ファブリシオ・ヴェウドゥム、ヒョードルに1R1本勝ち

「現在のMMAでは、下からの仕掛けは極まらない」的な事を聞くたびに、「本当の意味でのリアルタイムトップ柔術家がやれば、絶対そんな事はない」とずーーーーーっと思ってましたが、今回のファブリシオの快挙で、真の意味で技に精通していれば、MMAだろうが柔術だろうが上からだろうが下からだろうが技は極まるという事が証明されたように思います。


http://www.youtube.com/watch?v=r254ncFfv24

ヒョードルが担ぎから攻め立てている際に、ファブリシオが後転スイープ決めてますね。

柔術&グラップリングの試合だったら、完全にスイープ完了ってくらいまでヒョードルの体勢を崩しています。


そしてこういう逆さ回転系で、回られた後に気をつけなければいけないのが三角絞めですよね。

http://www.youtube.com/watch?v=LlYvfdRp6lQ

こういう感じで。

ライアン・ホールも大得意な入り方ですよね。

柔術やってる人には結構お馴染みの入り方です。

もちろん実際やるの難しいですけど・・・。


後転スイープ喰らってベースが崩れていて、体が横向いて首元も空いているので、三角が深く入りやすいですよね。

そして引っこ抜くベースも取れてないので、結果ガッチリ極まってしまった訳ですね。

これがノゲイラ等の三角は引っこ抜けたヒョ-ドルが、今回はどうしても脱出できなかった理由だと思います。


もちろん現在のMMAにおいては、下になる事は確実に不利になる場合が多く、技も決まりにくいのは確かだと思うので、「下から極まらない」的なセオリーに異を唱えるつもりではありません。

むしろ正しいと思います。


けど、ヤバイ黒帯が居るのを忘れてもらっちゃ困るゼ?

アイツらはどっからでも極めてくんヨ?

って感じって事ですかね。