サウロ・ヒベイロ、7月22日のマスシニ出場&現代柔術界に苦言

柔術新聞

お久しぶりのサウロ・ヒベイロ、7月22日からブラジル・リオデジャネイロで開催されるインターナショナル・マスター&シニアに階級別・無差別で出場です!


マスターの部で試合する事について聞かれると、

「もうマスターの部ではこのアメリカで何回か試合しているよ。

http://www.youtube.com/watch?v=wVGMxLReRpw

(参考動画です2009年USナショナルにおいてvsルイジ・モンデッリ)

アダルトの部における試合とは、それほど大きな違いは感じなかった。

しかし、我々はより「柔術」をしていた、という点では違っていた。

独りよがりの柔術をする人間は居なかった。

現在の柔術は、戦う事を忘れた人間達のせいで醜いものになりつつある。

歳を取るにつれ、我々は違う事に価値を置くようになってきた。

今日、柔術界は試合に勝ちたいと願う人間ばかりで、戦いたいと思っている人間は居なくなってしまった。

マスターの部にはまだ伝統的な価値観が残っているよ。」

なるほど、これは痛烈な言葉ですね。

サウロ・ヒベイロが言うとさすがに説得力が違いまねー。


「私は壁に向かうボールだよ。立っていればTDを狙う。上になっていればパスを狙うし、下になっていたらサブミッションを狙いにいくよ。全ての障害を乗り越えて、我々がアメリカで積み上げてきた事をブラジルのみんなにお見せしようと思う。」


「チジューカ・テニス・クルービで試合するのは、2005年のホジャー戦以来なんだよ。またあそこで試合できる事にエキサイトしているよ!」


サウロのナイスムーブ、超期待ですね!!!

サウロ・ヒベイロ、7月22日のマスシニ出場&現代柔術界に苦言” への2件のコメント

コメントを残す