実際に主催者側と接触してみて、どういう印象を持ったとか、そういうの僕らでは分からないですからね。
    ハファエルの言い分からすると、「悪い人達ではないけど、それなりに儲けようとしている」と感じたようですし、そう感じたのならば、ああいうリアクションを取るのも無理ない所と思います。

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >ブスさん、早々にありがとうございます。
    以前も書きましたが、コブリンヤは一般のプロモーターが支払えるファイトマネーの上限を「大体」分かっているんだと思います。
    わたしは日本のことしか知りませんが、「経済面を考えると○○にオファーは無理」という話は何度か直接聞いたことがあります。
    それをわかっている(んじゃないかなという)コブリンヤと、まだわかっていない(と思われる)ハファのスタイルが違って当然だと思います。
    >ハファエルが「商業的柔術家で考え方が違う」というのではなく、「コブリンヤもハファエルも商業的柔術家だけど、考え方は違う」という事だと思います。
    おっしゃるとおりですね!
    でもこの試合に限って言えば、コブリンヤは
    同じくくりにするな」っていいそうな…。
    >普通に生活に支障が出るからという理由ですので、仕方ないと思います。
    それは知らなくて失礼しました。
    指輪などの喩に勘違いしてしまいました。
    普通の生活にも困るのでは仕方ありませんね。
    コブリンヤはその点やりくりできるみたいですけど、まあ、生活環境も何もかも違いますから、ここも比較する意味ないですしね。
    >悪い人達ではないけど、それなりに儲けようとしている」と感じたようですし
    じゃ、やめればいいのにね。
    でも、「儲けることは悪いことではない」という考えなら…ん?悪印象にはならない気がするんですが。
    ところでハファは代理人とか立ててないんですかね。あまりにも稚拙な感じがするんですが。

  13. SECRET: 0
    PASS:
    >NDMさん
    ハファエルは主催者側が利益を得ようとしていた感触を持った事に、特段不快感は表明していません。
    ただ「Or in other words, this match will bring in money. Everyone knows that, so I’m not going to fight for an amount that’s not going to make me happy, as this is my life, it’s not business or fun. So I want to make it clear: I don’t feel the organizers are in any way going about things wrong, but nor am I wrong to value myself.」と述べるのみです。
    僕はこう訳している部分です。
    「まあつまり、この試合はお金になるって事さ。だから僕は自分にふさわしいと思う金額でないと動かないよ。これはビジネスとか単純な楽しみの話じゃないんだよ。僕の人生の問題だよ。
    これははっきり言っておきたいんだけど、僕は彼らが物事を悪い方向に持って行ってるとは思わない。けど僕も自分の価値を自分で貶めるような事はするつもりはない。」
    代理人に関しては、僕は分かりません。
    DEEPXとかで交流ありそうなブラジルブログの橋本欽也さんとかならその辺把握しているのかもですが・・・。
    (勝手に名前出してすみません)

  14. SECRET: 0
    PASS:
    >NDMさん
    報酬面の常識に関してですが、おっしゃるように経験が少ないという事もあるかもです。
    ただ僕は、ハファエルはこれまでの競技生活中「柔術界の水木しげる」レオジーニョの薫陶を受け、「超商業的柔術家」ジャカレイとも仲が良く、チームメイトには経験豊富なアンドレ・ガウバォン
    もおり、その辺りの事に関してかなりシビアな考え方が身に付いたんじゃないかな、とか思ってます。
    さらにアブダビ・プロ等で王族から大変な歓待を受けて、自身がうけるべき扱いという事に関して、相当自覚的になったのではないでしょうか。
    そしてもっと言うと、今回の決定に関しては、メンデス個人の意思だけでなく、チームとしての、もっと言えばハモン・レモスの意向も大きかったのではないかと思います。
    記事にも書きましたが、なぜならこの報道がされた当初、ハファエルは具体的なコメントを控えており、一番最初に前に出てきたのがハモン・レモスだったからです。
    ハファエルは自身のツイッターで、ただ黙ってこの記事を紹介したりしてました。
    個人的にはやりたかったんじゃないですかね。
    色々内部で話し合ったのでは、と思います。

  15. SECRET: 0
    PASS:
    >NDMさん
    ハファエルのスケジュールから考えると、この話が今年の前半に出ていたら、多分ムンジアルのついでとかで出場していたのではないでしょうか。
    上半期は重要な試合が目白押しなのでそれに集中し、下半期で生活費を稼ぐという予定なんじゃないですかね。
    確かに今年の前半と比べると、現在はハファエルのセミナー予定が世界中で続々と決定しており、「これがキャンセルになったら大変だな・・・」という印象を受けます。
    ちなみに「TRAIN LIKE A CHAMPION」という名称のツアーであるようです。
    だから都合さえ付けばハファエルも試合したかったと思います。血の気多そうですし・・・。
    ただ「敗者には無報酬」というのは、カチンときたかもしれません。
    ポポビッチに限らず、2回目のインタビューが紹介された後は、そういう声が多かったようです。
    賞金金額が高いか低いかに関しては、ドゥリーニョが「Grappler Quet pay 10.000 all month」
    (ニュアンスは『1万ドルなんて別にグラップラーズクエストなんか毎月出してるじゃねーか』)と言い放っていますので、人それぞれ受け取り方が違うとしか言いようが無いですね。

  16. SECRET: 0
    PASS:
    >ブスさん
    2点お詫びをして、個人的にはこの話題は収束にしていきたいと思うのですが…。
    1、少し前から気づいていたのですが、この記事のタイトル「…無期延期」なんですよね。
    わたしは「実質なし」と受け取っています(言うまでもない?)
    やらない試合の議論を延々としてしてしまい悪かったです。仮に「今後どうだ」ということが込みであったとしても。
    2、書き込む前に(書き込みながら)、ブスさんの訳を読み直すべきでした。
    そうですね、最初に出てはきたのはハモンでしたね。
    このことはわたしの中では「代理人相当」になります(内部の事情に詳しいわけではないでしょうが)。
    「稚拙」とか言っちゃった…。
    話を現実的な方向にしてくださりありがとうございます。
    >(前略)
    >その辺りの事に関してかなりシビアな考え方が身に付いたんじゃないかな、とか思ってます。
    柔術でお金持ちになれるなんて最高だと思うんですよ。その方法は(わたしは)問題だと思いますが。
    柔術は金になる!、って柔術人口増えるなら、そんないいことはないですよ。
    ただ、
    >さらにアブダビ・プロ等で王族から大変な歓待を受けて、自身がうけるべき扱いという事に関して、相当自覚的になったのではないでしょうか。
    これって日本では「天狗」って言いますよね。
    知り合いの某階級世界チャンピオンに、ぼくらはことあるごとに「天狗になってんじゃねーぞ!」ってからかいながら言ったもんです。
    「天狗になるのはまだ早いぞ」って。
    ハファの実績は申し分ないと思いますよ。
    でもコメントやパフォーマンスは(あきらかに)天狗だと思います。
    先達たちが今教えるべきは、
    「お前は長きにわたって金を稼げる選手だ。10年後も王子の前に立てる(膝をつくのかな)にはどうすればいいか考えろ」
    ってことじゃないでしょうか。
    まあブスさんとの短いやり取りの断片でわかっようなことをいいすぎですよね。
    メンデス軍団(ATOS?)のみなさんごめんなさい。
    でも「天狗になるのはまだ早い」んじゃないかなぁ。
    毎度長文失礼しました。

  17. SECRET: 0
    PASS:
    >確かに今年の前半と比べると、現在はハファエルのセミナー予定が世界中で続々と決定しており
    だから代理人が時期を交渉すればすむ話だった気がするんですが。。。
    コブリンヤが「いや俺今年までだから、マジ絶対」って言っていたのなら別ですが。。。
    >ハファエルは自身のツイッターで、ただ黙ってこの記事を紹介したりしてました。
    個人的にはやりたかったんじゃないですかね。
    実はわたしは気が進まなかったんじゃないか、と思ってます。「仕事と言えば仕事だし、柔術家として受けるけどね…」くらいな感じで、
    心躍る、熱くなる対戦と捉えてたかは疑問です。
    >『1万ドルなんて別にグラップラーズクエストなんか毎月出してるじゃねーか
    それはわたしも最初から思ってたんですよね。
    100万なんだー。このマッチメイク試合形式で。。。
    だから、「100万なんて数か月で帳尻合わせられるだろ」と書いたんです。
    まあその金額を上げていくためにも「俺たちからやろうぜ」とコブリンヤが言ってるのかもしれませんが。
    >DEEPXとかで交流ありそうなブラジルブログの橋本欽也さんとか
    大会の時のメンデス兄弟の常宿ですからね(笑
    DEEPX…まさにそこが…でも頑張ってますよね。

  18. SECRET: 0
    PASS:
    >NMDさん
    もうこの試合は、おそらく実現しないと思います。
    もちろん大どんでん返しがあれば別ですが・・・。
    もうハファエルも予定をガンガン入れちゃってるようですので、多分無理なんじゃないでしょうか。
    「天狗」という事についてですが、向こうの人ってお金の計算についてもそうですし、自身の価値をキープする事等の自己プロデュース術みたいな感じの事に対して、非常にシビアである印象を受けます。
    一旦メリット無しと判断したら、ソウルの部分では動かないというか・・・。
    アブダビやMMAで活躍したらもうムンジアルには出なくなったり・・・。
    だから結構こういうのって普通なんじゃないかなという印象を持ってます。
    それがあの人達なりの、厳しい世界をたった一人で、専業プロ格闘家として生き抜いていくための処世術だと思うので、僕はむしろそういうの好きなんです。

  19. SECRET: 0
    PASS:
    >NMDさん
    時期に関してですが、ハファエルは来年、もしかしたらもっと先かもですが、やはりMMAをやってみたいんじゃないですかね。
    ハファエルに関してですが、今回の件からだけでは、色々判断できないと思いますが、その他の事も含めてというのであれば、NMDさんのように「イマイチ好きになれない」と思う人が居るのは分かります。
    ただし今回の件に関してだけ言えば、ハファエルの行動は非常に素直で理に適っており、また色々考えさせられる所もあったので、悪く言いたくはありません。
    僕は柔術のトップ選手は、犯罪とかでない限り何しても興味深いですし好きなんです。
    (もちろん嫌な人とか不快な行動とかはダメですけど・・・)
    だから良い悪いの判断とかするのでなくて、どんな行動でもなるべくその良い所を汲んであげて、味わいたいんです。
    違和感あるかもしれませんが、これが僕なので
    仕方ないです。
    お知り合いの某階級世界チャンピオンの方に、次のアクションを心待ちにしているファンがたくさん居ますよ、とお伝え下さい!

  20. SECRET: 0
    PASS:
    すみません、本番に関係ない話なんですが、
    ブスさん、ツイッターやってますか?
    もしやっていたらアカウント教えてください。
    ちなみに私は
    shrek3613
    です。
    あっ、迷惑だったら無視してくださいm(__)m

  21. SECRET: 0
    PASS:
    >shrekさん
    ツイッターですか!
    海外柔術選手のヤツは良く見てるのですが、自分ではやってないです・・・。
    いたってネタのない人間なので、発信しようが無いというか。
    あとやり方が良く分からなかったり!
    アカウントは確かbusujiujitsuだったと思います。
    宜しくお願いします。

  22. SECRET: 0
    PASS:
    >ブスさん、
    すみません、さっそくフォローさせてもらいました。
    確かに発信はあまりしていないようですね。
    つぶやきはホント何でもいいみたいですよ。
    所詮つぶやきですから。

  23. SECRET: 0
    PASS:
    >Shrekさん
    なるほど、ツイッターとかできたらシャレてますよね。
    今っぽくてナウいです。
    ていうかシュレックさん今度DEEPで試合じゃないですか!!
    しかもはんぱないルールで!!
    9月19日で浜松ですよね確か!!
    http://www.kakutoh.com/pc/news/shosai.php?id=5420
    頑張って下さい!!!!!!!!!!!!!!!!!

  24. SECRET: 0
    PASS:
    >ブスさん
    ええ、とうとう金網デビューなんですよ。
    主催者に「ルールはどうする?」って聞かれてアホな裏は思わず「もちろん踏み付け・サッカーボールキック有りで。」と答えてしまいました。
    そん時の気分はもうシュートボクセで、
    鏡の前で両手組んでグルングルンやっていましたね。
    やっぱ普通の試合では中々これだけのスリルを味わえませんからね。
    一回しかない人生なんで悔いなくやりたいことやって死にたいなと。
    ちなみに色々悩んだ末、アジアチコも出場の方向で話を進めています。

  25. SECRET: 0
    PASS:
    >shrekさん
    うおおおはんぱない!!!!!
    やばい今年の格闘技界シュレック色に染まるじゃないですか!!!!!
    僕なんて人生悔いだらけですねー・・・。
    かと言って特に何ら努力もせず・・・。
    だから前向いて頑張ってる人は超まぶしいですよ。
    頑張って下さい!!!!!!!!!1

  26. SECRET: 0
    PASS:
    >NHBさん
    〉ブスさん、
    うおぉぉ、やりますよ、オレ!
    柔術なめられないように一本勝ちしてきます。
    アジアチコも優勝してきます!

  27. SECRET: 0
    PASS:
    >Shrekさん
    そういう大きな舞台で自身の柔術を表現できるなんて素晴らしいですよ!
    僕なんて自身の柔術をマットで表現できないからネットで表現しているという超インドア野郎ですからね・・・。
    ていうか都合付いたら観に行くかもなのでその時は宜しくお願いします。

コメントを残す