デスマッチ、コブリンヤは承諾!!ハファエル側は・・・?

柔術新聞

コブリンヤが既報のデスマッチ・オファーを承諾した模様です!

http://www.graciemag.com/en/2010/07/cobrinha-accepts-no-time-limit-match-against-mendes/

デスマッチを企画したスポンサー・グループの広報担当者であり、柔術茶帯のブレイ・デボアスに送ったメールは以下のとおりです。

「こんな素晴らしいオファーをくれた事に感謝するとともに、試合ができる事に対して超ハッピーだって事をマジ言いたいよ!これは柔術というスポーツにとって、本当に素晴らしい事だと思うよ。サブミッションとは柔術の全てであると僕は思うし、ファンも絶対喜ぶよ!!

いろいろなインタビューとかでいつも言ってる事だけど、僕は最高の柔術を見せられる戦いが好きだし、今回のフォーマットは、僕ら2人の柔術を存分に見せる事ができると思うよ。

ギャラも舞台も申し分無いよ。

やろうぜ!!

僕のマネージャーに、君に連絡して詳細を決めるように言っておくよ!!」

コブリンヤ、即答承諾の模様です!!


しかし一方のハファエル側ですが、ハファエルというよりもハモンさんがお出ましのようです。

「私も見たくなるような、魅力的な試合のオファーだね。ハファエルは既に、アブダビ・プロにおいて6分形式で、

ADCCにおいて45分形式で、ムンジアルにおいて10分形式でその実力を証明してきた。時間無制限ポイント無しルールを嫌がる理由がないだろ?」

なるほど確かにそうですね。自信たっぷりですね。

じゃあこのオファーは受けるんでしょうか?

「とても良いオファーだと思う。しかし我々はもっと検討してみないといけないね」

おっと即答を避けたハモンさん。その理由は?

「このオファーは我々両者にとって良い機会である事は間違い無いが、主にコブリンヤに多く得があるんじゃないかな?ハファエルは現役のブラジル&ヨーロッパ&ムンジアル&アブダビ・プロ王者だ。

コブリンヤについてアレコレ言うつもりはないけど、つまるところ彼は『コブリンヤ』だからこの試合に呼ばれた訳だろ?

しかし現在は、その偉大な人間性と鍛錬によって、ハファエルがナンバーワンなんだ。

コブラは既に引退を口にしているし、今回は彼が今までそうであったように、トップのまま花道を飾るのに最適な機会になるだろうからね。」

なるほど、ハファエルをコブリンヤ引退の引き立て役にはしたくない、という感じで慎重に検討するつもりみたいですね。


ハファエル本人は、フェイスブックの自身のページに今回の記事をUPしたりしていて、やる気十分のようです。


どうなるんでしょうかねー。

コメントを残す